2007年03月29日

その調子で日立台@北京五輪2次予選シリア戦

対戦相手のシリアはもっと引いてカウンター狙いに来るのかと想像していたら、
そうでもなく、とても中途半端な闘い方でかなり拍子抜けしました。
ドン引きの相手に対して陽平を中心とした中盤がどう闘うか?が個人的な楽しみだったんですが。

東京な人間にとって平山の2発は嬉しい限りです。
ハット獲れなかった分はどうか日立台で。

陽平と本田の縦のポジションチェンジは目立たない動きでしたけれど、
ダメダメなシリアのマークをズタズタにして、
陽平の調子の良さを垣間見せてくれました。
そのまま日立台でも。

伊野波も安定感がありました。
もっと上がれるタイミングがあったので、
更なる活躍は日立台で。

2-3回競り負けていたDFの青山が気になったけれど、
まっすぅ、まっすぅ、ガンガレ。

というわけで本日の一品。



洗濯して持って行きました。

帰り際に見つけました。

抽選に当たった親子が釣男か今ちゃんで迷っていたので、
「そこは絶対今野でしょう!」と大人3人でプッシュしておきました。

結局今野を選んだみたいで、
お父さんに「ありがとうございます」って感謝されました。

イヤイヤこちらこそありがとうございます。

ところで何故に今ちゃんが3等?


陽平がファーストシュートを打つと勝てるようなイメージが付きつつある五輪代表戦でした。

おい、ホントに日立台お願いしますよ。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京な事