2006年04月01日

横浜戦とか

マスおめでとう。今日"の"君はかっこ良かったよ。モニ?と思わせるようなプレイや痛がる仕草とあのゴール。これで満足するのではなくさらに一段上に上がってくれ、頼むよ。

さて試合に関して。
ガーロの試合後の「宮沢を入れたのは、梶山がフィジカル的にきつかったことと、前半に前線とボランチの間が空きすぎていたので、そのスペースを埋めたかったのが理由だ」の言葉。
そりゃ空くでしょう!
だって伊野波と今ちゃんとトクがマンマークについてんだもの。自由な中盤って3人しかいないんだよ。
それ指示したの誰よ、あんたガーロだろ。こんな事試合やる前に分かる事じゃない。
で後半直前の霜田HCと今ちゃんの長い打ち合わせの後、やっと今ちゃんがマンマークから外れて前に出れるようになり、マルケスが後ろに下がった時には伊野波が3バックの右に入るようになり、ミヤinもあってやっと攻撃の形ができ始めた。
京都戦でマンマーク1人、駒場で2人、日惨で3人てことは、三ツ沢では4人、磐田戦では5人か?
で誰が攻めるの?点が獲れるDF陣ですか?

さらに交替ミス。あ〜いうのってピッチから丸見えだから選手達はみんな「????」てなるでしょう。
ガーロ、あんたも選手時代に経験したんじゃない?
あんなの見たら同点後にもう1点って気持ちにならないよね。
まああんな遅い攻めしてたんじゃ、決定力があってもロスタイムでなんて点獲れないから攻めを諦めるのも当然か。

今日の試合後の今ちゃんの言葉
「ポゼッションしながらでも、シュートを打たないといけない(横浜FMの21本に対して、F東京は11本)。F東京のゴール裏から『シュート打て!』というコールが飛んでくるが、気持ちは分かります。サポーターはシュートを望んでいる。前半なんか、特に、やられるのを待っているという感じで、守りだけで満足しちゃっていたかもしれない。あんなのが続いたら、いつやられてもおかしくない。ただ、今はどうしても、ボールを奪った後の攻め上がりがうまくできない。受身になっていて、奪っても上がらないところがある。ダイナミックとは言えない。選手全員が縮こまっているようなところがある。サポーターも『もっと動けよ!』と言いたいんだと思う」
フロントも含めた首脳陣に言っているような気がするのは俺だけ?
posted by 愛し恋し青赤 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/520325
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック