2007年10月02日

「典型的な日本の試合」??@フクアリ

フクアリではG裏のほぼ真ん中の前から2列目で見ていた。
なので前半はフジのポジションのほとんど真後ろ。
試合が始まってフジの調子が良くない事がすぐに分かった。
やはり怪我の影響だろうか。
フジだけではなくほとんどの選手が体が重そうだったが、ただ一人キレキレな奴がいた。
それは石川。一人でドンドン仕掛けていく。
仕掛けていくのはいいのだが、周りのフォローがない(出来ない)ので、千葉はそこに激しくプレスしてボールを奪取する。
奪取した千葉は中盤を省略して、逆サイドでフリーの水野、または石川のフォローに入ろうと中途半端な位置に上がっているトクの裏を山岸につかせる。前半はこの繰り返しだった。

2失点後ピッチ中央で今ちゃんと石川がかなりの剣幕で言い合いをしていた。
今ちゃんのジェスチャーから想像するに、石川のポジションについてではないだろうか。
「監督からはあまり中には入らないようにと言われていたが、(中略)僕がただサイドに張り付いていても孤立してしまうので、中に入ったけれど、そこでミスが出てしまった」J's Goal 試合後の石川のコメントより。

外で張っている事は約束事だったのに何故孤立したのか?
それはやっぱり福西のアリバイ守備。
相手は蹴ってくると分かっているから、石川が失ったところを襲わない。
見かねてクリが水野を見捨てて詰めに行ったり、
今ちゃんが詰めてから猛ダッシュでDFラインに戻ったりと周りの負担が増えた。

後半東京は後ろからサイドに蹴ってそこから中という中盤を省略して反撃に出た。これは前半千葉がやっていた事。中盤の省略によって運動範囲が狭くなったおかげで、前半動きの少なかったルーコン、赤嶺、福西の動きが活性化した。
せっかく切れていた石川を交代するのは?と思ったが、
リチェを見せ玉にして千葉に相性のいいノリオでガンガンいくという事かと一人合点したのだが、
フィニッシュが出来ないリチェの一極集中的攻めになってしまった。
また千葉がリチェ対策で池田を入れた事で千葉側に妙な守備意識が芽生えた事も要因のような気がする。
(池田にはPKももらったし)

東京の2得点がどちらも崩しての得点でなかった事を考慮すると、結果は順当に思う。

しかし勝敗よりも考えさせられた事がある。
それは時間がまだたっぷりあるのに東京の反撃の火を消す事ばかりに始終してカウンターで攻めない千葉。(ロスタイムで1回位しかないし、前がかりの東京はへたしたらあと1、2点失っていたと思う)
それはFW青木が入っても巻が両コーナーでボールキープをするのを見てオマルの指示だと分かった。
実は午前中に昨年のフクアリのVTRを見て、オマルの「典型的な日本の試合」という言葉が気になっていたのだが、残り約20分の千葉ベンチの指示はその「典型的な日本の試合」にさせない為の方策だったのか。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2007年10月03日

セレソンがNikeを着ていられるのは鬼塚さんのおかげ

先月末、鬼塚喜八郎・アシックス会長が死去した。

詳細はこちらで。(これを読むと当時のNikeという会社は・・・)

現在、東京でアシックスを愛用しているのは青に赤のライン(イン側だけ)の憂太だけだが、
東京オリンピック等日本の歴史的スポーツシーンの中に必ずと言っていい程アシックス Onitsuka Tiger はあった。
メキシコオリンピックの釜本さんもOnitsuka Tigerだったのでは、覚えていないけれど。
カリオカも日本リーグ時代から黒に黄色のラインのOnitsuka Tigerだったよな。

現在の世界のフットボーラーにアシックスを広めたのはベロンだろう。
2002年仙台で予選リーグ敗退が決定して翌日帰国の途につくアルゼンチン代表。
その流れから一人だけ外れて、メモをたよりに宿舎近くのローカル線の無人駅から列車を乗り継いで神戸のアシックス研究所に向かったベロン。
ベロンがいい人という事もあるのだが、よれよりなにより、アシックスという会社の社風がベロンにそうさせたのかとnumberのこの記事を読んで思った。
この記事でもっと印象的だったのが、
早朝の無人駅ホームにボストンバック一つを手に提げて立つベロンとおしゃべりに余念がない女子学生達が映っていた写真。

体育会系だった中学・高校時代、私にとってOnitsuka Tigerは高嶺の花だったけれど、
通販生活に掲載されているウォーキングシューズが最近気になっている。

ご冥福をお祈り致します。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年10月04日

チャーリーのチョコレート

昼休みにネットを徘徊していたら、とあるブログでチャーリーのチョコレートが売っているという情報をキャッチ。
帰りに元ソニプラに直行。


さすがにここまでの人気はなかった。


525円、ネタとしてはOKでしょう。


中身はチャーリーの帽子が型取ってある。
味は非常に甘い。これ一つ食べただけで虫歯になりそう。


残念ながら彼のように金の招待チケットを手にする事が出来なかった。
ここまでやるんだったら入れてくれよ!
posted by 愛し恋し青赤 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年10月07日

オシム爺が来てたけど鬼門連勝@鞠戦

奥さんが朝食作りながら鼻歌でユルネバ歌ってます。
それぐらい気持ちいい朝を迎えてますが、いかがお過ごしでしょうか。

まぁ前半の何度かあった崩しで1点決めてればもっと楽だったんでしょうが、
そこは東京、やっぱり鬼門をホームに戻す為には、逆転勝利じゃないと楽しさと効果が出ないんで。

平山の鬼キープの相手がボケ茄子ってのが、何かの因果を感じてしまいます。

というわけでフードコート第2弾。

スタジアムといえばホットドック。(アメリカ的ですが)
ハーブ?が入っているソーセージの旨さは、笠松のクルクルソーセージを超えてます。


思わず買ってしまった"東京萌え"。今年の宮崎キャンプがネタ元でしょうか???


元旦の国立に備えて。
posted by 愛し恋し青赤 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2007年10月09日

Every breath you take

昨夜NHK教育TVの「3か月トピック英会話」を見た。
この番組は70〜80年代の洋楽を題材に英語を学ぼうというもの。
昨晩は「切ない想い」と題して課題曲にThe Policeの『Every breath you take』を使っていた。
番組では熱烈なラブ・ソングとして扱っていたけれど、
1983年発表のこの曲は本来ジョージ・オーウェルの小説『1984』に触発されて作られたものだった。
管理社会の管理する目が”見つめていたい”なのだ。
たしかメンバーも日本でこの曲がラブ・ソングとして扱われていた事に不思議がるコメントも出していたはず。
クリップが全編モノクロで”I've watching you”の後のスティングの射るような目つきでラブ・ソングとは異質であると感じられてもいいはずだったが。
確か翌1984年のスーパーボールの試合中のアップルのTVCMも同じ題材を扱っていた。
といってもマジに番組で説明すると英会話番組として成り立たなくなっちゃうかも。

アンディー・サマーズのギターヘッドのタバコは似合ってないね。

こちらはAppleのTVCM、当時見た事がない人は一見を。
監督はブレードランナーのサー・リドリー・スコット

posted by 愛し恋し青赤 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2007年10月11日

『元旦は国立で^^』だよね

何年か前の天皇杯のキャッチコピーに『日本には天皇杯がある』ってあったけど、
Jリーグが出来るずーっと前から国内の最高峰の大会といえば天皇杯なわけで、
日本のFAカップでありスペインの国王杯であり・・・。
そりゃ個人的には菓子杯よりもリスペクトしてるし、絶対に欲しいタイトルです。(だよね川淵)

という訳でこちらの企画に賛同する事にしました。


=====(以下転載)======

【趣旨】
奮闘中のFC東京へエールを贈る。
選手、監督、スタッフ、サポーター一丸となって元旦国立を目指すために、
その出来る限りの後押しをしていきたいというのが趣旨になります。


【内容】

選手、監督、コーチ陣に、
賛同者からのメッセージを添えたスカーフ(マフラー)を贈呈します。
※メッセージは紙にプリントアウトしたものをスカーフの包装袋に入れる予定です。

スカーフは賛同者人数分+贈呈用人数分作成いたします。
賛同者の方々にはご自身のスカーフ代+贈呈用の割り勘額の負担をお願いいたします。


【方法】
賛同者の負担額をお一人様約3000円目途で2案検討中です。
募集期限◆10月17日(水)◆までに集まった賛同者の人数でプランを決定します。
プランAの最低必要協力者69名が集まらなかった場合は中止いたします。
確定次第、賛同者の皆様へメールで連絡いたします。

=====(ここまで)======

ん〜ん、メッセージ誰あてにしようかな。山ちゃんとか多そうだな。
社長が変ってからとんと恵比寿に出没しなくなった石井さんは穴かな?
posted by 愛し恋し青赤 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2007年10月12日

週末の予定

「南武線でアドトレインが走る!」を
「南武線でアドレナリンが走る!」と読み間違えましたが、こんにちは。

明日の土曜日は西が丘へジャーン率いる湘南の最後のあがきラストスパートを見に行きたかったんだけど、義母と墓参りに湘南の地に行かなければならない。(つーかただの運転手)
なのでついでに美味しい鰻を食べてきます。(こっちがメイン)

よく日曜日は↓。

生まれも育ちも本当に”多摩川子”なムッ君がドーンと出てて、
ウホッそこまで考えた人選なのか!と唸ってしまったから、もう個人的には行かない訳にいかない状態です。(ただの偶然って話もあるが)
まああっちは、貧乏水戸ちゃんだってサテの料金とらないのに1000円も取りやがるし、戸塚並に見づらいって聞くし。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京な事

2007年10月15日

子子ラシコと子ラシコ

水戸が310(ミト)ゴール目を決めて勝利したそうですね。
ちなみに3桁の郵便番号の時代の水戸のそれも〒310でした。

今日は宣言した通り等々力に行って来ました。
オサレなみなとみらいの入場者数は1100人強だったそうで、
一方等々力は1613人だそうです。
煽りのせいもあったのでしょうが、タイトルが掛かっているアドバンテージは集客に繋がりますね。
(鞠もサハラがあったし)

子子ラシコは5−1で負けました。
まぁU10とはいえユースのチームと普通のサッカースクールのチームとの差が如実に出た感じですかね。
そんなサッカースクールチームの東京の子子達でしたが、何人か将来楽しみな選手がいた事がうれしかったですね。
試合中打ち込み系のアンセムがスピーカーから盛大に流れていましたが、
再生しているテープが延びているのか、アンセムが歪んでました。
つーか今時BGMの再生機器にカセットテープ使っている等々力ってどうよ。

で子ラシコは0−2で勝利。
決めとけソコってシーンが多くあり、DFは一度も崩される事なく、安心して見れた試合でした。
甲府へ行ってしまう井澤君を見たかったのですが、怪我だったのようですね。
早く直してこのチームでもう一度見てみたいものです。

posted by 愛し恋し青赤 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2007年10月19日

お次は平山だろ@北京五輪最終予選

昼間にカタールのスタメン級FWが3人も負傷から戻っていないという報道を目にして、
これはあちらは引き分け狙いだなと予想しましたよ。
そんな相手にまさかこちらも引き分け狙いの布陣でいくなんて・・・。
そもそもなぜ忠成をワントップのポストプレーヤーに使ったのか分からない。
柏でのプレー見てれば彼が向いていないのが普通に分かるだろう。(後出しになったがFoot!のブログでも同じ事感じてる)

さらに相手の速いペースに合わせた試合の入り方、気温30度超えで開始3分でこりゃ90分持たないのがすぐに察しがつくし、TVで見ていた限りでは誰もベンチから出て指示していなかったようだ。

1点を守りきるという交代策をしていながら、なぜ自陣から遠い位置でのボールまわし等の時間つぶしをしなかったのか?いや、ベンチから指示が出なかったのか?

J'Goalからいつのまにか削除されている忠成の試合後のコメント
攻撃は決まりごとはない方がいいと思います。個々のイメージなので、そのイメージがつながったときにいいプレーができる。型にはめたら、いいプレーができないと思う。

五輪代表の今の状態が少し見られるような気がする。

とにかく残りの試合を連勝するしかないわけで、
こういう時に妙に活躍しちゃう平山が日本にいるわけで、
なんつーか、こういうシュチュエーションが用意されちゃうなんて、
とんでもない そーた だなぁ。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2007年10月22日

渋い試合@名古屋スカパー観戦

土曜日のスカパー中継見まくりで疲れ果てて、高校サッカー東京予選準々決勝もU-18@深川も欠席して、自宅でスカパーでした。

なんとまぁホントに渋い試合でした。
でもこういった試合で勝ち点3獲れるようになったのはとっても大事な事で、
これから「元旦は国立で^^」までにはこんな試合が何回かあるでしょう。

・福西outアサリinで勝てるかもとおもったりとか。
・名古屋のボール回しを早いチェックで楢崎まで戻させる東京の守備とか。
・ルーカスのシュートをよけるリチェとか。
・楢崎に当たってたら逝っちゃったかもの平山の豪快ポスト直撃シュートとか。
・ロスタイム3分での「眠らない街」にまだ早いよとTVに突っ込み入れるとか。
・福西イエローとほぼ同時刻にブログアップしてる憂太にもイエローあげたいとか。

最近ターゲットにされている福西は次節クラシコは有給。しっかり怪我直してくださいな。
U-18は5-1で新潟を下し、
見たかった帝京とつばさは次に勝ち進んだんで、11/11西が丘で見れるし、
自宅謹慎していて良かった週末でした。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

クラブ側は低迷の理由を補強の失敗ではなく、原監督の手腕と判断

? X 3億個

人に厳しく自分に優しい東京首脳陣。
こんな理由じゃまた客足減るよ。

いやマジで来年どころか、年内だってマズいでしょう。

どうりで子子ラシコの試合前にAwayゴール裏で城福さん福井さん(訂正:間違いでした。m(__)m)と村バーが長い間真剣に立ち話していたんだな。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2007年10月28日

○○シコなわけです

きのうは昼過ぎからスカパーでJ1の7試合をザッピング。
初期型iBookにOS9とパッチ等をインストールしながら見てたもんだから、
ほとんどどこ対どこで結果がどうなったかなんて脳内でグチャグチャ。
でも一晩寝ても覚えている事がある。
・広島は気持ち良さそうに晴れてる。
・三ツ沢と日立台は池だね。
・カシマの水はけはさすが。
つまり天候の事だけ。

そんなわけで今日の味スタのピッチがヒジョーに気になるわけですが。

東京ダービーとは違いちょっとオバカ系な味付けがされているクラシコ、不愉快なフロントの動きとかあって今一感が漂ってましたが、
さすがに当日になると絶対に負けたくなーい!と思っています。

写真は土曜の夜に台風接近中なのに看板までねばった新宿西口「ぼるか」のおねだり猫。子猫もいました。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

うがった見方で○○部長への書簡@多摩川悲しコ

今日の虐殺ショーで解任の理由に箔がついたのでリークの甲斐がありましたね。
常々「気持ちが弱い」と称される東京の選手達のモチベーションを下げるには最高の手段でしたもんね。

ただあなたは絶対におかしてはいけない事をしてしまった。

1つ目は深川(専務)と小平(あなた)が一枚岩ではないのが露呈した事。
 大学の政策・メディア研究科で教鞭をとる専務が、
 あのリークの反応がどうなるのか、まさか予測できなかったとはいえないし、
 その後のバタバタした専務の打ち消しのさまで、内部状況が分かってしまいました。
 両者の共通認識であったのなら、
 「白紙」とは言わず毎年の常套句「全ての可能性を検討中」と言うし。

2つ目は今日初めてサッカー観戦に来た人達がもう2度と足を運ばないだろうという事。
 これは来季以降いや今季ホーム残り2戦の入場収入に大きく響きますね。
 集客は信用と同じで、減るのは早いけれど増やすには時間が掛かるものです。

3つ目は今野を筆頭に主力選手の流出の確率が高くなった事。
 わざわざモチベを下げるチームでプレーできるかって気持ちは誰にでもあるし、
 去年の東京純血2選手の一悶着を忘れたわけじゃないでしょう。

たとえ自称「クラシコ」であっても「クラシコ」と名のつく限り、
今日の惨敗で監督の即時の責任問題になる事は、
ハラヒロミ支持派の私でもよく分かりますし、致し方ない事だと思います。
ただあなたの補強失敗の繰り返しは絶対に忘れないし、
ハラヒロミ解任派の方々も絶対に忘れないでしょう。

モチベが下がっている状況でも闘えない選手達。
彼らにも多いに問題がありますが、その彼らを東京に引っ張ってきたのは、
なにを隠そうあなたなのです。

一介の会社の人に辞めろとは言っても聞き入れられない事ですが、
サッカーを初めて観戦に来る人をどうリピーターにしてSOCIOにするべきなのかの、
営業の現場を数年やってみるべきだと思います。
Jリーグは所詮興行なのだという事と、
単に勝てばいいというのでは東京という地域性からサッカーを初めて見る人達を取り込めない事を再認識する必要があります。

ダメになっていったクラブと同じ道を辿らない為にも今一度・・・。
posted by 愛し恋し青赤 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2007年10月29日

レバークーゼンに学べるか

夕べは熟睡など出来るわけが無く、6時前に起きてしまった。
お茶を飲みながらTVをザッピングしていたら、教育テレビのドイツ語講座でサッカーを扱っていた。
レバークーゼンのユース監督へのスカウトに関するインタビューと現在レバークーゼン・ユースに所属する石井直人選手のインタビュー。
なんでもドイツでのスカウトは8歳くらいから始まるらしく、ピークは10歳から13歳。

スカウトで何が重要かも教えてくれている。
1に精神力、2に戦術理解、3に体力、4に技術。
先頃のドイツ代表のワールドカップでの闘いを振り返ると頷ける。

番組終了後ネットを検索してみると、ちょっと古いけれど面白い記事があった。

レバークーゼン 科学と白ビール

どうなんだろう東京は。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事