2007年10月19日

お次は平山だろ@北京五輪最終予選

昼間にカタールのスタメン級FWが3人も負傷から戻っていないという報道を目にして、
これはあちらは引き分け狙いだなと予想しましたよ。
そんな相手にまさかこちらも引き分け狙いの布陣でいくなんて・・・。
そもそもなぜ忠成をワントップのポストプレーヤーに使ったのか分からない。
柏でのプレー見てれば彼が向いていないのが普通に分かるだろう。(後出しになったがFoot!のブログでも同じ事感じてる)

さらに相手の速いペースに合わせた試合の入り方、気温30度超えで開始3分でこりゃ90分持たないのがすぐに察しがつくし、TVで見ていた限りでは誰もベンチから出て指示していなかったようだ。

1点を守りきるという交代策をしていながら、なぜ自陣から遠い位置でのボールまわし等の時間つぶしをしなかったのか?いや、ベンチから指示が出なかったのか?

J'Goalからいつのまにか削除されている忠成の試合後のコメント
攻撃は決まりごとはない方がいいと思います。個々のイメージなので、そのイメージがつながったときにいいプレーができる。型にはめたら、いいプレーができないと思う。

五輪代表の今の状態が少し見られるような気がする。

とにかく残りの試合を連勝するしかないわけで、
こういう時に妙に活躍しちゃう平山が日本にいるわけで、
なんつーか、こういうシュチュエーションが用意されちゃうなんて、
とんでもない そーた だなぁ。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5978135
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック