2005年05月14日

パンク

GW明けの出勤日に朝乗ろうとしたら後輪がパンクしていた。
その前の5/6に乗った時に釘とか踏んだ記憶がなく徐々に空気が減ったようなので、これは「リム打ち」だと推測した。

で今朝やっとパンクを直したら案の定「リム打ち」だった。
5/6の朝に空気を足すのをめんどくさがったのがいけなかった。
ロード乗りの人は分かっているだろうが、
クリンチャータイヤで空気圧を低くしていると本当に良くパンクする。
1週間に一度はチェックするようにしているが、急いでいる時とか怠けてしまうと必ずと言っていい程パンクだ。
つまりは適正空気圧は、路面の異物をはじき飛ばしたりリム打ちから防御してくれるわけだ。

連休前にタイヤをミシェランのプロライトからプロレースに変えた。
プロライトでも乗り心地は悪くなかったがプロレースではさらに良くなった。が、その分バンピーになった気がする。空気圧は同じく8barにしているから、「耐パンクプロテク」が入っているせいかもしれない。
まだ上り気味のコーナーで攻めていないので、どう変化したか楽しみだ。
posted by 愛し恋し青赤 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/312045
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック