2007年08月19日

光明を怒りに変えた人@柏戦

昨日の試合は勝ち点3にこだわる人にとってはぜんぜん話にならない結果だったと思う。
私的には、
とてもすぐに良くならない自分の素行に照らし合わさせると、
同じ自分に弱い人間として、まずはここからかなと。
でも1日坊主になってしまったらハイソレマデヨになってしまうが。(これホントカンベンね)

気になったミクロな点

・ノブオさんと他選手との微妙に遠い距離感
  ノブオさんのクロス&トラップの質はとりあえず。

・リチェのシュートorファールゲットしか見えない視界の狭さ
  がむしゃらにシュートという闘う姿勢は大事だけれど独りよがりが目立つ。

・軽いプレーで獲られたらヤバクなる事を未だ理解していない陽平。
  前半から2〜3回あったし、究極はPKに至った中盤でのプレー。

・勝負師としての福西inのヒロミ采配
  6人換え先発で充分勝負師だと思うけれど、
  自分だったら今ちゃんボランチに上げて3バック、
  石川inで菓子杯で見せたゴールに向かう気持ちって思ったけれど、
  これも勝負師的考えか?

今度はマクロな点

・やっぱりあの社長登場。
  登場して話する事は悪い事ではないが、時と場合がなんにでもある。
  いくら”空気が読めない東京”だからってそこは読めよ。
  一方的に話する前にやるべき事があるはず。
  まずはこれからホーム・アウェイの全試合でG裏、バクスタで一緒に応援する事。
  そこにいろんなヒントがあるはず。

最後に今週のJスポーツ「F.A.(Football Anchiclimax)」の特集コーナーで、
広島ユースの森山監督が練習中にユース子に言った言葉。
「闘わない奴が一人でもいると勝てない」
福西君そういう事だよ。
posted by 愛し恋し青赤 at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事