2008年07月14日

今さら浦和戦が悔やまれる@TVの中の鹿島戦

同点の後のカウンター合戦時にアサリをエメに替えて入れていたら・・・。

屈強なCBがいない東京のDFラインは、前線からの守備があるからこそ成り立っている。
あの間延びした場面でカウンター喰らうとDFラインの個人の能力に頼らなければならない。
だからアサリを入れて東京のボール奪取ポイントである今ちゃんを一つ前に(満男対策)、
梶山も少し前に出してマルキや本山が下がって来れない位置で君臨できれば、
相手カウンターの起点も潰せるてさらに両SBももう少し張れる。
「ベンチでアサリが用意している」というレポートを聞いて、よしよしと唸ったんだが。

結局長い距離を走ってゴールした本山の執念の勝ち越し弾とオリヴェイラの采配の上手さで決まってしまったし、ダークなプレーを鹿島がしなかった事で上位と中位以下のチーム力の差を如実に感じた。

とはいっても水曜日にはガンバとの闘いがある。
向こうは中3日で土曜日気持ちよく川崎に勝利している。
こっちは中2日で中断開け未勝利更新中。
多分修正なんてやっている時間はないだろうから、とにかえ切替えて次だ!

水曜日はスタンドもルーカスにブーイングなんてしてる場合じゃない。
なにがなんでも勝ち点3を獲らないと、この先負傷者達の戻って来るタイミングによっては転げ落ちて行くから。(逆に快進撃もあるかも)

で、モヤの中のカシスタではどうしてカラーボール使わないの???
いつぞやのJ2では使っていたような記憶が。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16924365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック