2007年09月09日

生観戦x1、TV観戦x3

<まずは開始5分前に着いた今日の江戸陸。>
あれ、ユース子達がいる?さぞや倉さん達頭捻ったんだろうなが最初の感想。
ムッ君が左SBで出場していたんで、ちょっとワクワク。
1回アレだったけれどあとは無難なプレー。
しかしリチェはムッ君の存在を全く無視しているようだったな。
つーか誰に対してもそうだったけれど。

注目のエバは、以前より周りとコミュニケーションをとるようになったけれど、
なんか周りに自分の考えを押し付けている感じが見て取れた。
攻撃参加で上がるのはいいけれど、上がった後をどうケアするかの約束事を作らないと、
2失点目の状況をリーグで見かける事になりそう。
釣男と啓太の関係のように中盤が下がるかSBが絞るかのどちらかだろうけど。
でもマイクとの肉弾戦は面白かった。

スズケン、良かったな。
あれ、池上は?台風の中のチャリ強行軍で風邪でも引いたか?


<オーストリアx日本>
気がついたら終わっていたのでスルー。


<オーストラリアx日本>(ラグビー ワールドカップ フランス2007)
高校時代の悪友達が所属していたラグビー部が0-100で負けたのを思い出した。
全くの初心者なのに練習もろくすっぽした事がなく当時から真っ黒な肺の悪友達が、
花園行った連中に勝てるわけないけれど、
負けた悔しさから一生懸命練習して次の対戦で1トライとった。
あいつら青春してたな。

しかしそんな話が通用しなそうなのが、この対戦結果(3-91)。
もう日本人には合わないスポーツじゃないのかと思っちゃうくらい。
だって人口20万いかないサモアやトンガが強いスポーツだもの。


<サウジアラビアx日本>
3-91の後に見たものだから勝ち点穫れて良かったと甘くなる。
陽平起点で奇麗なパス回しで崩したシーンがあったけれど、あと2〜3回見たかったな。
そしたら・・・。


<イングランドxアメリカ>(ラグビー ワールドカップ フランス2007)
つけたらやっていたので。
どちらもミスが多く低調な内容だったけど、自分達のスタイルを持っているイングランドはさすが。
でももっと華やかなプレーが見たかったな。(イングランドに求めちゃいけないのかも)
posted by 愛し恋し青赤 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5379765
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック