2007年05月11日

GWにした事-車載スピーカー交換

娘さんが奇麗という噂のジェレミーさんが
いまは試練のとき」とおっしゃるので、
あえて自分用のメモ兼でGWにやった他のネタを。

1年くらい前から運転中に音楽聞くと、右席前のスピーカーから異音が出るようになっていたんで、こりゃスピーカーのエッジがやられたなと。
んでとりあえず前の2つのフルレンジ・スピーカーだけでもと、
オートバックスとか行って値段見るとそれなりにするし、
そもそもそんなたいした車じゃないのでそこまで金かける程でもないしで、
自分で交換できないものかと思案を巡らしていた。

とりあえず車載のスピーカーが簡単に外れるかどうかと電動ドライバー片手に取り組んだところ、ネジ6本で片側のスピーカーがあっけなく取り外せた。


これが純正のスピーカー
それなりのロットあるだろうから、単価は日本円にして700円程度か?
予想通りエッジがかなりヘタっていた。


"MADE IN ITALY"。ソナス・ファーベルのような信頼ある高級機だったらイタリア製って信用できるかもしれないけれど、この程度のもののイタリア製って日本製に比べると格段に下な訳で。


問題はこの接続部分のジャック。聞くところに寄ると日本車もメーカー別に違うらしい。こういうところがあるからカーオーディオって妙に高価になるんじゃないのか?規格統一して欲しいぞ。

取り外したスピーカーを持っていつものコイズミ無線へ。

で今回はこのダイトーボイスDS-16に。


ダイトーボイスDS-16Fと凄く迷ったが、値段の差で↑のDS-16に決定。

問題の接続はフェルトン端子で。

実際にはこれより安い1個10円のもので。使っていて外れたらまた外してハンダ付けしてビニールテープでぐるぐる巻きにすればいいし。
多分問題ないでしょう。

ついでにスピーカー設置付近のドア内部に外への防音のために吸音材のサーモウールを詰め込む。

さらに小さいサイズのMiniが550円であったので。

で実際に近所を小1時間ばかり走って聞いてみたところ、
音の解像度が格段とは言えないが良くなった。
もちろん異音は出ない。
実売1個1000円のフルレンジ・スピーカーにしては良い方ではないでしょうか?
んーんやっぱりDS-16にしておけば良かったかな???
posted by 愛し恋し青赤 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3947343
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック