2005年08月02日

代表vs北(男子)

満男のミス→中澤のミスで1点献上。
ふつうゴール前で相手にパスしてたら決められるよ。

先日の横浜戦の時に感じたんだが、中澤がかなり脆くなった。
確か海外移籍がパーになったんだっけか?
それでモチベーションが急降下してんじゃないかな。
プレーに緊張感ゼロだもんな。

で満男や本山は前々日のマンU戦で抜け殻になったみたいだし。
磐田系も同様かな。

代表戦直前の各クラブの試合に出場するのを協会が普通許すか?
それだけこのタイトルを協会も軽んじている証拠じゃないの?

今日の女子もそうだったけれど、
とにかくパスミスが多すぎるし、
見方がボールを持って前を向いた時のまわりのスペースへの走りがない。
結局相手に詰められて、横パスか後ろに戻すだけ。

たいした攻めも出来ないまま時間だけが過ぎて、最後はゴール前にロング。
こんなの相手は守りやすいに決まっている。

ピッチ上は湿度が高いとか暑いとかって、
おいおい、北の選手達のほうがそういう面じゃ不利なんだけど。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/312082
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック