2005年04月01日

弁当とスタンド

一国の首相とあろう人が、弁当を持ち込むとか持ち込まないとか。
そんな事あんたが言う事じゃないし、それを言わせるマスコミ、言われた関係省庁のバカ役人、レベル低すぎ。
「愛・地球博」とか言っておいて、「愛」があるから作る弁当を持ち込むことを禁止すること自体既にお粗末。弁当での食中毒とかってもともと自己責任の範疇だろ。
会場に出店しているレストランの意見を聞いていると、契約問題もそのうち噴出するんじゃない。高い出店料金は弁当持ち込み禁止の上に成立してるとか。


ついでにバーレン戦。
後半鈴木が交代で下がってピッチ外の日本のゴール裏を歩いていたときの事、ゴール裏最前列付近で携帯で写真とってる連中がTVに写ってた。

お前ら参戦しに行っているのか?見物しに行っているのか?そんなに予選ってヌルくないんだよ。天国と地獄が隣り合わせにある状況で写真とってる余裕あるのか?ホームゲームってのは相手を四面楚歌にする事で、わきあいあいやる事じゃない。

代表に対して人それぞれ批判も意見もあるだろうが、
とりあえず「俺らの代表」としてピッチの上で戦っている以上、
彼らの助けになるようないや彼ら以上の戦いをスタンドでするのがマナーでありルールだ。
posted by 愛し恋し青赤 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年04月15日

バイクに乗れない仮面ライダー

仮面ライダー響鬼を毎週見ている。
「いい年こいて仮面ライダーかよ」と言われそうだが、
今までのどこかに影があって悩める正義の味方という仮面ライダーとはちと様相が違う。
最大の違いは、仮面ライダー響鬼はバイクに乗れないのだ。
私のツボにはまる設定でこれは来てるなと見始めた。
往年のファンの「バイクに乗れないなんて」という批判を気にしてか、
いや逆手にとって、
もう一人の仮面ライダーである威吹鬼(こいつはバイクに乗れる)を後ろに乗せて走ったっが、止め方が分からなくて威吹鬼のバイクをぶつけたり、
ホンダのバイクカタログを盗み見したりして、細かいネタを披露。
ふつう走り出しのクラッチワークの方が難しいだろうに!
全編こんな「クックック」とほくそえむネタが満載である。

バイクに乗れないから移動はもっぱら車の助手席。(もしかしたら免許書持ってない?)
でこの登場する車が、ホンダでもめちゃマイナーなELEMENTというUSA Hondaが作っている車。この選択もなかなかエンスーで良いし。

毎週日曜日8:00amです。
posted by 愛し恋し青赤 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年05月03日

GW途中報告

【以前の予定】
4月29日 特になし・・ハーフパンツでも買いに行くかな
4月30日 多分墓参り
5月 1日 大分vs東京 @六本木or恵比寿
5月 2日 多摩川でも走ってくるかな

【実際】
4月29日
にゃんこ柵のため、大井町ダイソー=自宅の2往復&作成。ただいま試験ラン中。
4月30日
大洗水族館→墓参り、笠間の陶炎祭(ひまつり)ともてぎのINDY JAPANで高速の流れ悪し。ユニクロ水戸店にてボタンフライのジーンズを購入。帰路は首都高渋滞のため小菅で中央環状線へ。途中江戸陸の看板を左手に見る。
5月 1日
前日の疲れ抜けず自宅から一歩もでれない。試合はMXにて。読みかけの殊能将之の「黒い仏」をベッドで読んでしまう。隣のベッドではポーちゃんがお昼寝。
5月 2日
ハーフパンツ、ネックストラップ、にゃんこ柵ロック用カラビナを購入のため渋谷へ。ハーフパンツ(てゆうかサッカーパンツ)=990円、アンブロのプラクティスシャツ=1900円でGallary2でゲット。ネックストラップとカラビナはハンズで。
その後知り合い宅へADSLの設定をしに向かう。バカ犬に妨害されながら設定終了。空腹のためシャンパン→缶ビール2本→吟醸3杯でしたたかに酔う。

←ハート型のカラビナ。ハート型だったら青赤しかないだろうとこれに決めた。



posted by 愛し恋し青赤 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年05月21日

オーバーランと常任理事国と審議拒否

最近なんかヘンと思う事を3つばかり。

・オーバーラン
例の福知山線の脱線事故に関する報道のあり方。
オーバーランにより遅れからの時間厳守のプレッシャーが原因の一つと明らかになってきた一方で、ほぼ毎日「どこそこの駅で120mのオーバーラン」とか報道している。
批判しているマスコミがプレッシャー煽ってどうすんの?

・常任理事国
基本的に国連の常任理事国入りには賛成だけれど、常任理事国になってあんなヘタレ外務省役人どもになにが出来るんかい?
スリランカと少数派タミル人武装組織タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)との和平交渉の仲介をしたノルウェーのように、国連のロビー活動だけが外交ではなく、常任理事国にならなくても世界のために動いている国はたくさんあるよ。

・審議拒否
朝のニュースで郵政特別委設置反対のために衆院本会議場への議長入場を阻止しようとする民主、社会党議員達を見た。あいつら笑いながらやってたよ。
政権を奪取しようとしている政党の議員があれじゃね〜。緊張感ゼロなんですけど。それとも牛歩とおなじでただの茶番かいな?
posted by 愛し恋し青赤 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年08月05日

住んでみたい街8位品川

私は品川に住んでいるわけだが、
このたび、こちらでマンション希望者で住んでみたい街のアンケートの集計を発表した。

で、なんと首都圏地区8位にランキングされた。
広尾の下、青山や代官山の上位。

でも勘違いしてませんかね?
品川といっても品川駅は港区です。
まあ、『』というファジーな括りだからしょうがないのか。

ちなみに品川区のJRの駅は、
目黒、五反田、大崎、大井町、西大井です。

本当の品川は物価が安くて、とっても下町です。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年08月09日

衆議院解散

どうしてマスコミは言わないのだろうか?

郵政改革における本当の柱は、
特定郵便局の集票圧力の無力化とそこに流れる郵貯を源にする金の断絶だと。
だから構造改革なわけでしょう。
民営化するだけだったら構造改革とは言わない。

NTTやJRを見ても分かるように、あそこまで巨大化した組織が民営化したとしても立ち向かえる一般企業はどこにもいないでしょう。
資産が違いすぎる。

地域による郵便サービスの格差が民営化によって広がるとか反対派はほざいているが、
あそこまでインフラを構築している組織はグロスでサービス向上を考えるもの。
だってインフラが整備されている事が最大の売りなんだから。

もちろん余剰人員はさよなら言われるだろう。
つまり反対派にとっては集票が出来なくなるわけだから反対するのであって、
サービスが劣化するからとか、選挙民に対する詭弁で使ったとしても、本音はこれっぽっちも思っちゃいないでしょう。

『新党』とか声高々に吠えていたのが思い切りトーンダウンし始めた。
公社化して2年、以前の集票マシーンの力がなくなり金も集められないとやっと気付いたのでしょう。お粗末様でした。

ふつう衆議院を解散するんだったら、無駄な工作せずに衆議院で否決され、その段階で解散したほうが万人に分かりやすかったのではないか?
そりゃ『良識の府』と今でもお考えになっていらっしゃる参議院のセンセ方に失礼でしょう。そりゃ怒りますよ、薄っぺらなプライド傷つけられたんですから。

郵政改革という名の構造改革も大事だけれど、自分たちの事を棚に上げてる議員年金等、国庫からの無駄な出費をどう押さえるかが議論にならずに、消費税率アップ等とまことしやかに噂されているほうが問題でしょう。

いっその事国会議員の構造改革しちゃったほうが、すっきりするんじゃないかな?
そうなれば霞ヶ関もよくも悪くも給料と同等くらいには働くでしょう。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年08月15日

刺客とか

「反対派に対して刺客擁立」とか言ってるし。
刺客って相手を無力化したら消えていなくなるもんでしょう。
当選していなくなっちゃっていいの?
もうちょっと気の効いた言葉使って欲しいな、マスコミさん。

で民間企業だったら普通反対派の人々はクビでしょう。
経済と政治は違うとか言ったって、
現在の政治事情を考察するに、
直接的・間接的スポンサーである有権者の顔色や利権を伺っている政治屋さん達は、落選すれば職がないわけで、これってれっきとした経済活動だよ。

「恐怖政治」だとか言ってるし。
もともと「政治は数の論理」とかのたまっていた政党なんだから、
その論理に押しつぶされるのだから、自民党身寄りに尽きるのじゃないの。

てゆうか、市井の人々はもっと強かだよ。
こんな世の中だもん、みんな自分の足でしっかり立って前を向いて歩いているよ。
でそんな人達に選ばれた??人達の考え方が甘いっていうのもね・・・。

金がなくとも賛同者がなくとも、自分の信念に基づいて新党結成すればいいんじゃないの?
今だったら簡単にできんじゃない、新党。
随分前から新党結成って安っぽくなってるしね。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年10月08日

オタクって?

こちらでたいそうに分類とかしたそうだけれど、サッカー・ヲタを忘れてませんか?
いまや野球オタより多いよ!

だいたいオタってマーケティングとかされて出てきた商品には、
妙に鼻効くから意味ないと思うんだけれどね〜。

それにここ自体が表層ばかりなぞってるマーケティング・ヲタの集まりじゃないの?
posted by 愛し恋し青赤 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年10月11日

阪神株上場???

世間で話題になっているんでちょっと。
野球に限らずサッカーも含んだプロスポーツ全般に言える事だろうな。

ファンが応援するチームの株を持つという事は自体には否定はしないが、
株価が上がれば経済的に余裕があるものでしか株を持つ事が出来なくなる。
独占的・寡占的になってしまったのでは、プロスポーツの楽しみが半減してしまう。
勝って一週間ニコニコでいられたり、ボロ負けした夢にうなされたりとか、
勝つ事を願ってカツ丼食ったりとか。
そういえば、ロバート・B・パーカーが彼の小説の中でレッド・ソックスの負けっぷりを愛情豊かになじっていたっけ。
観戦する立場の者の生活と密着するからこそナノだ。

こういったスポーツの楽しみはF1のような独占的・寡占的なスポーツには見られないだろう。
確かにセナが死んだ時とか、ナイジェル・マンセルがF1を辞めたときとか悲しかったし、アラン・プロストが今でも『エタップ・デュ・ツール』に出場していると聞くだけで嬉しくもなるが、しかしスポーツとして我々一般庶民はどうやったって出来るわけもなく、草レースといったって経済的にはとてもとても・・・、だからF1は独占的・寡占的スポーツになるのだろう。

かねてから思っていた事だが、
スペインのように『スポーツ会社』のような形態の会社を日本でも出来ないものか?
「財団法人」とか「社団法人」とかお上が作り上げたものではなくてね。

商法等の改正が必要になるが、保険相互会社が存在するようにしっかり研究して法律を改正する事はできるだろう。
市民が株主になり、地域に根付いたスポーツ・文化振興を主体にして収入を地域に還元する会社。
各年齢層に分かれた様々なスポーツ教室等を開催したり、
バーベキューやピクニック等で親睦を重ねたり、
市民の拠り所となりうるような会社。

こういった組織が各地に存在すれば、地域文化の継承や世代間のコミュニケーション、
さらには都市生活者の孤独感や犯罪の防止にも役立つのではないだろうか?

人と人とのコミュニケーションが希薄になってしまった今の時代だからこそ、
これからの時代の『向こう三軒両隣』の土壌としてとても大事な組織のように思えるのだが。


でもこれに一番反対しそうなのは読売系かな?
posted by 愛し恋し青赤 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年10月18日

ロッテ

調子悪かったので少し早めに帰宅したのに、
横になるはずがプレイオフ福岡vs千葉を見てしまった。

10.19ダブルヘッダーを思い出したな。
詳細はこちらで。

で今年のキーワードは大阪vs千葉という事になりました。
だってナビスコの対戦も同じだしね。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年11月19日

save-ayaka.com

save-ayaka.com

もう30年も前の中学生の頃、街頭募金をしようとしたオレは今はもういない親父に
「何に使われるか分からない募金はするな。本当にしたいのだったら自分で活動しろ」と諭された。

確かに募金は善行だと思い募金をしたことにより「人のために」何かをしたと驕ってしまう。
その驕りによって多くのNPOが世界中で活動していることも事実。またその驕りにつけ込む連中がいる事も事実。ある意味緑や赤い羽根ってそういう部分をくすぐっている。

自分としては毎日の生活の一部として捉えようと考えている。
電車でお年寄りに席を譲るとか、対向車が道を譲ってくれたら手で謝意を表すとか、と同じレベルで。
正直最初は「善行かな?」と思っていたけれど、普通にやっているうちに当たり前になった。

キヨシ師匠じゃないが、自分の出来る事からコツコツと。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

3競技4試合

予定通りにこなした!
11:15→チャリ→11:45駒沢着
12:00 早稲田vs慶応(サッカー)
14:00→チャリ→14:30自宅着
草津vs福岡の後半@J Sports(サッカー)
帝京vs明治の後半@J Sports(ラグビー)
16:00→チャリ→16:30大井着
17:00 東大vs早稲田(ラクロス)

ほんとうに寒かったー。
さらにラッキージャッキーがなかった。
かなりショック。
posted by 愛し恋し青赤 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

こんな逆転劇見た事ない

0-6から同点に追いついて、逆転、さらに終了2分前に駄目押し。

最初からイケイケの早稲田に対して、
東大は技巧派シュートと奇麗なシュートで調子に乗っての大逆転。
勝った東大はスティックを放り投げベンチからなだれ込み、負けた早稲田は倒れ込んだ。

初めてラクロスを見たけれど、フォールドプレイヤーって10人だったのね。でアメフトみたいなカッコと選手交替。
女子とは比べ物にならないくらい格闘技してたな。
まあ女子といっても多摩川で練習風景をチャリに乗りながら一瞥したにすぎんが。

意外と用具だけで金かかりそうだな。
posted by 愛し恋し青赤 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年11月22日

偽造

TVや新聞で見るにつれ、だんだん確信を持ってきた。

この人
頭髪も偽造しているぞ。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年12月01日

Y染色体論って?

産経の記事
なんの根拠もないのに、Y染色体で男系を肯定しようとしている。
さすが、例の歴史教科書の出版社をグループに持つだけの事はある。

それに対して、
日経で立花さんが軽く論破している。

小学校の頃からこの方この方の写真を教科書で見るたびに、
どう見ても親子に見えなかったんだけれど、
昭和の裏側を語り尽くしたこの本が教えてくれた。

これが事実だったら、はじめっから”Y染色体論”なんて。
posted by 愛し恋し青赤 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

彩花ちゃん、ガンバレ

募金目標達成という事でひとまず一つ階段を上がったわけだ。

これからは彩花ちゃんとご両親とお医者さんとのがんばりだ。

元気な姿で家族一緒に帰国し、
いつの日かスタジアムで応援合戦が出来る事を祈っております。

とにかく、ガンバレ!
posted by 愛し恋し青赤 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年12月02日

テレビがパソコンに代わる?

TBSがネット戦略を発表した。

テレビ屋だからテレビを中心に考えるのはしょうがないとしても、
なんか違くない?

だってTVってお茶の間(古い?)で見るもので、
ネットは自室とかで見るものでしょう。
一人暮らしの人は同じシチュエーションだろうけれど。

その証拠にTVはプラズマとか液晶とかの大画面が売れているわけだし、
一方ネットはブログとか掲示板とかとてもパーソナルなものが人気だ。

だいたい家族とテレビ番組見ているついでにトラックバックなんてしないだろうし、
ましてや興味なければ広告をクリックなんてしないだろう。

ビデオデッキ〜HDDレコーダーの流れでテレビにも視聴者の時間の選択権が付加されたが、
情報量を比較するとネットに軍配が上がるし、視聴者の情報の選択権という点でもネットのほうが確実にある。
そう考えると、近い将来にネットが放送を飲み込んでしまうのではないか?

飲み込んだ状況のコンテンツを閲覧するものが機械としてのTVという意味だったら頷けるのだけれども。

携帯、iPod、PC(パーソナル・コンピューター)の普及で分かるように、
時代はよりパーソナルな方向へ向かっているのに、
パブリックなテレビ放送が小手先だけの戦略を打ち出してもすぐに終わってしまうし、
その戦略自体がネットの世界では既に行っている事で、
視聴者は慣れているからよっぽど興味がない限りは反応しないだろう。

たとえネットに飲み込まれたとしても、
しっかりとしたコンテンツを作り続けていれば、自ずとその存在感が出てくるはず。
だってネットの世界で金かけてコンテンツ作っているところなんてなかなかないし、
ましてや動画なんてね。


と書いていてふと数十年後の未来を妄想してみる。

====================================

部屋の壁に向かって、
「今日の世界クラブ選手権はどうだった?」と尋ねると、
「全試合の結果をお伝えしたほうがよろしいでしょうか?
それとも東京vsバルサの映像が届いていますがご覧になりますか?」と応える。
「じゃ東京vsバルサをお願い」
「映像を再生します。」
と壁が応えてその壁に映像が流れ始める。

====================================

あれ、アシモフとかウィリアム・ギブスンの影響が強いかな?

それにして、大画面のTVを買った人達は随分広い家にお住みなんでしょうね。
posted by 愛し恋し青赤 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年12月14日

年賀状

本来なら
"俺たちの国立"の写真に「元旦からここではじけてます。TVに写るかも?」
ってコピーで出す予定だったけれど、
全く無駄になってしまった。

自分の中でかなり決めていたんで、他のアイディアが全く浮かんでこない。
posted by 愛し恋し青赤 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年12月23日

Mr.カラスコ

Mr.カラスコどこへ帰る?楽天と交渉決裂

これネタだよね。
最初マジに読んじゃった。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2005年12月26日

クリスマス・イヴ

前日の早朝フットサルの筋肉痛に悩みながら、
12/24に新宿伊勢丹に所用があって行った。

人、ひと、ヒト。
特に1階宝飾品売り場は身動きが取れないほど。
それも皆奇麗な格好していたな。
女は目を輝かせ、男は値札見ながら作り笑い。

これも年末の風景か。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話