2007年05月13日

浮かれNightが明けて@千葉戦

開始5分でノドがガラガラになりました、しかも今朝は軽い筋肉痛だし。
昨日は財布忘れて味スタ行ってしまったもので、
楽しみにしていたペール・エールも1本しか飲めず試合前は少し凹んでました。

さて試合ですが本当に素晴らしかった。
小学校の通信簿によく見られる「やれば出来る子」たちでした。(私も毎年書かれていましたョ)
しかし千葉ダービーの時にDFとGKの間を忠成がしつこく狙っていたように、
ノブオさんとリチェで両サイドから狙うという戦略と、もともと持っている縦への速さがぴったりハマった内容だったと思います。
もちろん、
思い切りの良いトクのファーストシュート、
ルーコンのゴラッソ、
一皮むけたリチェやチョペ、
花○なカジヤーマや守り専用にならなかった社員とか、
たとえOwn Goalにならなくともドフリーのチョペが決めていただろうノブオさんのパスとか、
特筆するべき点は多々ありましたが。

同じ事が次節通用するとは思えないので、
ここにどう福西をマッチさせるか?が最重要課題になるでしょう。
まあ福西も見ていただろうから、きっと彼の頭の中にヒントが閃いたと思うし、
適応できる経験値は充分持っているだろうから心配はしていません。

若手が多い鞠をどういなして勝利に結びつけるか?
もちろん楽しいサッカーで!
それには前線の変化し続けるポジション取りと中盤のボールがないところでの動きによる細かいパスワークが、
必要な気がするのですが。

とにかく2003年の「負ける気がしない東京」に早く戻って欲しいとサテの前に思うのでした。
posted by 愛し恋し青赤 at 11:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京な事