2006年12月21日

2週間ぶりアレコレ

いや別にパソコンが壊れていたわけでもなく、忘年会に明け暮れていたわけでもなく、
我が家のスピーカー周りの改善でアキバをうろつき、何か仕入れてはCDを聞きまくって、
その成果にアーでもないコーでもないとぼやいていただけですが、
めっきり寒くなってきましたね、お風邪や今流行のウイルスなど召さないように。

もちろんアキバばかりでなく、恵比寿での入れ替え戦初戦もフクアリにも行ったしさらに夜中のTVの前も夕方からゴールデンタイムのTVの前も陣取ったわけですけれど。
時系列でまずはフリエの三ツ沢ホーム最終戦。
青い風船とか白い薔薇とか紙テープとか奇麗でした。
とにかくフリエのサポーターの方々、おめでとう。
一昨年、昨年と三ツ沢でフリエが勝った試合を見た事がなかった俺だけれど、
なんかここまで来た事を考えると感無量だなぁと。
(アレモン頼りはなんだったけれど)
来季は菓子杯も含めてヨロシクです。(新旧アジアの核弾頭ダービーか?)
「KAZU」の炎の代表ユニ着てフリエのゴール裏入るのは許せても、鞠のマフラー巻いているってのは如何なものか?フリエに失礼だしさらにKAZUにだって失礼だろう。鞠のゴール裏だったらボコボコにされるんじゃないか???
一応対戦相手の愛媛の事も。
早い時間帯で先制点を取っていれば愛媛の勝利があったかもしれないが、やっぱり若いチームでムラが出た感じかな。
柏からレンタル中の菅沼君頑張っていたね。
もっと守備をしてあの調子なら男前に呼ばれる日も来ると思う。
陽平と仲がいいようだから、柏に帰っても電話でも何でもしてアピールするように。


入れ替え戦初戦
なんか様子見の90分って感じ。
お互いモチベの高い闘いだから打ち合いになるのかと思っていたけれど、
手の内を知り尽くした指揮官同士だと180分の闘いでと最初から読んでいたのだろう。
そう云った面では交替の場面なんかちょっと痺れたな。


次はアジアカップかな?
陽平、イノハ等の中盤スタメンが抜けた時の底上げが課題だったけれど、初戦と同じようなゲームコントロールを見る限りその目論見は露と消えた感じ。あの敗戦を見る限り、陽平、イノハ、マッスー達は来年公費出張のオンパレードになりそう。それを予想して阿部獲りを一か八かで動いているんじゃないだろうか?
そこら辺はヒロミとフロントの思惑が一致している感じ。


桃太郎
もちろんアキバを徘徊中に携帯でチェック。最初はよしよし29日有給とって正解!ってな具合だったけれど、終わってみれば・・・。
えー、U-15の子供達よ、頼む!俺の有給を有意義に国立で過ごさせてくれ!ホントお願い、神様!


フクアリ
前日の天皇杯敗退がトリガーになって昨年に比べると随分と多いぞ青赤。去年の激寒とは違い少しはマシでよかった。
内容は仙台とは格が違うと云う感じ。
ムッ君も声が出ていたし怪我ももう大丈夫みたいだった。
長居でも3-0と圧勝し決勝戦は神戸らしいが、頂点極めろ!
今年はサハラカップ>>>>>天皇杯ということで。


日テレのイベント
あいも変わらず日テレは親善試合かなにかのイベントと勘違いしているようだ。
だからインテルが勝利を勝ち取る可能性を全く予想していなかったような番組構成。
でも普通に見ててもインテルのサッカー面白かったし、守備をしないホナウジーニョがいるバルサのそれにくればれば、優勝はあたりまえでしょう。
どうしてホナウジーニョは守備しなかったのだろうか?監督に言われたからとはいえコース消すぐらいは出来たろうに。クラシコやチャンピオンズリーグのビッグゲームではしっかりやっているのに。
まぁ舐めていたんだろうな。
でバルサ得意のカウンター→プジョル振り切られ→失点というのには笑った。本当にバルサらしい。
イアルレイにはJのクラブは動いているのかな?クラブ・アメリカ、アルアハリともに高い技術を持った選手達ばかりで3位決定戦も面白く見れた。んーんあいつらがサッサーの蓋になっているのかとかね。

ところであの妙に多かった最近のバルサユニ着た日本人。彼らは白いハンカチでいっぱいになったカンプ・ノウを知っているのだろうか?ホナウジーニョがバルサから去った後でもバルサを応援し続けるのだろうか?

デポルティーボのユニ着た高校生を見てニヤケタ今日この頃でした。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2629139
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック