2006年03月20日

WBC

捨て試合がない戦いで決勝に駒を進めた事が、いろんな意味で日本野球の国際化に繋がればいいと思う。

しかし「6勝したのに決勝に進めないルールがおかしい」という韓国の報道には萎える。ルール自体おかしなものだが、納得して参戦したのだから今文句を言うときではない。彼らは同じ事をワールドカップでも言うのだろうか?

プレイボールから最後まで見ていたが、中断時間を考慮しても、試合時間が長過ぎる。中断時間は寝ちゃいましたよ。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2006年05月17日

彩花ちゃん

今朝出勤前に悲報に接した。
ピッチを挟んで対決できるのはいつになのるかな?って密かに楽しみにしていたのだけれど。

ご冥福をお祈り致します。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2006年05月29日

FRED PERRY

ネタがないなぁ〜の毎日ですが、
そんな暇人に某巨大モールのある店舗から
「見てください!とっても可愛いフレッドペリーの籠バッグです。」
のメールが。

懐かしい響きにクリックしてみると、そこにはオシャレに大変身しているFRED PERRYが。
今から四半世紀前のテニスボーイの俺にとっちゃ、ADIDASに手が出なくてFRED PERRYだったのに。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2006年05月30日

夜は友だち

30年近くなるだろうか、毎週日曜の夜中12時の時報が鳴り、2秒ほどの無音に続いてKeith Jarrettのピアノで始まったFM東京の番組があった。

『夜は友だち』

無音の後のピアノソロに一発でやられ、毎回番組の最初の5分は部屋の電気を消してKeithの音に耳を傾けていた。
子供の頃イヤイヤやらされていたピアノだったけれど、この番組のオープニング曲でピアノや音楽で自分を自由に表現する素晴らしさを知ることが出来た。

番組の内容は当時としては珍しいナビゲーター(本人談)の日常の事、例えば奥さんとの買い物とかお子さん達との遊びとか、仕事仲間の話とか、自分で生録して放送していた時もあった。
あまり世間で話題の事などには触れず、自分の生活を中心にした内容だった。今風にいえばブログ的FM番組なんだろう。
「小さな幸せって大事なんだ」って事をやさしく感じさせてくれた番組だった。

この番組が終了して数年後にこのナビゲーターは離婚し、今から数年前には息子さんの一人が他界した。

昨晩、このナビゲーター”岡田真澄”さんもお亡くなりになった。

岡田さん
あの番組以来、レコード〜CDとなにかある毎に聞いています。
素晴らしい音楽を教えて頂いて本当にありがとうございました。
岡田さんのご冥福をお祈り致します。
posted by 愛し恋し青赤 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2006年07月02日

ささやかな抵抗

庶民生活邁進中の自分にとって、タバコ1箱=300円以上ってのはとってもとっても違和感。

というわけで、Hi-Liteをメインで吸っていた時期にショッポやピースと並んで浮気系だったPaul MallのLightsに変更しようかなと。
これだったら自分的には20円の値上げが10円の値下げということに。

といってもタバコは酒や車と同様に自分的には嗜好品だから、
10円20円で考えるべきでないんだろうけれど、
税制の基本的議論なしに増税に踏み切る政府(どっかの協会の会長と同じだね)に対する、タバコ納税者のささやかな抵抗としておこう。
この流れだと消費税増税って早く来るかも。酒とかタバコとかの増税で世論の外堀埋めてって毎回同じだよな。タバコ吸わない人にも実は大きく関係してくる事なんだけれど、軽くスルーしているなぁ。いろんな意味でこの先心配。

それにしてもいつの間にか”最安”タバコ系になっているPaul Mallって、
味変わっちゃのかな?ちと不安。
posted by 愛し恋し青赤 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2006年09月23日

甘食と9元中継

散髪の帰りにハリマヤさんで買って来た。
懐かしい味。
そう云えば最近の子供は「甘食」って読めるのかしら?バカことえりじゃ”あましょく”と打っても変換されません。
ことえりの場合はそれ以前の問題があることはあるが・・・。




でさっそく甘食食いながらJ's Goalの9元中継開始。

この後札幌のフッキが。。。
posted by 愛し恋し青赤 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2006年12月26日

Deacon Blues

今日JBが・・・。
岸田さんも先日他界なされて・・・。
岸田さんだけだったらスルーして俺の中で「傷だらけの天使」よ永遠なれ!と思っていたけれど、
ゲロッパなJBまでとは・・・。

岸田さんはムーミンがメジャーだろうけれど、俺的には「傷だらけの天使」です。
なんつったってこのドラマの監督は深作欣二、恩地日出夫、神代辰巳、工藤栄一他で、
松田優作の「工藤ちゃん」ってこの工藤栄一のこと。
代々木のビルの上の掘建て小屋でパイオニアのヘッドホーンして牛乳とトマトの丸かじりの朝飯食ってるショーケンは刺激的すぎた。(もちろんヘッドホーンはその後買いました)
そのショーケンや水谷豊がひれ伏していたのが岸田さんだった。
凛としていてメランコリックで一視聴者の俺までもひれ伏してしまった。
そう云えばこの頃のタイトルバックにはアルファベットでなくカタカナで「メンズ・ビギ」ってあったよな。

ついでにJB。
今から四半世紀前の大学生時代に俺はホテルオークラで大道具のバイトをしていた。
ちょうど今頃の時期は企業ご招待のクリスマス・コンサートがよく行われていて、
俺達バイト衆は前日に特設の舞台を作り、ステージが終了して機材搬出後にステージをばらすと云う段取りで夜中まで残っていた。
12時近かったと思う。
周りは真っ暗でそろそろばらしの時間に会場に行ってみると、後ろから音も立てずにあの顔で「ヘイ、メン」と声をかけられた。
暗いところから犬の毛皮?みたいなロングコート着たJBが出てきたのにはビックリしたし感激した。
だから「Living in America」でちょこっとだけ復活したのには本当に嬉しかった。

岸田さんもJBも天国でキャラを大事にしていてくれる事を祈ります。
俺が行くまでやめないでね。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年01月07日

ちょいと遅いアケオメです。

ヒロミのNHK最後の一言「浦和はもういいでしょう」宣言で明けた2007年ですが、
11月中旬から始めた我が家のステレオのスピーカーの改善と年末にかかった風邪&軽度の肺炎で、ブログの更新も怠けていました。いや年賀状もまだ手つかずです。
特にスピーカーの改造には四苦八苦して、やっと5日にこれ以上は買った方が安いよと云う所で落ち着きました。
お陰様で毎日毎晩手を加えたスピーカーの音チェックをしていたので、
年末年始お得意のTV番組をいっさい見ずに済み、ある意味有意義な時間を過ごせました。
特に夜なんかTVを見ないで、この子達と一緒にソファーに横になってうたた寝しながら好きな音楽を楽しんでいると、最高の至福の時でかなりリラックスできますよ、お試しあれ。(うちの子達のレンタルはしていません、あしからず)

でもそんな中元旦のヒロミの最後の解説試合は録画で、高校サッカーの3回戦は駒沢まで行ってきました。
野州vs八千代の臨海と果てしなく迷ったんですが、4年前に見た青森山田の両サイド上がりまくりの楽しいサッカーがまた見たくて(臨海遠いし)駒沢へとイソイソと出かけました。

第一試合 室蘭大谷vs作陽
前日の4回戦の疲れからなのかお互いイケテナイ、トーナメントの定説通り失点しないことが最大課題のような展開。それでも室蘭大谷の一生懸命さに惹かれ&作陽のユニの色に反応して後半から室蘭大谷側の電光掲示板の前に移動してみていた。室蘭大谷の宮澤君の動きに期待したのだが結局今大会大流行りのPK戦に。室蘭大谷のGK山田君は反応早いし落ち着いていたのだけれど、見方が決めてくれないとPK戦には勝てない。

第二試合 青森山田vs静岡学園
タレント揃いというかさすがシズガク。本当に選手たちの技術はスゴい。ただその技術に頼りすぎている感が否めなかった。
一方青森山田(ユニは緑とオレンジ)は以前のサイドからの展開はほとんどなく、フランク君を中心としたパスサッカー。相手ゴール前をドリブルで横切りながらシュートなんて、思わず「南米かよ!」と突っ込みたくなった。
そんな中で気になった選手が青森山田の7番和泉隼君。
基本は右サイドバックだったけれど、陣形がずれたときにはボランチやCBの位置でクレバーな守備を見せていた。後半にはサイドをえぐったり、中に切れ込んだりと攻撃にも参加。彼が起点になった攻撃は必ず決定的な場面となっていたので、前半から攻撃に参加していたら結果が違っていたかもしれない。さらに青森山田のGK大久保君の落ち着き具合と正確なフィードにも目を引いた。

で昨日の準決勝はTV観戦でした。
八千代負けてしまいましたね。
パンチングしたボールが雨と回転の影響か?でGKの右足にあたりゴールに転がるなんてあるんですね。よっぽどでないと真下に跳ね返る事なんてないのに。
高校生なんだから実況のアナウンサーも解説の早稲田の監督もフォローしてあげればいいのにねぇ。それまで体的に激しい練習ができなくてもがんばっているとかお涙頂戴を力説していたのに、愛が足りないよ。

てな訳で今年もヨロシクです。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年03月26日

歯医者で見つけたもの

親知らずの治療に最近週1−2度のペースで歯医者に通っているのですが、
その歯医者さんのロビーにある金属のオブジェです。



工具をたくさん使う治療といい、歯を削る音といい、頭に直接くるあの痛みといい、
このオブジェはまさに言い得て妙。
この作者は本当に歯の治療が嫌いなんですね。
もちろん好きな人はいないでしょうが。

毎回治療前にこのオブジェで少しだけ和んでから、俎板の鯉になります。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年04月03日

夜桜

先週の金曜日は夜桜見物も兼ねて職場から自宅までを携帯で写真を撮りながら歩いてみました。
と云っても品川→大崎の一区間だけなんですが。


品川ゲートシティの桜。スカイウォークから見下ろした桜。


東品川を抜けて御殿山通りから御殿山ヒルズの庭園のモニュメントと桜。


桜はありませんが、庭園の滝。


御殿山ヒルズと桜。


御殿山ヒルズ裏の御殿山通りの桜。


翡翠原石館の桜。未だ入館した事はありませんが。


対岸から撮った目黒川の桜と大崎ゲートシティ。
有名な目黒川の桜はもうちょっと上流です。


近寄ってもう一枚。

気が付くと数年前に終了した某番組の夜桜中継以来、あまり夜桜を愛でるなんてしていませんでした。
なんてもったいない事してたんだろう。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年04月20日

近所で評判のお肉屋さんが1年半ぶりに再開

分かる人にしか分からない近所ネタです。

待ちに待った近所のお肉屋さん”カタバミ精肉店”が1年半ぶりに再開しました。
義母の通院の付き添いで今日は仕事を早退したので、
病院からの帰宅後早速名物のコロッケとメンチカツを買いに行ってきました。

こちらの写真は1年半前のお店のお姿。
傾いた木造のお店だったのが、
いまや立派な庶民派マンションに生まれ変わりました。

旧店舗閉鎖時にご主人が「一人娘も肉屋なんて継がないって言ってるんでこれで終わりに」なんて言ったのが、
その後近所で奥さんにお会いしたら、
「皆さんからやめちゃうなんてもったいないよと言って頂いているので、再開する事にしました」と。

そして本日待ちに待った日がやってきた訳です。

新しくなった「かたばみ精肉店」、名前もカタカナからひらがなに変更。
一人娘のお嬢さんも今日は奥の方でお手伝いしてました。

すぐ後ろに並んだおばあちゃん達は、
「いろんなとこの食べたんだけど、やっぱりここのじゃないと」「そーよねぇー」と。
写真中央のおじいちゃんはニコニコ元気に「コロッケ4枚」と。
写真手前の赤い服の女の子は「お家に帰りたいよ」「コロッケ食べたいよ」と究極の選択で泣き出し、
店の前を通り過ぎる人たちは口々に「始まったのねぇ」と。



17時半に列に並びやっと買えたのが50分後。
列に並んだ時点でメンチカツもイカフライもアジフライも売り切れの大盛況。
数人前の人がキャンセルしたウズラソーセージ揚げ3串と開店セールの1枚60円のコロッケ(通常は80円)を6枚をゲット。

奥さんの帰りを待たずに義母と二人で冷めても柔らかいポテトコロッケを頂きました。
初めて食べた義母はプチ感動していました。



また試合の前に上ハムカツを食べる日々が始まります。
でも今度の土曜日は"めっちゃ勝つ"ってことでメンチカツにしようかな。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年04月30日

ゼームス坂に井戸

先日ゼームス坂を歩いていたら珍しいものを発見したので、鼻水垂らしながら写真を撮ってきた。




大井町のワンダーランド。




屋根より低くても小さくても、風に泳いでいる姿はいいですね。




なんと路地の中ほどに井戸があった。


もっと写真を撮ろうと思ったけれど、風邪の影響か頭痛がひどくなったので呆れめ退却。

この続きはいつかという事で
posted by 愛し恋し青赤 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年05月02日

ダービー週間と長崎カステラアイス

日程君の仕業なんだろうか?GWはダービーが目白押しです。

4/28 J1 東京湾対岸ダービー 川崎 vs 千葉
4/29 J1 レッド・ダービー 鹿島 vs 浦和
   J2 常磐線ダービー 仙台 vs 水戸
5/ 3  J1 阪神ダービー 神戸 vs G大阪
     神奈川ダービー 横浜M vs 川崎
     静岡ダービー 清水 vs 磐田
5/ 6  J1 川中島ダービー 新潟 vs 甲府
     埼玉ダービー 浦和 vs 大宮
     多摩川クラシコ 川崎 vs 東京
     千葉ダービー 千葉 vs 柏

GWの集客は毎年低調気味という事も考慮して、来年から日本全国ダービー週間でどうですか?中の人

写真は先ほど食べた『長崎カステラアイス』。



外来食文化 伝播の地」とか「九州浪漫」とかで期待大にしてフタ開けてみたら



何もひねりもありません。

味の方は、アイスの冷たさでカステラが固くなっているので、普通に別々に食べた方がいいかと。

ここの商品は「白くま」とか「あいすまんじゅう」とか過去にいくつか食べているのですが、
今回初めてこのロゴに気がつきました。



これにそっくりです。
鶏を抱えた長崎人形も微妙に意味深な感じです。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年05月29日

凛@大崎


久しぶりに大崎の凛でお昼を食べました。


先生!おしっこ行かせてください!
ちょっとツボに入りました。


注文したのは『Mしお』。Mは"まかない"です。一目で二郎系ですね。
お陰で夕食浮きました。
posted by 愛し恋し青赤 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年05月31日

Cordless Cleaner

5〜6年使っていた掃除機がスッゴイ音で唸るようになったので、
以前から気になっていた掃除機に買い替えました。



ご存知?某カタロ○ハウスで売っているマキタのコードレス・クリーナー。



我が家のように縦に伸びて階段が多い家にはピッタリです。
重量も1kgちょっとなので、天井やエアコンも問題なし。

中野の温故知○でクーリングオフの新古品?として定価の約7割のお値段で売っていました。

浮いた3割分は奥さんのヒュンメルのジャージに化けましたが。
(といっても定価14,490が3,900でした)
posted by 愛し恋し青赤 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年06月06日

テレビの買い換え??

U18@日立台とか、なでしこ日韓戦とか、武蔵野とか、キリン杯とか、さっぱり忘れてます。
いやU22@マレーシア戦は結婚記念日という事で行きたかったのですが、
まっすう落選したし仕事が忙しかったしで長友祭りをスルーしてしまいました。

実は先日8年前に39,800円で購入したソニーのテレビが、電源入れた直後に画面の中心部が赤く光りその後調子がおかしくなってしまいました。
全体的に赤みを帯びてさらに左側が少し下にずれて水平が保たれていない画面が、たまに現れるようになりました。

こりゃもうすぐご臨終かということで次期テレビの機種選択の考察中です。
しかし40インチ以上のテレビだと家具も買い換える必要が出てきてしまうので上限が32インチなのですが、
さすがにサンキュッパの倍以上はするだろうし、
かといって今後の事を考えると中途半端なモノで後悔するのもなんだしと考えてしまいます。

で我が家の視聴状況を顧みると、
1.毎朝の時計代わりのニュース
2.サッカー等のスポーツ中継
3.映画のDVDやNHKの土曜日のドラマ
が基本的に中心で面白くなかったらすぐに消してしまいます。

ニュース等は先日職場からもらってきた10インチのテレビで充分ですが、
スポーツ中継や映画等はやっぱり大画面で見たいですね。
(先日10インチでジロ・デ・イタリア見てたらナンカモウって感じでしたし)

そこで壁だったら60インチ以上のスペースがあるって事に気づいた私の興味は、
完璧にプロジェクターに向かっています。
なんと廉価版の32インチ液晶テレビと同じかより安い値段でそれなりのモノが手に入るようです。
なので日本製、外国製含めてネットを徘徊して吟味する日々が続いています。
(もちろん日曜の適地グルメ情報もチェック中で、
大トロ定食か磯盛り定食かでロックオンを迷ってます。)

そう言えば地デジって忘れていましたけれど、
9月発売予定のこれで我が家は充分ではないかと。
だって地上波の番組ってデジタルなっても面白くないんですもの。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年07月22日

サッカールーを沈めたとか、ピレネ始まりますよとか

アジアカップの120分+PKの後にツール見てたら、さすがにTV前で撃沈しました。
土曜日のパックン&栗村&サーシャの漫談中継では最後まで起きれていたんだけれど。

失点直後の同点でこりゃ行けるかも!と思い、
相手が一人少なくなってヤバイと思い、
俺たちのネ申ヨシカツにもしかしたらと思い、
遠藤のノールックPKに相手ベンチが拍手していたのに萌えたり、
中澤のサイドステップしてから助走開始した瞬間に勝ったと確信したりで本当に見ている方も忙しかったですね。
それにしても今ちゃん緊張し過ぎ
先日の高原アシストのようにもっともっとエグって欲しかったな。
延長戦前に今ちゃんに水をかけてサポートしていたハノイのイノハも含めて、これでチームとして一段高い所で纏まりだしたように感じます。

でツールはヴィノクロフがやってくれました。
数年前の孤高の漢ヴィノクロフがまた見られました。
さて今日からピレネですよ、マヨさん。マイヨ争いに加わるチャンスですよ。
posted by 愛し恋し青赤 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年08月20日

オリエンタル・ビューティー

ファンションの事についてはさっぱり興味がないのだが、
このアルバムは長年の愛聴盤の一つ。



ご冥福をお祈り致します。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年10月03日

セレソンがNikeを着ていられるのは鬼塚さんのおかげ

先月末、鬼塚喜八郎・アシックス会長が死去した。

詳細はこちらで。(これを読むと当時のNikeという会社は・・・)

現在、東京でアシックスを愛用しているのは青に赤のライン(イン側だけ)の憂太だけだが、
東京オリンピック等日本の歴史的スポーツシーンの中に必ずと言っていい程アシックス Onitsuka Tiger はあった。
メキシコオリンピックの釜本さんもOnitsuka Tigerだったのでは、覚えていないけれど。
カリオカも日本リーグ時代から黒に黄色のラインのOnitsuka Tigerだったよな。

現在の世界のフットボーラーにアシックスを広めたのはベロンだろう。
2002年仙台で予選リーグ敗退が決定して翌日帰国の途につくアルゼンチン代表。
その流れから一人だけ外れて、メモをたよりに宿舎近くのローカル線の無人駅から列車を乗り継いで神戸のアシックス研究所に向かったベロン。
ベロンがいい人という事もあるのだが、よれよりなにより、アシックスという会社の社風がベロンにそうさせたのかとnumberのこの記事を読んで思った。
この記事でもっと印象的だったのが、
早朝の無人駅ホームにボストンバック一つを手に提げて立つベロンとおしゃべりに余念がない女子学生達が映っていた写真。

体育会系だった中学・高校時代、私にとってOnitsuka Tigerは高嶺の花だったけれど、
通販生活に掲載されているウォーキングシューズが最近気になっている。

ご冥福をお祈り致します。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年10月04日

チャーリーのチョコレート

昼休みにネットを徘徊していたら、とあるブログでチャーリーのチョコレートが売っているという情報をキャッチ。
帰りに元ソニプラに直行。


さすがにここまでの人気はなかった。


525円、ネタとしてはOKでしょう。


中身はチャーリーの帽子が型取ってある。
味は非常に甘い。これ一つ食べただけで虫歯になりそう。


残念ながら彼のように金の招待チケットを手にする事が出来なかった。
ここまでやるんだったら入れてくれよ!
posted by 愛し恋し青赤 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話