2008年11月12日

勝点60への道

1ヶ月ちょっとぶりの更新です。
この1ヶ月何をしていたかというと、別に仕事が激多忙という訳ではなく、
更新画面のログインパスワードを忘れた訳でもなく、
ちょっと他の事を久しぶりに始めたらハマってしまって今に至るという感じでしょうかね。
まぁその他の事というのはオフシーズンに種明かしでも出来たらと思っていますが。

ただホームで惨敗した清水戦の後半のプレーを見てから筆が止まってしまった感もあります。
それは後半攻めたてていた時の25番の耄けたようなプレーでした。
さらにその後の伝染したかのような5の倍数の背番号をつけた選手達の同様のプレー、
惨敗した事よりあのプレーの数々が情けなくて、選手達がロッカールームに引き上げるまで目頭熱くしながら歌っていました。
今振り返れば、5連勝時の闘いは多摩クラ以外は「あれれ?勝っちゃった!」という雰囲気を醸し出していたし、
2003年の8戦負けなしの時に感じた「全く負ける気がしない」感もなかったので、
必然的に耄けたようなプレーが出てしまったのではないかと思っています。

その後の鹿島戦、ガンバ戦はもとより一発に泣いた大分戦、どっちがJ1とか言われたけど90分できっちり結果を出したぜ天皇杯にしても、
自信を持ち戦況を判断した地に足をつけた闘い方が出来ていたと見ています。
これは昨年までの終盤イケイケ東京劇場とは一味も二味も違いますね。

得失点差を考慮すると何かを掴む唯一のチャンスは勝点60しかないわけで、
勝点60を目指し、それに付随する最終的な結果など気にせず、決して驕る事なくこのまま突き進んで欲しいです。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2008年11月16日

サンタ帽被って参戦する場所は?

石川の怪我の様子が一番だけれど、きっとみんな次に気になっているのは、
サンタ帽被って参戦する場所はどこ?
って事じゃないでしょうか?

て、事で噂になっている開催地の中で確定している所を発見。
・仙台ユアテック:「天皇杯全日本サッカー選手権大会・準々決勝戦」表記あり
・神戸ユニバー:「天皇杯準々決勝戦」表記あり

他に桃太郎とか埼スタとか噂があるけれど12月分のスケジュールが公表されていない。

なんか仙台になりそな予感が。
posted by 愛し恋し青赤 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2008年11月26日

まだまだワクワクできますよ@神戸戦

試合は恵比寿で観戦。
神戸に行きたかったのだけれど、行ったら負けそな予感がしたもので。

高い位置からの守備と攻守の切換えの速さで90分始終脅威を見せていた神戸に対して、
全くいい所がなかった東京、順当にいったら完敗だったと思う。
どうにかこうにか引き分けにもちこめた事は個人的には東京強くなったなと感心している。
だってこれがシーズン序盤から中盤だったら誰もがよくやったと納得するだろう。

ガンバ、清水といった相手の長所を潰すのに長けている監督が必ず狙う、梶山にボールが入った所を、神戸も狙ってきた。まぁそれ以上に梶山のデキが悪すぎけれど。
そのターゲットの梶山がリーグ戦はもう出られない、肝心な時に耄けてしまう徳永も次節出られないとなかなかシビアな落ちもついた。

でも次節対戦する新潟の策士・鈴木監督はきっとスカウティングに苦労していると思う。
どうしても先日の天皇杯のイメージが強いだろうし、最近のリーグ戦を振り返っても梶山中心主義の東京がどうシフトを変えてくるか想像しがたいと思う。
そういった意味で城福監督の腕の見せ所が次節のホーム最終戦だと思う。
リーグ中盤で見せた日替わりメニューがここで生きて来ると思うとワクワクする。
ちなみに千葉戦はいつもの総力打ち合い戦になる可能性大なので、梶山どうのこうのとか言ってられる戦況じゃなくなると思う。

現実的に"リーグ制覇"の可能性が限りなくゼロになってしまったが、
もともと神戸に勝ったとしても最終的には他力本願の挑戦者だったわけだし、
この時期に2冠の可能性があるのって、うちと名古屋と大分だけで、それだけで凄い事なんだから、
選手も応援する人達も数試合先の結果なんか気にしないで、目の前のことを精一杯やればいいだけ。

ともかく元旦国立まで緊張感満載の試合が続くけれど、せっかくなんだから楽しまなくっちゃ。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事