2007年05月14日

浮かれている場合じゃない@サテ 水戸戦

今年なにげに楽しみにしていた水戸ちゃんとのサテ。
たしか水戸ちゃんは今年からサテに参戦だったはず。
そのせいもあってか?交代した椎原は悔しそうだったし、試合後泣いている選手もいましたよ。


試合前に話し込む水戸の前チンとヒロミ。
どちらのチームもアレなんで、ナニな話でしょうかね、かなり真剣そうでした。

練習でMr.浜野にゴール決められちゃうシオも、
森村がセクシ−なのも、
小山が元気なのも、
ユースっ子達が頑張っていたのも、
エヴァがDFラインでボール持ちすぎるのも、
モニがすぐ痛がっちゃうのも、
フミタケが2戦目にして両腕組んでベンチに寄りかかるようになったのも、
とりあえず置いておいて、
今回は13番のポジションを見てました。


後半のシオのゴールキック直後に携帯で撮った写真です。
画面手前中央が13番。ちなみに競り合いにいっているのはキャプテン・ユータとシンゴかな?

彼はここの位置でいいのか?
どう見たってシンゴと競っている相手が壁になって、
この競り合いからボールは出てこないだろうし、
たとえ出たとしても彼より左側にいる水戸の選手のほうが有利。
この時点で右斜め前方に走り出さないと、ユータの出し所や前を向くスペースがなくなって後ろに預けるしかなくなり、
相手DFは守りやすいと素人は考えちゃうんです。

前半には見方がサイドライン沿いに抉っているのに、相手DF4人を間に入れるようにわざわざゴールポストよりさらにファーな所にポジションとっていたし。
あれじゃ抉っていた味方がセンタリングする前に「ファー!!!」って叫んじゃいますよ。
なんだかボールもらうのが嫌みたいに見えちゃった。

最後のシュートだって、
左後ろからドフリーでユータが近づいているのに、ドリブルしているボールしか見ていない。
それを見て水戸のDF達は我らが13番だけに絞って寄せてきた。
勢いと技量の差で抜けて点が取れたけれどJ1じゃ通用しないでしょう。
だから客席は失笑というか、かなり脱力系でした。
点穫ったのにこういう雰囲気初めて経験した。意外と貴重かも。

この他にもアリバイプレスとかいっぱいあって、
戦術とか関係ない分、選手の状態がよく分かってしまうサテを実感できた訳です。

日の丸先生率いる拉致組によって連行された我らが13番は本当に大丈夫なんだろうか?
いやもー予選突破してんだから日の丸な事はこの際置いておいて、
帰京しての事をよく考えて欲しい。
拉致組の2人はお尻に火がついていた事をしっかり認識して立派な消火活動を前日にしたんだけどね。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3990082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック