2008年07月15日

この世代は梶山、平山だからと言ってたくせに

梶山、長友を筆頭にオリンピック代表に選出された選手達は、候補だったけれど選ばれなかった約70名の選手達の分も頑張ってきて下さい。

選ばれなかった選手達は、オリンピック期間中に各所属先で大暴れしちゃって下さい。

↓は2006年11月21日に国立で行われた日中韓サッカーU-21代表交流戦の中のU-21韓国代表戦の事前発表メンバー。反町がこの世代を受け持って初めての国内試合だった。

■GK 松井謙弥
   西川周作
■DF 一柳夢吾
   千葉和彦
   伊野波雅彦
   水本裕貴
   細貝萌
   青山直晃
   福元洋平
■MF 本田拓也
   増田誓志
   谷口博之
   中村北斗
   水野晃樹
   梶山陽平
   青山敏弘
   家長昭博
   本田圭佑
   枝村匠馬
   乾貴士
■FW 平山相太
   カレンロバート
   苔口卓也
※青地は北京行きの選手。

この試合は国立で見たけれど、ミスは多いけれど勢いがあって韓国より洗練されていてとても将来が楽しみに思えた。それこそ”男前”と言われていた初期反町新潟のように、何かやってくれそうな雰囲気があった。

で今はなんか”男前”と言われなくなった晩年反町新潟のようなんだけどな。
まぁそれでも29日のメッシ&リケルメ戦の国立には見送りに行って来る。
posted by 愛し恋し青赤 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17018514
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック