2008年03月28日

このままで人を幸せにできるのか岡田Japanとか、東京的にU-23親善試合とか

[バーレン戦]
昨夜のバーレン戦の前日の監督会見の様子をテレ朝は試合前に流していた。
試合を見ていて、なにかタイムスリップして随分懐かしい試合を見ているような錯覚を覚えた。
「人を幸せにするサッカーをしたい」は澤登の質問に応えた回答だったと思うが、
結果を度外視してもあの試合を見ていた日本人で、幸せになった人いや正確には幸せになれそうになった人はいるのだろうか?
ワールドカップに出場する事が最大の目標であった時代はもう既に過ぎている。
今や本戦に行ってどれだけの結果を残せるか、どれだけ世界中の人々の琴線に触れるものを表現できるかが目標になっているのではないか。
そういった意味でも勝敗も大事だが、同等もしくはそれ以上に内容が大事だ。
あの試合を見ていてベンチに熊さんや大木さんがいる事の意味がさっぱり分からなかったし、
Away選手より気候やピッチに慣れているHome選手達のほうが多く足をつっているという状況も不思議だった。
止むを得ない事情で監督が交代した時から、その内容は低下の一方だ。
次ぎ負けたら終わりという状況を考慮すれば、次戦まで約3ヶ月あるこのタイミングで劇薬を使うべきではないだろうか?


[アンゴラ戦]
昨夜の試合を見た後だからか、とても面白く見れた。(でも二日続けて3-5-2とは・・・)
アンゴラは前のワールドカップで見ていて初出場なのに溌剌とプレイをしていたとてもいいチームだった事を、
あの監督の顔を見て思い出した。
東京的には長友祭りなわけで、手で出して欲しいところを指示しながらオーバーラップする彼の姿に萌えたし、
つくづくこいつはスッゲーやと思ったりもした。
その一方で失点直後無言でセンター方面に歩いて戻るキャプテンCB鹿男の姿が気にかかった。
マークを破られた森重やGK西川に「ドンマイ」とか、ボランチに「しっかりマーク」とか、
チーム全員に「切替え」とか声をかけるのが普通だと思うのだが、
こう感じるのもやはり東京的なんだろうか?
posted by 愛し恋し青赤 at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13224373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック