2006年04月25日

今年の大学サッカーで知らなかった事

日曜日、夢の島での関東大学サッカーを見に行く予定が、ゴソゴソしてたら11:30amに。
KOに間に合わないけどでもまぁいいかとユルユルな気分で大井町駅までいつもの道を歩く。

知らなかった事、その1
お昼がまだだったので遅れたついでに食べていこうと思案してたら、頭上に見慣れたような見慣れていないようなもの垂れ下がっていた。それも通りの向こうまでずぅーっと。
でも金曜の夜にはなかったような。
しかし応援して頂いているのに、
今のザマは・・・たいへん恐縮です。
エッ、夏セール!
なるほど、だから勝点絶賛献上中なんだねェ。
キャンペーンと連動してるぅ〜。








と一人納得状態で、通称ゴミラーメンの「永楽」をスルーして
いつもの「朋友(ぽんゆう)」へ。











焼きそばかと迷ったが暖まりたくって「湯麺」を注文。
麺と野菜とスープをよく絡ませて(ここポイント)
ズズっと。

満腹で夢の島行くのが面倒くさくなったのは内緒にして、りんかい線に乗り込む。

着いたら第1試合の順天堂大vs東京農大の後半が始まっていた。

知らなかった事、その2
スタンドを歩きながらピッチに目をやると、あれっ!チームvsチームって。
てことはノブオさんはもともとだったのね!

知らなかった事、その3
入り口でもらった今節の解説と予想布陣のペーパーを見ていたら、東京農大側から「常盤」コール。
あの君が緑ユニでピッチに立ってるなんて。(といっても2ndユニなんで白にちょこっと緑)
帰宅して調べたらさらに君も。
いや別に農大が嫌いなわけじゃなく、一時期は近所に住んでたし、大根踊りは好きだしねェ。

結果は2-1でチームの逆転勝利。
どっかの数年前のチームのような攻め方で懐かしかったなぁ。
常盤君は後半途中で交代。一生懸命動いているんだけれどなんか窮屈そうだったな。
1年生の先発っていろいろあんのかな?

続いて第2試合の中央大学vs早稲田大学
去年の早稲田からどう変わったか?とか、アグレッシブな兵藤君を見たかったのが実は今回の観戦のポイント。

知らなかった事、その4
で試合開始までまた例のペーパーを見ていたら、「信藤健仁ヘッドコーチ」のくだりが。
て昨年の「Foot! Thursday」で東京を「楽しいサッカー」とニコニコ賞賛してたいた、あの信藤さんかよ!後ろ姿ばかりだったのでなかなか確認出来なかったが、頭のてっぺんが見えて納得した。
ん〜ん、そんな信藤さんがどんなチーム作っているのか?もう断然興味はそっちにシフトしちゃって。

結果は1-1。
中央大学はコンパクトでよく走って、見ていてとっても楽しかった。てゆうかオシム犬か?
1点ビハインドになったけれど、いつかは追いつくだろうって予感できたもの。
一方早稲田には去年の終盤に見せた”必死さ”がなかったように思う。
兵藤君の飛び出しが出始めたのって同点にされてからだったし、リスクを負わない戦い方というか省エネっぽかったかな。
去年の今頃の早稲田も何をしたいのか分からないとこあったな。まだあんな感じかな。

それにしても信藤さんは熱い。
試合開始前、大榎早稲田監督の挨拶に気付かないほど考え込んでいたり、
試合中はピッチから出たボールを追っかけたり審判に時間チェックしたり、
試合終了後は真っ先に早稲田ベンチ陣、ベンチスタッフや交替選手に握手を求めたりと大忙し。

次回は5月の筑波vs駒沢あたりが見れそうかな。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/607580
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック