2007年10月29日

レバークーゼンに学べるか

夕べは熟睡など出来るわけが無く、6時前に起きてしまった。
お茶を飲みながらTVをザッピングしていたら、教育テレビのドイツ語講座でサッカーを扱っていた。
レバークーゼンのユース監督へのスカウトに関するインタビューと現在レバークーゼン・ユースに所属する石井直人選手のインタビュー。
なんでもドイツでのスカウトは8歳くらいから始まるらしく、ピークは10歳から13歳。

スカウトで何が重要かも教えてくれている。
1に精神力、2に戦術理解、3に体力、4に技術。
先頃のドイツ代表のワールドカップでの闘いを振り返ると頷ける。

番組終了後ネットを検索してみると、ちょっと古いけれど面白い記事があった。

レバークーゼン 科学と白ビール

どうなんだろう東京は。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6286078
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック