2007年10月02日

「典型的な日本の試合」??@フクアリ

フクアリではG裏のほぼ真ん中の前から2列目で見ていた。
なので前半はフジのポジションのほとんど真後ろ。
試合が始まってフジの調子が良くない事がすぐに分かった。
やはり怪我の影響だろうか。
フジだけではなくほとんどの選手が体が重そうだったが、ただ一人キレキレな奴がいた。
それは石川。一人でドンドン仕掛けていく。
仕掛けていくのはいいのだが、周りのフォローがない(出来ない)ので、千葉はそこに激しくプレスしてボールを奪取する。
奪取した千葉は中盤を省略して、逆サイドでフリーの水野、または石川のフォローに入ろうと中途半端な位置に上がっているトクの裏を山岸につかせる。前半はこの繰り返しだった。

2失点後ピッチ中央で今ちゃんと石川がかなりの剣幕で言い合いをしていた。
今ちゃんのジェスチャーから想像するに、石川のポジションについてではないだろうか。
「監督からはあまり中には入らないようにと言われていたが、(中略)僕がただサイドに張り付いていても孤立してしまうので、中に入ったけれど、そこでミスが出てしまった」J's Goal 試合後の石川のコメントより。

外で張っている事は約束事だったのに何故孤立したのか?
それはやっぱり福西のアリバイ守備。
相手は蹴ってくると分かっているから、石川が失ったところを襲わない。
見かねてクリが水野を見捨てて詰めに行ったり、
今ちゃんが詰めてから猛ダッシュでDFラインに戻ったりと周りの負担が増えた。

後半東京は後ろからサイドに蹴ってそこから中という中盤を省略して反撃に出た。これは前半千葉がやっていた事。中盤の省略によって運動範囲が狭くなったおかげで、前半動きの少なかったルーコン、赤嶺、福西の動きが活性化した。
せっかく切れていた石川を交代するのは?と思ったが、
リチェを見せ玉にして千葉に相性のいいノリオでガンガンいくという事かと一人合点したのだが、
フィニッシュが出来ないリチェの一極集中的攻めになってしまった。
また千葉がリチェ対策で池田を入れた事で千葉側に妙な守備意識が芽生えた事も要因のような気がする。
(池田にはPKももらったし)

東京の2得点がどちらも崩しての得点でなかった事を考慮すると、結果は順当に思う。

しかし勝敗よりも考えさせられた事がある。
それは時間がまだたっぷりあるのに東京の反撃の火を消す事ばかりに始終してカウンターで攻めない千葉。(ロスタイムで1回位しかないし、前がかりの東京はへたしたらあと1、2点失っていたと思う)
それはFW青木が入っても巻が両コーナーでボールキープをするのを見てオマルの指示だと分かった。
実は午前中に昨年のフクアリのVTRを見て、オマルの「典型的な日本の試合」という言葉が気になっていたのだが、残り約20分の千葉ベンチの指示はその「典型的な日本の試合」にさせない為の方策だったのか。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5676665
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック