2005年05月05日

鹿戦

0-2

マクロな事をちょっと。
・祐介:お前CFだろ!前線で90分張ってろや。お前が下がるから中盤にスペースがなくなる。お前がロングボール落としてもスペースないから中盤がフォローに行けない。
・優太:気持ち見せろや。"お上手"なのはみんな知ってる。でも気持ち見せん奴は東京では巧いとは言わない。

ユース育ちなんだからお前らは他の選手より期待されているし、愛されている。だからこそ今頑張んなくてどうするんや!

・ダニーロ:まわりと全然合っていない。逆に鹿のDFは手こずっていたな。でもこれって持ち過ぎってことじゃん。8月までは我慢と決めているからまだ期待する。

まだまだたくさんあるけれど、
昨日は勝敗関係なく、
試合終了後にピッチにへたり込んでしまう選手達を見たかった、たとえ負けても次に繋がるし。
つまり連敗脱出への根性とか気合いとか見せて欲しかった。
もう一回アニマルに来てもらわなけりゃ思い出せないのか?

ヒロミ解任論が出てきているようだ。次の大宮戦が境界線だろうな。代表と違ってクラブチームは監督変えたからって勝てるようになるわけじゃない。
問題は選手のハートでしょ。

『事件はベンチで起こっているんじゃない、ピッチで起こっているんだ!』
posted by 愛し恋し青赤 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年05月07日

発奮材料

専務のお言葉

周りから出る前に営業的立場から先手を打って、いまいちイケテナイ選手に対する専務らしい逆説の発言とみた。相変わらず独特の毒を持ってますな。

他チームサポの掲示板を見てると、ヒロミって他チームサポの方々からも好かれているのが分かった。確かにヒロミがやろうとしているサッカーは見てて楽しいし選手達も楽しいだろう。さらにあのキャラは他にはいないしね。

いつかは別れのときが来るのだろうが、今はその時ではないのは明らか。

選手達はもちろん東京フットボールクラブ株式会社の社員全員の気持ちが一つになっているようなので、専務の発言は功を奏しはじめてるってわけだ。例はこれとかこれ

専務!俺もこれ受けたいんだけど、社会人じゃダメ?
SOCIOまたはブクフレ会員向けにやってくんないかな。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年05月09日

大宮戦

3-3。
ヒロミ解任は流れて行った。
そりゃそうだろ!あれだけのハートフルなプレー見せられれば。
このプレーを鹿島戦で見たかったんだよ、俺は。

それでも解任を唱えているバカがいるが、味スタやテレビの前で熱くなった自分の気持ちを考えてみろやと言いたい。

文丈、そろそろ君のキャプテンシーを魅せる頃だよ。
ユータ、今野もマロンも頭刈ってきたど、お前が最初にやんなきゃいけないんじゃないの?

東京を愛する全ての人々に対する試練の時。
勝ち点3じゃなかったけれど、少しずつWalk onってことで。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年05月15日

Away千葉

2-1。
先週の光明は幻???
やっぱ浄と文丈の穴は相当でかい。

笑っちゃった1失点目。
ゴール前で2人も3人も寝そべりにいってどうすんの?
1人行ったら他はコース消すとかするでしょ、普通。

2失点目。
上がった加地の裏をついてのマリオのクロス。
左SBに今野は苦肉の策だけれど、やっぱり急造だから絞りきれない。
CB二人は今野とのバランスを気にして中途半端な位置。
土肥の前でクロスを蹴りだす浄、早く戻って。

ピッチ上で鼓舞しスペースへの対応・攻めをコーチングをミヤやアサリがやらなくて誰がするんだ。文丈、早く戻って。

え〜、シュートしなけりゃ点入りません。
オシム翁にこうとかこうとか言われてもね、ありがたいけれど、今は当事者はそう考えられないでしょう。

←臨海のホーム自由席って言うじゃない。シート敷いて地べたに座ってんですけれど。つまりは自分で席は用意すること?(用意のいい人はチェア持ってきていた、あっぱれ)




カレーは1時間近く並んだのに少し前で売り切れ。取りに店まで戻っているので30〜40分かかりますって、試合始まっちゃうじゃねえの。列に並んだ人に個数聞いてまわれば予測つくだろう。
posted by 愛し恋し青赤 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年05月21日

ユーベのメンバー

来日メンバーが発表された。

下から3番目とかどうよ?
メッシーナで先発はれない奴が、別のチームになんで帯同するねん?
まあこいつも含めて4人の他チームメンバーが入っているってねー。
メッシーナとユーベの間でカネの臭いがぷんぷんする。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年05月23日

Home 菓子杯 千葉

0-1。
その前の臨海とサテの熊谷の内容を足して2で割ったような内容。

最大のポイントは文丈が入って流れが変わる事。
熊谷では下がりすぎるダニーロをどついて前線に出したら、違うチームに変身。
Home千葉戦でも文丈が入ってからというもの高い位置での守備が効くようになった。

やっぱり文丈のコーチングが効いているのか?
じゃ文丈のいない時は誰がやるの?今野だろうな。
たしかこのオフにそういう講習を受けに行っていたはず。まあ講習受けたからといってすぐに出来るようになるわけはないが。

ボールを相手がセンターサークル付近でキープしているのに、DFラインに入っちゃいかんよ。
もちろんプレスをかけずに下がる祐介やダニーロのおかげで中盤が窮屈になるからだろうが、だからこそ声をだして前線を動かさないと。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年05月29日

Away 菓子杯 大分

0-2。
ちょう〜おひさの、嗚呼勝ち点3。

新宿のスタバで本読みながらi-modeをチェック。
隣のテーブルでニワカ?セレッソサポ?妙にダンボになる。

何回目かのリロードで「祐介ゴール」。
こんなとこにいる場合じゃないとそそくさと帰宅。

iMac G5のDual Display化をしながら、J's Goalをチェック。

試合終了の表示を見て、何をしたら良いか分からず少し耄けてしまった。

ハッとして最初に頭に浮かんだ事、夕飯は生姜焼き作ろ。
何だそりゃ?
posted by 愛し恋し青赤 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年05月30日

サテAway柏&・・・

1-2。
大分戦の久々の勝ちに気分よくして、日立台に遠征。
いつも気になっていたラーメン屋『大勝』で試合前に食すが、ちょっと私的には味が合わない。

で、試合は負けたけど楽しかった。

・池上のゴール真ん前でのドリブルシュート
 たしか君、右センターバックだろ、いいねいいね。
・忠成のふかし
 大志に金でも借りてんのか?なんて事を想像。

ダリーロが練習前にメンバーとはしゃいでいた。大分戦の勝利がそうさせたのか?
自分からコミュニケーションを普通に取ろうとしている。
馴染み始めた予感、連携的にも数段良くなった気がする。


それにしても柏はかなりヤバそうだ。各選手の意識の統一が全くない。
あれじゃサテとはいえ、ブーイングは出るわな。
サテに勝っただけなのに、あんなに喜ぶ柏サポを見てその奥にあるものを少し感じてしまった。

新設されたスクーン

って土台はイントレ組んだだけ、それって仮設じゃん。




こんな記事が。
以前から黒部は東京スタイルとてもフィットする選手じゃないだろうかと思っていた。
対抗馬が金満鯱なんでかなり困難だろうし吉郎の事もあるのでレンタルの方向だと思われるが、
彼の気持ちを前面に出したプレーをぜひとも青赤ユニで見てみたい。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年06月04日

Home菓子杯 柏戦

さて今日は『絶対に負けられない戦い』ではなくて、

『絶対に勝たなくてはならない戦い』
なのだ。

昨年の王者の意地を見せなければ。
posted by 愛し恋し青赤 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年06月14日

今野ジェノバ???

かったるいVaioのおかげで、更新をする気が起こらない。

とりあえずユーベ戦、ワールドユース、Away千葉戦については後日ということで。

そんな中「今ちゃんがジェノバ?」なんて話が「モニ追加召集」の後に舞い込んできた。
モニは6月いっぱいの強化合宿のつもりでね。

で、ジェノバはないべ。
久々1部だからってジャパンマネー狙ってんの丸見え。
確かカズの時もKENWOODのマネーと一緒だったよな。
今ちゃん獲得してジャパンマネーも獲得して、
翌年降格になったら今ちゃんを高く売ろうという魂胆。

彼の将来を考えると、あんなとこいっても意味ない。

それに今じゃないしね、ご本人も良く分かってるでしょう。
もっといい時期にもっといいオファーがきっと来るよ。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年06月20日

もろもろ

一週間も更新をさぼってしまって。
夜更かしの日々を送っているもんだから、つい。
とりあえず簡単に印象を。でも記憶が度重なる夜更かしのせいで。

記憶の彼方に行ってしまいそうな、ユーベ戦@味スタ 6/7
ミヤがFKを蹴る時に最近忘れていたゴールの臭いがした。
前半と同じ事を後半も出来ていれば、もしかしたらでした。
でもネドベドの本気の縦ドリブル見れたし、石川に翻弄されるセビナも愉快だった。

ワールドユース vsオランダ 6/10
録画で見るつもりが夜中3:00ぴったりに起きてしまった。いやーオランダはすごすぎ。
速い・強い・巧いに美しい。まさにTotal Footballは脈々と伝承されている。
ユースはもちろんだけれど、こりゃA代表も間違えなく優勝候補。
でも優勝候補と言われつづけて・・・なとこも相変わらずオランダなんですけれど。
オランダの動きが止まった後半には、
てゆうか攻守の切り替えを全くしない本田を変えてから、
日本は中盤でボール収まるようになりかなり良くなった。
あとびっくりなのが、めちゃ早のクインシー(アーセナル)のスピードに慣れるのが早かったこと。
後半にはほとんど仕事をさせなかった。
たらればだけどカレンと森本で逆転も夢じゃなかった。
マッスーも北斗のフォローとDFラインの統率をしっかりやっていたし、DFラインを崩された失点はありませんでした。
それ以上に気持ちを前面に出したプレーが光っていた。
以前は「顔に怪我したら・・・」なんてプレーだったけれど、
そんな事微塵も感じさせないスライディングとか、茂庭そっくりのクリアとか笑った。一皮剥けたなーが実感。
U-18の頃からこの世代を見ているけれど、
兵藤一人ではやはり中盤での収まりが悪い。
次回は陽平が調子を上げて出場するから、欽ちゃん走りでペナンを撃破です。

ナビスコ予選 vs千葉@臨海 6/11
ほとんど寝不足で行った臨海。そのおかげでほとんど記憶がない。
小学生の集団遠足かホーム側は?、スタンド外で始まった声だし、同時制覇のカレー&タコス。
5-0東京コールの後の2点連取、「あと3点!」は結局ぬか喜び。でもあの時は有頂天だったな。
結局試合途中で決まってしまった予選敗退。たとえ5-0で勝ったとしても敗退は決まっていた。
まあ楽しかったからいいでしょう。

ワールドユース vsベナン 6/15
先発に陽平が入った。中盤でのボール捌きがオランダ戦より数段良くなった。
少しずつ動きがかみ合い始めている。

コンフェデ vsメキシコ 6/16
宮本→小笠原→加地→柳沢でゴールの時間帯までは北朝鮮戦の時のようなスピード、クリエイティブ性があって良かったが。
あの動きを90分続けられたらなー。

U-18 vsマリノスユース@三ツ沢 6/18
PK2本で負けたけれど内容的には競っていたし、やろうとする東京スタイルを着実にやっていた。
相手ゴール前でのヒールキックのパス回しとか人生ドリブルの大輔君とか、楽しい楽しい東京スタイル。
東京のユースのスタイルを見ていると、トップチームとの一貫性を感じる。
代表に関してはどうなんだろー。
もっとユース、オリンピック世代、A代表と連携を取れないものだろうかと感じてしまう。

ワールドユース vsオーストラリア 6/18
マッスーどうしちゃったの?へたれてたよ。
陽平の変態プレーは効いていたな。
ベナン戦でも感じたけれど、相手はよく日本を研究している。
キープレーヤーにはかなり厳しい。
しかし1勝もしないでラウンド16進む大熊ジャパンってかなりついてるぞ。
次はモロッコ強いと思うけど、勝ちにいきましょう。

コンフェデ vsギリシャ 6/19
ダメダメのギリシャ。それを差し引いても日本は素晴らしかった。
前半終了して、運動量や気温を考慮して後半は持たないんじゃないの?って思ったけれど、
前半ほどではないが充分戦えていた。それ以上にギリシャはへたっていた。
いいのか、1年前に世界に見せちゃって?
今が頂点だったなんて言わないでね。
まあ決定力を考慮すると、あの動きであの点数じゃとなるのかも。
次はメキシコに負けたブラジル。
守備が知らないCBが二人いるチームだ。
サイドからファーにあげてヘディングでニアに戻したところをドンで決まるでしょう。
ジーダさえ超えりゃどうにか。
胸を借りるつもりでいけばいいさ、あちらは勝たなければいけないとガジガジになっているはず。
なおさらジーコの前だし。
posted by 愛し恋し青赤 at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年06月21日

寝不足

今夜いや明朝もワールドユース。

てなわけで寝不足の日々絶賛開催中ですが、
おかげさまで我が家の一番年下のまー君も毎朝キャットフードのお皿の前で、
睡魔に襲われております。

試合中に私があーだ、こーだ騒いでいるのがいけないと分かりつつも、
でもしょーがないじゃない。

というわけで、もう少し我慢してチョ。
posted by 愛し恋し青赤 at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年07月03日

Real大阪ホームにて

vs Real大阪、2-2。

「こんなこともあるさ」、「そんなこともあるさ」、「あんなこともあるさ」、「そういうこともあるさ」、・・・・の無限Loopから抜け出せない。

2年ぐらい前から感じていたのだけれど、下がった状態のアサリはウィークポイントになってしまう。
マークのずれ、スペース潰しの遅れ、プレスの遅延などなど。
アサリが描いているポジショニングと相手の攻めの起点の高さにずれが生じている。
でも、気持ち上がり気味のポジションを取っているとめちゃくちゃいい仕事をし、なんども助けられなんども得点できた。

特に今期は今野とのバランスが悪い。最悪なのは今野が疲れている状態でのバランスだ。
マークの引渡し、攻めに転じたときのポジション関係などなど。

逆にボランチのポジションにつかせるというのではなく、トップ下にアサリを投入してみてもおもしろいと思うのだが。
相手にとってこの位置にアサリみたいな選手がいるといやだろうしね。

そういえば去年のサテでトップ下に入っていい仕事していた。たしかシュートも。

ひょっとしたら会社の社員としてのモチベーションの限界に問題があるのかもしれない。
もちろん本人は必死にピッチを駆け回っているのだけれども、潜在的意識な部分での差が生じているのではないだろうか?
社員からプロへと立場を変えるか、社員としての壁をぶち破るかどちらしかないのだろう。
個人的には後者を望むし、アサリらしいし。


ササの入団が発表になった。
どうして我らSOCIOに発表しないのだろうか?
こういう状態なのだから、試合前とかにピッチから手を振るだけでもできたはず。
posted by 愛し恋し青赤 at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年07月04日

小平詣

昨日の小平詣レポ。

詳細は高橋さんのレポで。

で気になった点を。
1.足の振り幅は少ないが、振りの速さと前を向いてからシュート体制への移行の速さは素晴らしい。
→相手ゴール前のごちゃごちゃで決められない東京からおさらばか?

2.最初はボールに触れていなかったが、20分過ぎくらいからスペースに動くようになり連携の仲間に。
→ルーカス&ササでアマ&ツゥットの再現なるか?いやそれ以上?

ダニーロ茶パツにしちゃったよ。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年07月08日

vs 川崎 Away

0-0。

開始45分前に到着、すぐにビールと焼き鳥とホットドックを。
Away自由だったのでメインのうどんは食べられず、次回に課題を持ち越す。
最初は2階に陣取るが、今日はまったり系じゃだめだと1階に移動。

内容はかなり良くなってきている。
引いた相手から点が取れないという課題は残っているが、でも克服していたらこんな順位な訳ないしね。

ルーズボールへの反応が一瞬遅い祐介とノリヲ。だからといって相手に取られるわけではないが、もう少し早ければルックアップやドリブルの方向の確認などできるはず。

川崎の若手フッキはファールの仕方を知らない。ちょっと危険だな、といってもゴールの臭いがする危険な選手ではなく相手選手に怪我を負わせるという意味。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年07月09日

紙吹雪と座布団投げ

今日はダービー。
なんで夕べから興奮気味。

個人的には順位なんかよりもダービーのほうが上。
もちろんこちらもあちらも同じリーグにいないとダービーは成立しないけれどね。

で選手入場時に紙吹雪を撒くということで巷では盛り上がっていたんだけどね、
桜田商事の調布支社から物言いが入ってダメになったらしい。

その理由というのが「飛行場に隣接するスタジアムという特殊性」なんだって。
つまり紙吹雪が原因で飛行機の運行もしくは最悪墜落を防ぐためだそうだが、
今どき紙吹雪で飛行機落ちるかな???

銀のフィラメント撒いてレーダー探知のミサイルから逃げるっていうシーンを映画で観た記憶があるが、銀紙だけだったらなんとなくうなずけるけどね。

それより秋になると一斉に舞っている綿帽子のほうが厄介じゃないの?
あの対策してんだったら、紙吹雪なんてね〜。

国技である相撲の座布団投げを徹底的に禁止しない相撲協会や、その風景を普通に公共の電波にのせている国営放送を野放しにしておく日本の風潮と矛盾してるな。
上の階から投げられた座布団が首の後ろにあたったら、頚椎骨折で即死でしょ。

と、ダービーの前にこれ以上余計なこと考えるのやめとこ。
だってダービーですもん。
せっかくスタンドとピッチがシンクロする最高のエンターテイメントなんだから。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年07月11日

東京ダービー第1戦

0-0。
「負けられない」じゃなくて「勝たねばならぬ」だったんだよね。
引き分けなんて半端じゃいかんのよ。

決して緑が良かったわけじゃない。相変わらずの足元でボールを受けるサッカーだし。
単にうちが決められなかっただけ。

第1節の時のように、ボールの受け手はボールが来ることを信じてどんどんスペースに走りこまなきゃ。無駄走りが少なすぎ。
チーム全体が感じあっていない。選手同士が共鳴しあって、化学反応を起こさなきゃいけないでしょう。
雨とかいってる場合じゃない。

そんで、
ゴールが見えたらシュート。

試合前の出来事。
こういう時に限って、2ちゃんとかに批判だけ書き込む奴が増える。
さらに全く関係ないのに原因になったといってスケープゴードを作ろうとする。
なんか後ろ向きなんだよね。

やったバカは相応の罰を受け罪を償うのが当然の理。
チームが制裁を受けるなら、それに対してもバカが償うことも自明の理。

こういう事が起こらないように、
みんなで注意を喚起しようとか言う奴が異端に見えてしまう状況の方が問題だ。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年07月14日

Away清水戦

0-1。

勝った。

仕事中にJs Goalの更新をした瞬間Goalの文字が目に飛び込んできた。
絶叫しそうになるのをどうにかつばを飲んで抑えたら、
「誰が決めたの?」
「ルーカスだ」
「やっぱルーカスだよ」
「嗚呼ルーカス!」
と頭の中で独り言の繰り返し。

清水が沢登を入れたので前目にキープされるようないやな予感が。

パソコンに向かいながらブツブツ言っているのも周りに迷惑かけるので、
なんども喫煙室へ。喫煙室から念を日本平に送る。

やっと出た「試合終了」の表示を見て、うれしさ半分、悔しさ半分。
なんでこんなときに日本平にいなかったんだ俺は。

帰宅しての遅い夕食ではもちろん祝い酒。

さあお次はホームです。
ホームで勝利を見せていただきましょう。
「勝て、勝て、勝て、ホームやど」←関西方面から借用

隣席の浦和な方はとても静かでした。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年07月18日

本当にトンネルを抜けたんだよね

ふっふっふっふ〜
いっひっひっひ〜
へっへっへっへ〜
ふぁふぁふぁふぁ〜
あっはっはっは〜

4-0

ですよ、味スタに来れなかった方々。

3-0になったときくらいから涙がほほを。

花火連発で夏祭り絶賛開催中ですよ。
これで近所のお祭りに行けなかったけれど、ぜんぜん許す。
流しそうめんやってたけれど、ぜんぜんOKよ。

全部花丸です。よくできました。
やれば出来るじゃない。
ん、通信簿の慣用句か?

やっぱホームで炸裂しなきゃね。
なんかナビスコ獲った時ほどではないけど、完全にいかれてましたね。
おかげで今朝は頭が痛い。

2003年の対横浜戦の4-1より意味がある。

きのうの一句

鞠サポも

ビール飲むのに

東京タンブラー



さて今日はユースの試合、
この調子でこの3連休はまた4点とって東京3連勝で行きましょう。
posted by 愛し恋し青赤 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2005年08月01日

Home神戸戦

「いい人東京」癖がでたというのではなく、
単純に引いた相手に対しての攻めのパターンがなさずぎ。

引き分け狙いで引いてくるのが分かってたはずだし、
それに対する練習も積んできたはずなのに、
なぜにゲームで生かせないかね?

サイドの選手の人達、
もっとセンタリングの練習しようよ。
前の選手達、
感じてゴール前に飛び込もうよ。

引いた相手に対して引き出しが少ないと、
リーグ再開後また長いトンネルが待ってるよ。

そういう意味からすると、
前節の大勝はまぐれになっちゃうかも。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事