2008年02月27日

鋭意?作成中

先々週、メインのオーディオ・アンプがいかれた。音がスカスカになってしまった。
2、3日すると以前ほどではないが元に戻った。きっとたくさんあるコンデンサーの一つが死にかけているのだろう。

Macで音楽等を聞くのに10年以上前に購入したDIATONEのアンプ内蔵スピーカーを使っていた。
3年くらい前にスピーカー・ユニットが壊れたので、穴開けと配線だけの簡単改造で外付け自作スピーカーに接続して使っている。↓これ。


さすがにみすぼらしいし、リビングで使用しているメインのアンプもコンデンサーが死にかけているようで、
時々スカスカした音を出すようになったので、次期メインの入れ替えも視野に入れて "安い" "いい音" "手軽" なアンプを物色した。

候補1
鎌ベイアンプ
値段は6000円〜7000円程度のデジタルアンプ。中音に霞むらしい、要改造。

候補2
RSDA202
ネット評判では鎌ベイアンプより音質はいい。実際にアキバで聞いたけどキレイでしかも聞き疲れしない。しかしACアダプタの価格を合算すると14000円くらい。メイン向きじゃないスピーカーコネクター。

候補3
6BM8真空管ステレオパワーアンプ [TU-870]
手作り真空管アンプの入門機の決定版。でも今月で販売終了。今後搭載可能な真空管の需要も含めてかなり不安。デザイン的にもメインにはなりえない。

候補4
KA-09SE [6AU8Aシングルステレオパーツセット]
昨年11月から販売開始した初心者向け真空管キット。0.9W x 2の出力がどうだろう?。でも春日さんでは箪笥みたいなタノイをドライブさせていたから大丈夫かな。

というわけでアキバを歩き回り先週の土曜日に春日さんでKA-09SE [6AU8Aシングルステレオパーツセット]を購入。



まだ配線の段階。さっき左の赤い線をこいつにかじられました。
どうにか今週中には仕上げたい。
posted by 愛し恋し青赤 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) |  自作アンプ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11506009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック