2009年07月27日

その悔しさを@広島戦

drmp Tシャツを着ていたら、背中のシッポプリントの部分だけ汗疹ができてしまいましたよ、痒いです。
広島戦の前に買い物がてらお昼を食べに行ったのが、原宿の『福よし』さん↓。


クラプトンがツアーやK-1観戦で来日すると必ず通うというとんかつ屋さん。

今回頂いたのがランチのとんかつ定食1000円、多分かの人が毎回注文するお品の半値。



ごはん、キャベツのお替わりが別料金っていうのがアレだけど、コストパフォーマンスはかなり高く、
おいしゅうございました。もう少しお肉が厚ければ尚更・・・。

こちらは奥さんが注文したカツカレー1230円。



カツ丼じゃなくてカツカレーで分かれって初めて、ちなみにカツ丼は乗っけでした。


味スタに着いたらドロンパが踊っていた。少年隊メドレーだとか。



カメラに向かってキメのポーズ、サンキュー。




前半の序盤は緩急のある攻撃を見せ、広島を慌てさせた場面が数回あったけれど、
後半は広島ドンビキのせいか、スイッチが入り切らずの平坦な攻め。
それも大宮戦から垣間見られ始めた中央中心の攻めに。
選手達はもっとできたと悔しさを感じているようだから、次に期待。
ただ選手交代はどうなんだろうか?
時間も遅いし交代自体も毎度のパターンのようで、
JFKの采配が当たる時って、先手を打った時が多いように感じているのけど。


飛田給駅までの帰り道、隣を歩いていた多分初観戦の親子が、
「点数が入っていたら面白かったのにね」と言っていた。
毎回生で見ている人達には中盤の攻防とかとっても面白かった試合だと思うけど、『味スタを満員』にするには勝つ事は必須項目なんだと再確認させられた一言だった。


さすがに今節のペトロヴィッチは自分達のAwayチームの闘い方を踏まえてか大口を叩いてないようだが、ストヤンの「FC東京は、そんじょそこらのチームじゃないから」発言って本人が直接日本語で言ったのかしらん?
posted by 愛し恋し青赤 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30853750
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック