2008年06月04日

清水のアイウエオのアシュケーなマリーシア@なぜかホームな松本

月曜の朝起きたら腰に鉄板が入っているみたいに固く、往復400km超え運転の疲れが翌々日に出ました。

試合のほうは決める時に決めなきゃって話なんですけどネ。
これで日曜日は「ダービーだけど消化試合」から「勝って天命を待つ大いなるダービー」に変身したわけで、
2004年と同様に緑に勝って上に行こうって感じですかね。(あちらさんはアレでしょうけれど)

アイウエオにとってのアシュケーなマリーシアに引っかかる佐原もナンですが、
見てないでプレーを止めていなかったのに佐原に2枚目黄紙を出し、線審に確認してからアイウエオに黄紙を出すジョージ、さらにリスタートの位置も間違っているし。
たぶん佐原への黄紙の前に線審に確認していたら、時間帯や状況で2人とも注意で終わっていたんじゃないかと。

最近自分より新人系が派手にやっているから、『オレを忘れるな』ばりのジョージさんには恐れ入りました。

で試合直後の東京ブラジリアン・トリオのアイウエオに対する囲みでは、
ブルーノ東京 (やたら冷静に)
      「君はどこであのマリーシアを教わったのかい」
アイウエオ  (両手を広げて)
      「えーと、その、パラナエンセやサントスなんかじゃあれがマリーシアって」
ブルーノ東京 (あご髭をなでながら)
      「僕がいたフラメンゴやクルゼイロではあれはマランダラージって言うんだ」
アイウエオ  (目線が泳いでる)「・・・」
ブルーノ東京「今度シュラスコでも食べながら、そこんとこじっくり話し合おうぜ、アミーゴ」
アイウエオ 「は、はい、そうですね」
と会話されていたのではないでしょうか?


下向くな!って挨拶かよ。


帰る時になってやっと松本らしい山々が。


混浴です、清水サポとの。
浦和戦とかダービーとかがこれから松本開催になったら入りづらいかな。


該当する方は残念です。

悔しいので帰りの高速で清水の選手バスを追い越してやりましたよ。清水のコーチ(たぶん田坂??)が睨めつけていたとか。(同乗者談)
posted by 愛し恋し青赤 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2008年06月05日

代表監督人事2つ

オマーン戦をつらつら振り返っていたら、あの監督が解任された。
日本戦での敗戦が原因らしいと記事は伝えているが、ちょっと遅くないかい?きっとオマーン大人の事情が働いたのだろう。

同じ監督ネタでちょっとビックリしたのが、エリクソンのメヒコ監督就任
あのサーがメヒコというのはかなり意外だったが、
1部リーグ18クラブのオーナーによる理事会投票
というメヒコの代表監督選出方法に一番ビックリした。
もちろんメヒコの事だからいろんなモノが右往左往したと思うが、どっかのブラックボックスな選出方法よりは随分マシだと思う。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2008年06月13日

国立の後にも個人的騒動@ダービー2008vol.3

国立での最初の騒動の後、近所でささやかな祝杯を奥さんとあげていたら、
隣の席に座る祭り終わりの伊達な装いのオッさんが、
店主の深々と頭を下げて言った嗜めに対して不作法な事をしていたので、
ちょっと口論になってしまった。
ヤダね、ああいうの。さっきまで神様背負ってたのに無粋で。
ハッピが泣くぜ。

で国立。今回は外苑前から進軍。


芝と土壌の入れ替え中の秩父宮。ちゃんと看板まである。芝があるスタジアムは芝に対して神経質であるべきでしょう>東スタ。

とそのお隣にこんなとこが。
時間がなかったので入り口付近のモノだけ見させてもらった。

デザイン的にはイタ車に近いけれど、スズキの車らしい。
(スズキは欧州でフィアットにOEM出してるからその影響があるのかな)


どうみてもわざと間違えているとしか思えない産業ロボット。

他にも笑顔だけに反応する画面とかいろいろあって面白そうだったけど時間がないのでまたこんど。
撮影許可を受付嬢にもらったのだが、これから国立なんですぐオイトマしますと言ったら、
「アッ今日試合なんですね、頑張ってください」って、東京系の方なのか???


国立Away側の時には必ず12番ゲートからスタンドに。この儀式は勝率高し。


年チケ所有者が約700人って聞いてたけど、その数字を裏付けるスタンドの様。大分県人会のほうが多いんじゃなかろか。

で、試合。
梶山&青野の先発メンバーを見て城福さんは大胆なカケにでたなと。
案の定1失点目は二人の上がったスペースに廣山が走り込んで、いや走り込んだ廣山を誉めるべきで。
なので前半は始終そこばっかり気になって気になって。
でも後半アサリやジョーをピッチに送り込んで修正するのかと思いきや、梶山への指示だけで修正した城福さんにはアッパレ。
さらにその修正に見事に応えた梶山はさらに一段登ったんじゃないだろうか。

2失点目のフッキのFKは凄かった。
観戦場所が前から5列目のベロ旗の隣で荻の目線に近かったが、壁超えるまでボール見えなかったもの。

でも結局、順延順延で延期され続けていた平山祭りが開催された。
去年の5人抜きといい、こりゃ「国立+Away側+平山=祭り」だな。


祭りに沸くベロ旗付近。

更新サボってしまったんで今日は長くしてみました。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2008年06月18日

人生初のSLとサテキンと@韮崎

日曜日は韮崎へ行ってきました。

まずは何はともあれちょっと早いお昼を。
前回の松本遠征で狙っていたけど時間の関係で食べられなかった双葉SAのインドカレーを。
インドカレーは上りSAにあるのですが、下り側の裏手から歩いていけます。

上りSAへの階段に咲くトイレの臭いのラベンダー。

目の前でナンを焼いてくれます。日本の高速道路のSAで唯一の本格的インドカレーだそうです。

今回注文したのはシュリンプカレーとビーフカレーのコンビ。これで800円は安い。
お勧めは奥さんが食べてたキーマカレーですかね。
焼きたてのナンはモチモチとしてなかなかのものです。

道順を自宅でGoogleマップ等で予習していったのですが、見事に迷ってしまいました。
次回??の為にメモとして、韮崎ICから韮崎方面を道なりに行ってトンネル出たところの道を左折して山を登りきったすぐに左手にあります。
ここが韮崎中央公園陸上競技場。奥に見えるは南アルプスの山々。
到着した時間にはクリや小山が気持ち良さそうに日光浴していました。
ちなみこの時車の温度計は28度を表示、風がなかったらかなりシンドイ観戦になりそうでした。

バクスタ、ゴール裏とも芝生席(そもそもあれがバクスタか?)、
夜間照明の設備や売店は一切ありません。自販機はありましたがコンビニも近所になかったような。

しばらくスタンドでマタリーとしてたら、
バクスタの先のほうから「ポッー」という音となにやら動いているものが見えるではありませんか。
試合まで時間があったのでフラフラと音のするほうへ。

おじいちゃん達が作ったのでしょうか?

小さくてもれっきとしたSL、ちゃんと石炭(豆炭ですけど)が燃料です。

1回100円で大人も乗車できるとの事、そりゃ乗るでしょう。乗車時間は2〜3分。

沿線には豹がいます。

トナカイもいます。

そしてナガトーモ。

本物も展示してあります。大田区や世田谷区にあるSLはなんかもうなんですが、ここのはキレイに磨かれています。あのおじいちゃん達のお仕事でしょうか。

さて芝生に寝転がりながら見ていたゆるーい試合の感想です。

・センタリングをミスするたびに「ありゃー」とか「ゲー」とか言っていた甲府の左SB。
・森村の唐突なスルーに「エ"ー」って叫びながらボールを追いかける椋原。
・祐介のグランダーにいつもだったらふかすノブオさんの1点目。
・祐介の鋭い振りのゴールの時、奥さんは蟻退治中。
・元会長のスーベルなOGに比べたら椋原のはまだまだ。
・CBを普通にこなして攻め上がる小山。
・つーか小山背延びた?
・走る走るキャプテンノブオさん、やっぱり大事な人。
・気が利いた所にいつもいる下田。
・若手中心メンバーだと貫禄さえ感じるクリ。
・ガミ,スズケン、森村もっとガンガレ。

サテに限りなく近い練習試合だからスカウティングとかないので、
選手達のムービングーな共通意識を垣間見ることが出来ました。
甲府も中盤からプレスをかけてくるけれど、若いブラジル人2人との連動がとれていないのでプレスの実行力が弱く、最初から東京は好きなようにボールを回していました。
(後半は半ばまで毎度のお疲れさんモードでしたが)
3−4というスコア以上に甲府との実力差、連携の完成度の差がありました。

そしてこの日の祐介は今までの強引な突破だけのサテキンとは違い、
周りを使う動きも周りに使われる動きもこなし、
これって祐介の為の試合?と勘違いするほど素晴らしいものでした。
今年は「サテではすっごいんだけど、本番ではね・・」とか言われないでしょう、きっと。

ここから見える富士山は山梨県下一だそうです。肉眼ではこの方向に見えたんですが。

帰りは大月から高井戸までの大渋滞にハマりました。
こんな時は焦ってもしょうがないので、
今年欠席した日本平で食べられなかった「富士宮焼きそば」を談合坂SAで。

16時15分に競技場を後にして帰宅したのが21時30分、
これってソウルより遠かった事になるのでは。
posted by 愛し恋し青赤 at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2008年06月22日

3の倍数@日立台

たとえ練習試合を含んでいるとしても、プロ同士の試合で3週連続でハットトリック見れたなんて、なんて幸運なんだ!

公式戦1週間前のトップチーム同士の練習試合なので多くのファンの中に潜んでいるだろう浦和や千葉の隠密対策で、
ノブリンはフランサを隠し、JFKは石川、大竹、徳永を隠した。(東京の3人は試合前の練習はしっかりやってた)
柏もフランサが出場していたら、左右からの突破だけでなく前線でのタメができたはずなので、もっと拮抗した展開になったと思う。


試合開始。覚悟していた雨も東京に戻るまで降らなかったけど、結構蒸し暑かった。半ズボンで正解。

ところでカボレのハットの1点目が、公式トーチューではカボレとエメのダブルワンツーで得点したとあったが、実際はその前から梶山?が起点になって7〜8本くらいのパスワークや平山のカボレのスペースを作る為の動きから生まれたゴール。
柏はワンタッチで回るパスワークについていけずボールウォッチャーになっていた。
まさにクラシコの時の今ちゃんの得点を彷彿とさせるラブリーなゴール。

・スタッフも気にしていたモニの左足太もものテーピング
・長友のスタンド登場に振り返って探す観客。
・周りのライトな柏の人達は芸能人を捜す目つきで長友探し。
・そんな事より石井さんまで合宿に行ってた事にビックリ。
・「蹴ったら動け」とピラ山君に注意した城福さんの声はしゃがれていた。
・その声聞いて前列の柏の女性が「あの人、誰?」って連れの男性に。
・男性が答えられないんで代わりに、「城福さん今日も声がしゃがれてるよ」と女性に聞こえるように。
・そしたら前の女性は小さくボソボソと「エッ、監督なんだ」と。
・でうちの奥さんが「たしかにジャージ姿だとね・・・」
・佐原の「ノー・ファール」と青野の「ミギ、ミギ、ウシロ」のコーチングには笑ってしまう。
・「ソウタ、真ん中」「ソウタ,下がれ」「ソウタ、前」、シオのコーチングに通りに動くシオのピラ山君。
・しまいには「ソウタ,シュートで終われ!」のでかい声に鋭いシュートを放つピラ山君。
・お前はシオの操り人形か!いや素直なだけです。
・やる事ないからコーチング全快のシオに対して、「あのキーパー、ちょっとうるさ過ぎよ」と後ろのおばさん。
・「あの、コーチングも練習なんですけど」と言えない小心者のオレ。
・つーか柏が失点し始めたら、「今度のPTAがどうのこうの」、「近所の誰それがどうのこうの」とか大きな声で話しはじめた後ろのおばさん。
・柏は後半メンバー総取っ替えでキタジをCFに、これでかなり良くなった。もしかしたらこっちのほうが今の柏に近いかも。

レイソルロードを歩いて戻って来ると必ず目にするカレーハウス「印度」でお昼を。

ホントはこの右手先にあるホワイト餃子を目指したんだけど、行列見て今回も断念。


注文したのはパキスタン風コルマカリー。タマネギが効いてて美味。トッピングの当店自慢コロッケもその場で揚げてくれたからホクホク。

こちらも3の倍数になっていた。



カーネル3ダース
posted by 愛し恋し青赤 at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2008年06月23日

苦笑@バーレーン戦

今朝やたら早く起きてしまって、TVつけたらちょうどイタリアvsスペインの延長戦が始まったばかり。
もう90分闘い続けてきているのに、パワープレーに頼る事なく、自分たちのスタイルを貫き通していた。
負けたら終わりの舞台で、疲労も絶頂という時間帯で、たとえミスしようとも、ピッチの22人は自分たちのスタイルにとことんこだわった。

前の晩雨の埼スタで指揮をとった”僕らの代表”の監督は、
明日からEUROに行くらしいが、何を感じてくるのだろうか?

「岡田ジャパンはジーコジャパンより弱い」
私には反論できない。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2008年06月29日

3週連続カレーを食べてJ1をザッピングしてみた

明日は残念ながら雨らしい。
自由席チケット売り切れなのに、TOMOSの招待系がかなり来ないんじゃないかとちょっと心配。

そんな心配をしながら所用を午前中に済ませて、14:00にはTVの前にスタンバイ。

14:00 大宮 2-0 東京V
  順位の差がそのまま出てた感じかな。
  デニスマルケス、吉原、藤本の連携があってきた。
  台風の目になりそうな予感。

15:00 清水 2-1 京都
  ↑と↓のつなぎで軽く見ただけ。田原のアレは決めないと。
  つーかまっすう左SBって。戸田が出ていた事にさっき気がついた。

16:00 新潟 2-1 川崎F
  我那覇のPKを止めた段階で試合が決まった感じ。
  勝った新潟が決して良かったわけじゃない。

19:00 柏 2-1 浦和
  「悲壮感漂わせながらサッカーはやるもんじゃない」by解説の田中光司さん。
  先週フランサ隠ししたノブリンの采配が気になっていたんだけれど、アッパレでした。
  やっぱり見に行けば良かった。

19:00 横浜FM 0-1 磐田
  ↑が面白すぎて・・・。

19:00 名古屋 0-4 鹿島
  同上

さて我が東京は明日勝つと2位。まあ順位なんて気にしないで目の前の事に集中すればいいだけ。
千葉との対戦はなんだかんだと乱打戦になるよな予感。



写真は本日の昼食、戸越公園商店街にある「桐島屋」さんのポークカレーとスパゲティサラダ(通称スパサラ)。
久しぶりに行ったら、諸般の事情によりお値段が少し上がってた。
ポークカレー 500円→580円 でもお味は変らずのGood。
さらに壁掛け時計がアメフットのものから何故かマンUのものに。

6月29日(日)対ジェフユナイテッド千葉戦にて、「FC東京ケータリングカー 〜青赤屋〜」での販売のお手伝いを、長友佑都選手がいたしますのでお知らせいたします。
バナナも売ったりして。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2008年06月30日

自由完売なのに3万切るって@千葉プール戦

1ヶ月ぶりだし、内容も濃厚だったしでやたら疲れた。
さらに目覚ましもかけていないのにEURO決勝キックオフ時間になぜか起きて最後まで見てしまったので、眠くて眠くて。

いろいろあったけど、素人目に疑問なところ。
芝が水を含んでいる時にバウンドしたボールは含んでいない状態より大きく跳ね上がるものなの?
水溜まりだったらほとんど跳ねないのは分かっているんだけど。

普通に考えれば、芝の葉に水滴がつくから葉はしなだれるはず。
しなだれれば弾力が削がれるからボールを跳ね上げる力は削がれると思うんだけど。

佐原の例のシーンを生で見た時に、なにあのバウンド?って思ったけど、録画で見直してもやっぱり不自然な高さまで跳ね上がっていた。
味スタの固い粘土状の土壌が影響しているのか。
まぁ佐原が味スタのピッチに慣れていなかったという事に尽きるのかな。
つーか慣れている選手なんていないだろうし、そんなものに慣れてもらってもアレだけど。
(千葉にとっては土曜日も味スタだからアレはいい武器になるはず。)

あとスカパーの試合後の城福監督インタビューbyヒロミによると、
佐原の治療の状況はピッチを挟んだベンチ側から分からなかったらしく、
あんなに時間がかかるとは思わなかったそうな。
長友の時もあったから、ここら辺のコミュニケーション方法はきっと改善してくれるでしょう。

「逆にやってやろうぜ」と選手達が声を上げたらしいし、それに応えるような攻撃的采配、
再開第1戦目で一つになれたのは大きいと思う。
ついでに、踊ってしまうような順位にいるより、
虎視眈々と上を狙う場所にいたほうが雑音が少なくて済むし、
これから始まる上位対決がめちゃ面白くなると思ってみるテスト。

接客営業中の廣長と長友。


前後の母子達の見事なブロックで握手さえも・・・、あの子達が将来SOCIOになってくれればオジさんの悔しさなんて。

千葉プールって最初聞いて、船橋ヘルスセンターにあったでっかい海水のプールを連想したのはナイショ。もちろん溺れた事も。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事