2005年07月17日

ユースと神奈川ダービー

昨日7/16は
15:00 東京U-18 vs 三菱養和ユース@アミノと
19:00 横浜フリエ vs 湘南@三ツ沢
を見てきた。

アミノの試合はTFA T1リーグU-18の第8節で、
2位の東京が勝てば1位の三菱養和を抜いて1位に返り咲く大事な一戦。

前半から押して4点を難なくゲット。てゆうか三菱養和がヘタレすぎ。
東京は安心したのか後半に1点を献上する。
後半途中にDFの一人の「5点目取りに行こうぜ!」の声に真っ先に拍手で反応していた。

残り試合を全勝すると、プリンスリーグ関東に昇格する。
明日もアミノであるので、見に行こうかな。

三ツ沢の試合は神奈川ダービーとなった。
15,000人集客をG裏メンバーが手分けして告知したようだが、6,000人届かず。

内容はというと、
湘南はパスサッカーを目標としているようで、昨年とはかなりスタイルが変わった。
たしかに技術がある選手がフリエの選手達より多いので有効かもしれないが。
サイドからの早い展開ができるようになれば昇格の夢も。

横浜は、
相変わらず中盤が・・・。
中盤の底から両ウイングへのフィードとか、
サイドバックとウイングの縦の連携とか。
ディフェンスラインと前線との距離を縮めている今の状況より、
1トップにして中盤を密度を臆したほうがいいような気がするのだが。

やっぱり選手達が死に物狂いで勝ち点積み上げなければ、
三ツ沢は満員にはならない。
posted by 愛し恋し青赤 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/312074
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック