2008年08月17日

足が止まったらやられるのは当たり前@浦和戦

東京には魔法使いがいないって事なんでしょうかね。
攻勢な時に取れない得点、足が止まった時の失点、
毎度おなじみでまるで水戸黄門見てる感じ。

後半に入ってプレッシングポイントが後ろに下がったのに何の手当も出来ないベンチ、無勝利街道ばく進中になにも対策できていなかったのが露呈している。

終盤のオセオセ時間帯の「さぁボール入れますよ」「はいシュートしますよ」ってな具合の見え見えの攻撃で、得点できると思ってんのかしら?
鞠戦のエメのでかすぎ???トラップとか名古屋戦の平山のある意味平山らしいタイミングとか、敵も味方も????なズレというか、良くいうとクリエイティブな一撃でなきゃ得点できないだろうに。

他はツラツラと。
・「浦和よりも東京のほうがおしゃれ」という先週のTVのコメントで、しげしげと車中の浦和人達を見てしまった。
・赤黒じゃどうやっても田舎臭いわな。
・つーかメタボな赤黒ネーチャン達がやたら目につく。
・大股開いて座って携帯いじってないでお年寄りに席譲れよ、ネーチャン。
・浦和の例のデカイゲーフラは、「生きて帰れると思うな」より随分センスが良くなったじゃない。
・そんだけまだ東京を好敵手だと思ってくれている証拠で、ありがとうさん。
・ボランチがボールを受けに来ない前半の浦和、裏ついて一発の分かりやすい攻撃。
・それでいいのかチャンピオン、と負け惜しみを言ってみるテスト。
・永井に出た遅延行為黄紙を見てキックミスした都築には笑った。
・審判交換留学生は所詮こっちから行った人達とあまり代わり映えなく・・・。

終了後東京の選手達の耳に浦和の勝利の歓喜がどう響いたのだろうか。
posted by 愛し恋し青赤 at 09:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 東京な事