2007年03月04日

泣くな、吉本

入場時に3節の磐田戦のチケットまでもぎられてしまいました。

で開幕戦の感想ですが、
開始早々から前線の攻撃の動き出しや守備への切替が遅すぎると見ていたら、
そこからジョーの絞りでフリーになっていた駒野経由で福西の右後ろのポジションから走り込んだ寿人へ。
同じようなパターンで2失点。
ペトロヴィッチ監督は先週偵察に来ていただけの事はありますね。

駒野を押さえ込むのは位置的に鼻すすりながらやっていた今ちゃんなんだろうが、
そもそもそこにボールを出させないようにする前線の、つーか梶山の問題。
「前からボールを獲りに行って、なるべく高い位置で戦う」という今年のシステムが開幕戦で全く出来ていない。
2失点くらった時に、
「今年もカジヤーマの出来に左右されるのか?」と思ったのと同時に、
4年前のモニ、石川の五輪参加後のプレーの質を思い出しました。

3失点目は動揺している吉本が狙われたけれど、
もともとはたて続けの2失点なわけで、
時間がかかるベンチワークに頼らずにピッチで即座に修正出来ない事が一番の問題。

4失点目は前がかりになっていたからあんなもんでしょう。

とりあえず開幕戦の収穫は、
・落書き帳をやめてデータブックにしたJリーグ機構の開幕お土産。
・ペトロヴィッチ監督が勝っても悔しがる無料の練習試合よりたくさん入った事
・ルーコンは今年もキレキレ、あと12点でアマの記録に並ぶそうで今年中に達成出来そうだな。
・フジは今年も頼りになる。個人的には昨日のプレーで"Mr.Tokyo"と呼んでもいい。
・3枚目の交替カードをあの点差だからワンチョペの試運転を選ばずに、ノリオで逆転勝利を諦めないという積極的なヒロミの采配。

懸念材料
・味スタではこれもありかな?と思ったけれど、帰宅して録画見たらやっぱり微妙だった岡林。
・カジヤーマばかりでなく今ちゃんの出来にも想いっきり左右されそうな。
・ユータが90分使えたら。
・やっぱりデフォルトな石川のセンタリング。
・転ぶ選手が多かった味スタの芝。

試合後、メキヒコでいまいちなサッサーに願いが届けとばかりに、
新宿のメキシコ料理屋さんでビールをしこたま飲みながら
初観戦の知り合いのSOCIO化計画を。

吉本君、
まっすうより授業料安くすめばぜんぜんOKよ。
これからも本当に頼むよ。

ではこれから大志先発が濃厚な笠松グルメへ行ってきます。
あれ、ガソリンはいっていたっけ?
posted by 愛し恋し青赤 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事