2009年05月02日

ワンダーランド等々力@クラシコ前隠密行動

4月29日は大崎夜の部参戦の前、等々力へ隠密行動に行って来た。
等々力+好天+昼間なのでもちろん自転車。


丸子橋からの眺め。なんかやってる。

等々力競技場前の広場。


あれ?今日って神戸戦それとも山形戦?


縛られて知らない奴に乳触られてのほとんどセクハラ状態。


偽装牛。


最近話題な奴らは寝てます。


小学校の時に屋台で買ったピヨコちゃんを思い出した。いない時に妹の幼馴染の手から落ちて・・・。


何故か『横濱』。2日連続カレーだったからスルー。


島んちゅう系はどこでも人気。川崎には沖縄出身者が多いと以前聞いたことがある。


サッカー開催時のブラジル料理は定番過ぎると最近思うが、"川崎在住のブラジウ人"がミソ。


『とんとこ飴』、川崎大師名物だそうで。


今回一番食べたかった川崎にある相撲部屋のちゃんこだったが時すでに遅し。


『川崎劇場』って川崎球場の事じゃなかったっけ?

広場だけ見てたらとてもサッカーの試合とは思えない。


メインとゴール裏〜バックを結ぶ『ふれあい小道』の入り口。ちょっとワクテカで通過してみる。


『ふれあい小道』の全貌。要は機械室通り抜けって事。


神社のご本尊は"感謝状"だった。その右隣、連休は連勝していただいて結構ですが。


爆心地は整理整頓は難しい。

試合前、フロンタとフロンマとフーランは合体して無用な席取りするワルンタをやっつけるというアニメをやっていた。フロンタ達は合体ロボだとはじめて分かった。


ちなみにワルンタは会員ではないらしい。てことは会員は席取りしないし合体ロボの攻撃を受けない。→みんな会員になろうという遠回りな営業か?


気持ちいいぐらい良く入った川崎側。


この時期の昼間開催はピッチも選手もスタンドもキラキラ輝いてとてもいい。


京都からおこしやすな人達。声は出てたで。

ハーフタイムの大半を使ってエアーツアーのビデオ告知。
調布飛行場から味スタまでは選手バスに乗れるとか。
あのツアーを東京サポでジャックしたらどうなんだろうか?
それはそれで面白いかも。

ところで18500円x約17名が最大の収入になるはず、
現地ロケもありのビデオの制作費って絶対ペイできてない気がするんだが。
ネタの為には苦労を惜しまずな姿勢は東京も見習ってほしいな。
つか定員17名"くらい"の飛行機、飛行機の定員ってそんなアバウトでいいのか?


開始3分で矢島の秘技で京都GK水谷を病院送りにした時点で勝負あったり。この時万博にいる近所のK村さんに「荒れそう」とメールしたが、似たような展開に。
水本に何度も注意されながらプレーするも直後にジュニーニョにパスして1失点目を影ながら演出する角田はさすがにハーフタイムに交代させられ、前線の蓋になっていた豊田も後半途中に交代。
京都は負傷GKとダメダメな角田・豊田の交代だけでカードを使い果たし、手詰まり感たっぷり。
一方川崎はACLで疲れがあるFW陣を慣らしで全員使えたくらい余裕たっぷり。
テセが出て来た時は練習試合かって思った。


4-1で敗戦した京都サポの心象か?


競技場隣の競技場より大きな釣池。うるさい試合中にはたして釣れたんだろうか?

帰路10番ユニとか14番ユニを多摩川土手でぶち抜いたけれど、丸子橋渡って川崎から帰る青黒ユニの多さはどうなんだろう。


トッピング自由なのに殆どトッピングがなかったホットドッグ一つしか等々力では結局食べられず、中延の中延さんで栄養補給。


Água De Beber
posted by 愛し恋し青赤 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2009年05月03日

味スタに来なかった連中ザマーミロ!@大宮戦

仕事とかどうしても外せない用事じゃなくて、
どうも勝てそうにないとか、
全然ムービングしてないとか、
東京って弱いじゃんとか、
中の下同士の対戦だからとか、
ETC1000円だからとか、
そんな理由で味スタ来なかった連中、ザマーミロ。

ハットトリックって選手にとっても一生のうちそう何度もあるものじゃないし、
見るほうにとっても生で見れる事ってもそう何度もある事じゃない。
そんな貴重なそれもあの石川のハットトリックを見逃したんだから、ザマーミロ。

肌寒くて10800円のTOKYO1999ウィンドジャケット買っちゃったけど、ザマーミロ。
等々力の川崎x京都に続いて2試合連続で主審鍋島だったけど、ザマーミロ。
2得点目までのパス回しなんて面白いんだから、ザマーミロ。
浜野さんの眼鏡姿って・・・、ザマーミロ。
内田の直接FKはそこしかないのにだけど、ザマーミロ。
喉がかれてハーフタイムに水がぶ飲みしたけど、ザマーミロ。
ブルーノのCBってやっぱり微妙だけど、ザマーミロ。
アサリの大根役者っぷりには笑ったけど、ザマーミロ。
終了のホイッスル鳴った時にイスに倒れ込んだけど、ザマーミロ。
「この試合を3-2にしてちゃ上は狙えない」と監督言っちゃったけど、ザマーミロ。
たまには楽に勝つ試合見たいけど、ザマーミロ。

悔しかったら5/9の京都戦、自転車で味スタにきやがれ、ザマーミロ。

安っぽいGIFアニメ作ってみた。
posted by 愛し恋し青赤 at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京な事

2009年05月04日

スローバラード

たまたま町田の今野さんとこのケルビム系のブログを徘徊していたら、
彼が鹿児島まで走破した時のピンクの自転車の現在の様子が分かる写真を見つけた。
今は譲られた方が元気に乗っているとの事。
その後彼が購入?したバカ高いキャノンデールはどうしているんだろうと、
地味変を覗いていたのがまさに前夜の真夜中だった。

標題の『スローバラード』が収録されていたアルバム『シングル・マン』は一度廃盤の憂き目にあった事がある。
「こんなすばらしい曲が収録されているアルバムが聞けないなんて、再販制度に守られている音楽業界にあってはならない事」渋谷陽一はオレのトランジスタラジオの中で叫んでいた。
「シングル・マン再発実行委員会」に手紙を出したかどうか記憶にないが、
中学時代に、併設されていた高校の文化祭にギャラ30万円?でやって来た古井戸を隠れ見た自分としては、なぜか人ごととは思えず毎日RCを聞いていた時期があったと記憶している。

当時のRCの一番お気に入りは『甲州街道はもう秋なのさ』だった。
あれからはや30年経っている現在、月に数回その甲州街道沿いのスタジアムに通っている自分がいる。

タマサイの茶屋も最近はあまり営業していないようですが、
あのおいしいおでんをまた食べに行こうかと思います。
いろいろありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。
posted by 愛し恋し青赤 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2009年05月05日

招集がかかったので@東京国際ユース

東京から招集令状が出たので、西が丘の流経x東海をスルーして駒沢へ。
ダービーの告知だけでなくその後の試合も掲載されているので、こっちも見とけよのお告げだと解釈する。

腹が減っては・・・なので、



ひよこ豆のファルフェルサンド。初めて食べたけどこれ好き。




モツ煮。ウマー。




随分青赤な人達が来ていたが、自分を含めてGWに大きな予定がないって人達多し。どこに行楽しても人多いし金使うし不景気だし。

試合前のペナント交換でペナント持ってこない緑ってなに?
そこまで財政状況悪いのか?
ピッチから声が出てこない静かな試合、父兄のヤジが目立った。
高木家三男は体格がリトル・フッキだったが。




あの金どうなったん?を思い出させるユニとソウル選抜の試合。
ソウル・ボーイズが決して下手なわけじゃないけれど、
Futebolの国からやって来た名門の子達の敵ではなかった。
ソウルとの力量さもあるが、ブラジウのSBは守備的ではないってよくわかった。そしてその為には強くセンスのあるボランチが2枚必要だってことも。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

雑、雑、雑@広島戦

守備もパスもクロスも。

明日は移動日だから実質中2日で京都戦がやってくる。
修正なんてほとんど出来ないから、せめて気持ち一つにして臨んでほしい。

大崎では1画面だけ清水x千葉をやっていたが、あちらは活気があって羨ましかった。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京な事

2009年05月06日

自転車のホイールを新調してみた

今回廃棄処分となったホイールはこれ。



2000年に購入したFondriest MegaluについていたイタリアFIRのNET 97リムとアルテグラハブ。
ステッカーに「Made in ITALY」とあるけど、きっとステッカーだけ「Made in ITALY」で、
Fondriest Megaluのフレームと同様にリムは台湾製ではないだろうか?
とにかく重くて登らない回らないけど頑丈で速度維持はそれなりに良かった。
いわゆる街乗りなリムだった。

5年前にヤフオクで手に入れたホイール。



今は無きMAVIC MA3リムにシマノの廉価ハブに星のスポークというショップ手組みホイール。
上のFIRより軽いわ、登るわ、乗り心地良いわ、でも柔過ぎだろな印象。

でこちらが新調した今流行のメーカー完組みホイール。



シマノの超廉価版ホイール、シマノR-500。シマノが完組みホイール出して数世代たったので、どんなものか知りたくて(実は値段で)ポチットな。

トータル3時間くらい走った感想は、よく回るし直進性がいい。だけどショック吸収性とか登りとかはMAVICリムのほうが上手。平坦地で普段履きには最適だけど、坂が多いところではちょっと苦しいかも。

ところが奥さんにはすこぶる評判で、奥さん用にセッティングされたFondriest Megaluに常設となった。
FIRをバラして取り出したアルテグラのハブとMAVICのOpen Proあたりでホイールを組んでもらおうかと目論み、アルテグラハブをグリースアップしようとハブをバラしたら、中のベアリングと受けが摩耗や疲労で駄目になっていた。7000km以上走ったからしょうがないけど、かなりトホホ。

結局またMAVIC MA3に乗る事に。
まぁその前に塗装剥がれと錆が激しいフレームを新調しろってことなんだけど。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年05月09日

行きは2時間、帰りは1時間半@京都戦

なぜか下りがほとんどの往路のほうが時間がかかっている。
往路:自宅→学芸大→駒沢→ニ子玉→タマサイ→京王閣→味スタ
帰路:味スタ→京王閣→タマサイ→狛江→喜多見→成城→千歳船橋→桜新町→駒沢→学芸大→自宅
(狛江から成城まではほとんど感で走った)



ハンズも無くなってなんか凄い事になっていた二子玉。
なんでも50階建ての駅ビルが出来るとか。等々力にバツーカでも打ち込むのか?




今日告別式だったがよく通っていた茶屋。名物のおでんを食べたかったがお休み。

よく頑張ったで賞の反射ステッカーは、貰う時に思わず2年前と比べて、「ちっちゃ」って言ってしまった。
帰りにママチャリの後輪泥よけにさっそく貼っている人を見かけたけど、
なんか中学生の自転車に貼っている学校のシールみたい。

帰りに通った野川から成城に抜ける喜多見不動横の道はとんでもない激坂だった。
距離が短かったから登れたけど、クネクネ曲がったあの激坂がもうちょっと続いていたら途中で足着いていたかも。多分傾斜はジロやツールの激坂並みだと思われ。

激坂&往復の奥さんアシストで足にきたのか、近所の交差点でローディーには恥ずかしく情けない立ち転けをしてしまった。orz

エッ試合ですか?
どうしても勝ち点3欲しかった人達にはとっても不満が残る試合だろうし、
チャンス数、シュート数、京都の単発的な攻撃から見ると勝てる試合でしたね。
でも私的にはとても楽しめた試合で、監督の目指しているのってこうなのね!とちょっと思えました。だから終了後拍手で選手達を迎えましたよ。

昨年のタマシコ@味スタの今野の3点目がムービングの象徴みたいに自分的にはなっていたけど、
今年、羽生が開幕前にかなり難しいと称していた監督が狙っているムービングって、
もっとダイナミックでピッチを広く使うサッカーなんじゃないかな。
大宮戦の石川ハットの2本目の米本→ブルーノ→徳永→羽生→石川シュートみたいに、
一度下げたりサイドに出したりのレンジの長いパスを多用するムービング。
京都のチェックが甘かったという面があるけれど、かなり出来ていたと思いますよ。

個人的には去年のタマシコのような局地的な仕掛けだけで成績を残したとしても、
ダイナミックさが無くなる分東京的にはどうなんだろう?と思っていたけど、
心配なさそうでなにより。

しかしあのムービングでまた夏場もつのかな?とちょっと心配したけど、
この結果が出ていない苦しい連戦で充分動けているんだから他のチームより問題ないかも。

さらにチーム・カジヤマからチーム・ヨネモトになりつつあるよな予感がありますが、
まぁ今日の引き分けは京都GK水谷にやられたって事で。

P.S.自転車で行くとビールが飲めない!
posted by 愛し恋し青赤 at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京な事

2009年05月19日

北斗2009始まったな@鞠戦

2003年の天皇杯等々力、試合開始早々キャプテンマークをつけた北斗のレンジの長い裏へのパスから先制点を奪い、当時J2だった川崎を本気モードさせた。
平山、兵藤が代表に呼ばれ戦力的にもかなり苦しく結果5(?)-1とボコられたけれど、
長い時間の守備とたまにあるカウンター攻撃で孤軍奮闘していた北斗には、潜在能力の高さを感じ目に焼き付いた。

ちょっと遅れたお披露目ということで、もっともっと輝ける。
中村北斗2009始まったな。

P.S.
出場に関しては監督が決める事だが、それ以前に東京の10番としてシーズン通した観点からタマシコでの役割を考え行動してほしい。
それにしても10番の気持ちの中にタマシコって大きな存在になっているのが驚き。
それはそれでいい事だし、こっちももっと楽しまなきゃいけないな。

敗戦の鞠模様。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2009年05月24日

タマシコ勝てる要素

自分ではそんなに意識していなかったはずなのに、なぜか昨夜は眠れなかった。
そんな寝床で考えた勝てる要素。

・西城秀樹はYMCAの1曲だけだったけれど、

スカパラ曲だ


・西城秀樹はカラオケだったけれど、

スカパラ生演奏

さらに有志によるイルカ捕獲作戦も大成功したらしい。

さてそろそろこいつをカジリながら出発だ。
posted by 愛し恋し青赤 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2009年05月26日

勝たせない何かがある@15回目のタマシコ

川向こうの監督がいつぞや発言した試合も同じようなものだったのではないかな。

【勝てなかった要素】
1.あの主審。
彼が主審の時に勝った記憶がない。


2.ここで勝てば一気に順位上昇、負ければボトムの時。
ホントにココ一番に弱い。1枚目で1ヶ月過ごしたかったな。これって今後の動員にかなり響くと思うぞ。


3.俺の靴。
敗戦のジンクスがあった青赤のナイキを久しぶりに履いていったんだけど、やっぱりこれかな。



監督には試合終了後に抗議するのではなく、選手達が見ているのだから退場覚悟でその場で抗議してほしいぞ。
判定が覆るかどうかなんて関係なく今後の質向上のために、フロントもあの2シーンはビデオを添付して抗議文を送るべき。

次回タマシコもあの主審でお願いしますよ。
たとえ2人退場食らっても今度は絶対勝ってやる。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京な事

青赤ヘルメット

先日のEco Dayで味スタから自転車で帰って来てヘルメットを脱いだら、目の前を黒いモノがパラパラと降ってきた。
何かとヘルメットの中を見たら、ヘルメット内に装着していたパットが木っ端微塵に破れていた。
替えのパットが売ってるはずとネットを探したが、さすがに10年前の商品で既にカタログから落ちているとあって皆無だった。


今回退役した10年前の米国GIROのECLIPSEというヘルメット。
これを冠ると見た目キノコになっていたが、フィットするヘルメットの絶対量の少なさとお気に入りのITMのステム「ECLIPSE」と同じ名前だという妙な選択方法でチョイスしたはず。



こちらは改良を重ねベストセラーの奥さん用のヘルメット、イタリアSelevのALIEN。
このヘルメットは超お勧め。
日本より厳しいヨーロッパの安全規格「CE」に合格、イタリア製なのにほとんどの日本人の頭にフィットし軽量で1万前後のお手頃なお値段。さらに冠った姿がキノコにならないという神な存在。
GIRO冠った後にこれ冠ると寒いぐらい風通しがいい。(昔のGIROが悪過ぎという話もある)


で同じSELEVのMATRIXと迷ったんだが、同じメーカーじゃつまらないし、去年の製品のトップグレードとその下が在庫処分で出ているし、青赤なカラーリングもあるし、試着して問題なしという事で↓で決定。



イタリアLASのKRIPTON。
白とグレーはアクセントですから。

なんでも落車の時に地面に打ち付けやすい側頭部と後頭部を守る近年流行のインモールド製法らしい。
冠り易さはSELEVのALIENより上(8年前のメット比較しちゃかわいそかな)だし、フィッティング機能も良く出来ている。
微妙にキノコになってしまうが、日本製のOGKヘルメットを冠ってもキノコになってしまう私だからしょうがないかなと。
さすがに去年の上から2番目の商品だけあって、中のネット付きパットとか全部洗濯できるし収納袋も付いていた。
今年からISTRION(約2万円)というモデルに変わってしまいKRIPTONとしては今年で最後らしい。

本当はMETのStradivariusが名前からして良かったんだけど、試着して10年前と同じく今回も私の頭に合わなかった。

昨夜のサストレ・キターなジロを見てたら、上の全メーカーともジロで活躍しているのね、って今さらプチ感激したりして。

でもこの青赤、気軽にポタリングで冠るにはちょいとナンですな。
posted by 愛し恋し青赤 at 21:02| Comment(8) | TrackBack(0) | 自転車