2007年10月28日

うがった見方で○○部長への書簡@多摩川悲しコ

今日の虐殺ショーで解任の理由に箔がついたのでリークの甲斐がありましたね。
常々「気持ちが弱い」と称される東京の選手達のモチベーションを下げるには最高の手段でしたもんね。

ただあなたは絶対におかしてはいけない事をしてしまった。

1つ目は深川(専務)と小平(あなた)が一枚岩ではないのが露呈した事。
 大学の政策・メディア研究科で教鞭をとる専務が、
 あのリークの反応がどうなるのか、まさか予測できなかったとはいえないし、
 その後のバタバタした専務の打ち消しのさまで、内部状況が分かってしまいました。
 両者の共通認識であったのなら、
 「白紙」とは言わず毎年の常套句「全ての可能性を検討中」と言うし。

2つ目は今日初めてサッカー観戦に来た人達がもう2度と足を運ばないだろうという事。
 これは来季以降いや今季ホーム残り2戦の入場収入に大きく響きますね。
 集客は信用と同じで、減るのは早いけれど増やすには時間が掛かるものです。

3つ目は今野を筆頭に主力選手の流出の確率が高くなった事。
 わざわざモチベを下げるチームでプレーできるかって気持ちは誰にでもあるし、
 去年の東京純血2選手の一悶着を忘れたわけじゃないでしょう。

たとえ自称「クラシコ」であっても「クラシコ」と名のつく限り、
今日の惨敗で監督の即時の責任問題になる事は、
ハラヒロミ支持派の私でもよく分かりますし、致し方ない事だと思います。
ただあなたの補強失敗の繰り返しは絶対に忘れないし、
ハラヒロミ解任派の方々も絶対に忘れないでしょう。

モチベが下がっている状況でも闘えない選手達。
彼らにも多いに問題がありますが、その彼らを東京に引っ張ってきたのは、
なにを隠そうあなたなのです。

一介の会社の人に辞めろとは言っても聞き入れられない事ですが、
サッカーを初めて観戦に来る人をどうリピーターにしてSOCIOにするべきなのかの、
営業の現場を数年やってみるべきだと思います。
Jリーグは所詮興行なのだという事と、
単に勝てばいいというのでは東京という地域性からサッカーを初めて見る人達を取り込めない事を再認識する必要があります。

ダメになっていったクラブと同じ道を辿らない為にも今一度・・・。
posted by 愛し恋し青赤 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6278187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック