2007年02月15日

メイドなのかメードなのか?

永遠の"17歳"か?"18歳"か?はどうでもいいんですが、
"メード喫茶"か?"メイド喫茶"か?は夕べ寝る前に5分程考えてしまいました。
大辞林では
メード [maid]〔メイドとも〕(1)女中。お手伝いさん。(2)ホテルの客室係の女性。
とあり、「メード喫茶」でググってみると「メイド喫茶」の検索結果が出るんですね。
つまりは一般的にはどーでも良くて、ネット的には"メイド"なんですね。

ヨドバシが出来てから(つか出来た日から)ジョブスもよく通ったという世界のアキバに行くようになったんですが、
毎度感じるのが街に溢れる無駄に明るい巨大なパワーなんです。
誰にでも笑いかけるコスプレな人達とか、何の事かさっぱり分からない業界用語(ゲーム?)で語り合う若者とか、妙にテンポが速い人の流れとか、その中で写真やビデオを記念に撮る外国人旅行者とか。
確かに紙バッグをぶら下げた方々がブツブツ言いながら湧き出て来た頃にはあんな明るさがなかったので、無駄に明るくてもそれ自体素敵だと思うしあの巨大なパワーには憧れがあるのですが、
やっぱりオジさん的には方向性がずれているのではと思ってしまうのです。
もうちょっと方向性が変われば(でも90度くらい)、日本のGNPもさらに上向きになるのでは?と感じてしまうんです。

デスクトップにムーミンを飾って少女アニメのマウスパッドを持っている人が近くのデスクで仕事をしています。
サッカー好きだけどスタジアムに行くのはかったるいし日本のサッカーにはぜんぜん興味ないって自己紹介で主張されたので、
「君、もういいよ」と言ったら、
それから彼の脳内には私は存在していない事になっています。

posted by 愛し恋し青赤 at 07:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京な事
この記事へのコメント
お疲れ様です、ムーミンじゃない方です(笑
東十条の埼玉屋、最高でした。あそこの肉は本当に美味しいです。
ぜひ、今度ご一緒しましょう。
明日は教わった吉原大門前の土手の伊勢やに行ってきます。
でわ。
Posted by S間 at 2007年02月16日 23:07
それはそれは。
私はまだ一度アレなんですけれどね。

土手の伊勢屋はやくざの親分衆もニコニコしながらきちんと並んで順番待つ、
そんなところです。

お友達と東京の味を堪能して下さいマシマシ。
Posted by 愛し恋し青赤 at 2007年02月17日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3351029
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック