2006年12月04日

大分戦@録画とジャーンとか大志とか倉さんとか

北緯:33°11'58.43" 東経:131°39'17.69" 上空560mから
上空3000mからでもすぐ分かる九州石油ドーム。つまり周りになにもないってことだ。

なにはともあれ、無失点で勝てた事は大きいでしょう。これで呪いが溶けた。
その証拠に九州石油ドームが溶けている。(青い矢印の先)


これは三ツ沢の帰りに近所の商店街に掲出してあった12月〜2月のカレンダー

この中心に位置するはこの人



ジャーンも大志も次のところで頑張って欲しい。
つか一番最近の「タイシコール」って駒沢のFWタイシだったわけで、それもなぁ〜と思う訳です。
で倉さんはユースに戻るのかな?
昼前から大森で寿司をつまみに酒を飲んでたら行けなくなった深川のU-18の試合。
ヤマハをボコボコにしたようだけど、去年は死ぬほど寒かったフクアリが次ですね、是非ともです。



←ほろ酔い気分でこんなもの見つけました。
「ほぉー、そーなのか」とほろ酔い気分で感心してました。











三ツ沢のレポ(と言う程でもないが)は週半ばかな?
さてそろそろヒラヤマの出番です。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年12月05日

日本でも勝ち負けだけではないチーム作りが必要なことが分かった

今日ですね、正式発表&記者会見。
その前にこちらの記事
予想通り文丈inですか。
アレ?徹さんはU-15かな?

で、シリア戦の放送開始がずれてみる事が出来た生放送のセリエAのパルマvsパレルモ。
いや内容はグタグタ系だったんだけど、
解説はヒロミでした。
ヒロミ節はシリア戦に弾みをつけるつもりだったのか全開で、
パルマのGKブッチがセーブの勢い余ってポストに顔面激突。
すかさず「星出てますよ、★星★」。
お陰で退屈せずにヒラヤマ待ちが出来ました。
こっから本音
posted by 愛し恋し青赤 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年12月06日

アレ自転車違わない?



ワインレッドの英国外車のブランドものはどうしたの?
それじゃただのオジさんだけど。

Made in TAIWANの外車ブランドの自転車乗ってるところもヒロミ的でいいんだけどな。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年12月21日

2週間ぶりアレコレ

いや別にパソコンが壊れていたわけでもなく、忘年会に明け暮れていたわけでもなく、
我が家のスピーカー周りの改善でアキバをうろつき、何か仕入れてはCDを聞きまくって、
その成果にアーでもないコーでもないとぼやいていただけですが、
めっきり寒くなってきましたね、お風邪や今流行のウイルスなど召さないように。

もちろんアキバばかりでなく、恵比寿での入れ替え戦初戦もフクアリにも行ったしさらに夜中のTVの前も夕方からゴールデンタイムのTVの前も陣取ったわけですけれど。
時系列でまずはフリエの三ツ沢ホーム最終戦。
青い風船とか白い薔薇とか紙テープとか奇麗でした。
とにかくフリエのサポーターの方々、おめでとう。
一昨年、昨年と三ツ沢でフリエが勝った試合を見た事がなかった俺だけれど、
なんかここまで来た事を考えると感無量だなぁと。
(アレモン頼りはなんだったけれど)
来季は菓子杯も含めてヨロシクです。(新旧アジアの核弾頭ダービーか?)
「KAZU」の炎の代表ユニ着てフリエのゴール裏入るのは許せても、鞠のマフラー巻いているってのは如何なものか?フリエに失礼だしさらにKAZUにだって失礼だろう。鞠のゴール裏だったらボコボコにされるんじゃないか???
一応対戦相手の愛媛の事も。
早い時間帯で先制点を取っていれば愛媛の勝利があったかもしれないが、やっぱり若いチームでムラが出た感じかな。
柏からレンタル中の菅沼君頑張っていたね。
もっと守備をしてあの調子なら男前に呼ばれる日も来ると思う。
陽平と仲がいいようだから、柏に帰っても電話でも何でもしてアピールするように。


入れ替え戦初戦
なんか様子見の90分って感じ。
お互いモチベの高い闘いだから打ち合いになるのかと思っていたけれど、
手の内を知り尽くした指揮官同士だと180分の闘いでと最初から読んでいたのだろう。
そう云った面では交替の場面なんかちょっと痺れたな。


次はアジアカップかな?
陽平、イノハ等の中盤スタメンが抜けた時の底上げが課題だったけれど、初戦と同じようなゲームコントロールを見る限りその目論見は露と消えた感じ。あの敗戦を見る限り、陽平、イノハ、マッスー達は来年公費出張のオンパレードになりそう。それを予想して阿部獲りを一か八かで動いているんじゃないだろうか?
そこら辺はヒロミとフロントの思惑が一致している感じ。


桃太郎
もちろんアキバを徘徊中に携帯でチェック。最初はよしよし29日有給とって正解!ってな具合だったけれど、終わってみれば・・・。
えー、U-15の子供達よ、頼む!俺の有給を有意義に国立で過ごさせてくれ!ホントお願い、神様!


フクアリ
前日の天皇杯敗退がトリガーになって昨年に比べると随分と多いぞ青赤。去年の激寒とは違い少しはマシでよかった。
内容は仙台とは格が違うと云う感じ。
ムッ君も声が出ていたし怪我ももう大丈夫みたいだった。
長居でも3-0と圧勝し決勝戦は神戸らしいが、頂点極めろ!
今年はサハラカップ>>>>>天皇杯ということで。


日テレのイベント
あいも変わらず日テレは親善試合かなにかのイベントと勘違いしているようだ。
だからインテルが勝利を勝ち取る可能性を全く予想していなかったような番組構成。
でも普通に見ててもインテルのサッカー面白かったし、守備をしないホナウジーニョがいるバルサのそれにくればれば、優勝はあたりまえでしょう。
どうしてホナウジーニョは守備しなかったのだろうか?監督に言われたからとはいえコース消すぐらいは出来たろうに。クラシコやチャンピオンズリーグのビッグゲームではしっかりやっているのに。
まぁ舐めていたんだろうな。
でバルサ得意のカウンター→プジョル振り切られ→失点というのには笑った。本当にバルサらしい。
イアルレイにはJのクラブは動いているのかな?クラブ・アメリカ、アルアハリともに高い技術を持った選手達ばかりで3位決定戦も面白く見れた。んーんあいつらがサッサーの蓋になっているのかとかね。

ところであの妙に多かった最近のバルサユニ着た日本人。彼らは白いハンカチでいっぱいになったカンプ・ノウを知っているのだろうか?ホナウジーニョがバルサから去った後でもバルサを応援し続けるのだろうか?

デポルティーボのユニ着た高校生を見てニヤケタ今日この頃でした。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年12月22日

ワンチョペ獲得による東京version up効果の一考察

そりゃ踊れる時に踊っておかなきゃ損しちゃいますよ。
楽しまなきゃと云う事で、
志村さんばりに「ワンチョペ、ワンチョペ」と頭の中をループしてたら眠れなくなって考えたお粗末な考察を。
ワンチョペが東京来れば、
1、他の選手達も上を獲りにいく気マンマンになる。
2、鼻くそ王子にやる気が出るか?
3、チャンスメーカー&チャンス潰し上手の戸田がアシスト王になる?
4、勇樹獲りに大きなアピール。
5、首都のチームに地味だけど超大物ということで集客力が微妙にアップ。
6、サポーターがワクワク感いっぱいで踊っちゃう。
てな具合に一粒で何度も美味しいみたいな、
飛車・角・銀・桂馬・歩が3っつ獲りみたいな。
この手法はヒロミチックというかムラバチックというか、
久しぶりに旨いウマい補強だなと感心して自分の中ではワンチョペ東京が決定事項になっている。

これでサッサー復帰は難しくなったのかもしれないが、なんならレンタル延長ってことでサッサーのパスは絶対に東京が持っているべきでしょう。
でDFまーだ?(こっちの方が肝心のような・・・)
posted by 愛し恋し青赤 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年12月26日

悔しいねU-18

20年来のハートある連中と忘年会してかなり酔っぱらってます。

選手達のコメント見ると俺より大人だなと思う。
俺だったら、今度松尾がホイッスル吹く試合にブチ当たったら、絶対顔面にシュートしてやろうと練習励むと思う。
実際に俺がテニスボーイだった頃、嫌な先輩とかの相手の顔面や股間にブチ当ててやろうと一生懸命コース狙いとかパワー・ショットの練習したしね。
そうやってウマくなった部分もある事は間違えない。
負のモチベでもないよりマシだし、前回のオリンピックの坂田大輔なんてスタメン出られないという負の力
を思いっきり出してたから今があるわけで。
いやいっぱしの大人みたいに「これを糧に」なんて言いたくないけどね。

つーか松尾よ。
あんたも学生時代スポーツに勤しんでいたんだろうが。
学生最後のイベントで大人に不可解な判定されるとは夢にも思わなかったろう?
それをされたらあんたも「ゴラァー」って思っただろうよ。
せめて副審に確認しに行くべきだったろうな。
プロのそれとは違うってこと認識してたのか?x30000。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

Deacon Blues

今日JBが・・・。
岸田さんも先日他界なされて・・・。
岸田さんだけだったらスルーして俺の中で「傷だらけの天使」よ永遠なれ!と思っていたけれど、
ゲロッパなJBまでとは・・・。

岸田さんはムーミンがメジャーだろうけれど、俺的には「傷だらけの天使」です。
なんつったってこのドラマの監督は深作欣二、恩地日出夫、神代辰巳、工藤栄一他で、
松田優作の「工藤ちゃん」ってこの工藤栄一のこと。
代々木のビルの上の掘建て小屋でパイオニアのヘッドホーンして牛乳とトマトの丸かじりの朝飯食ってるショーケンは刺激的すぎた。(もちろんヘッドホーンはその後買いました)
そのショーケンや水谷豊がひれ伏していたのが岸田さんだった。
凛としていてメランコリックで一視聴者の俺までもひれ伏してしまった。
そう云えばこの頃のタイトルバックにはアルファベットでなくカタカナで「メンズ・ビギ」ってあったよな。

ついでにJB。
今から四半世紀前の大学生時代に俺はホテルオークラで大道具のバイトをしていた。
ちょうど今頃の時期は企業ご招待のクリスマス・コンサートがよく行われていて、
俺達バイト衆は前日に特設の舞台を作り、ステージが終了して機材搬出後にステージをばらすと云う段取りで夜中まで残っていた。
12時近かったと思う。
周りは真っ暗でそろそろばらしの時間に会場に行ってみると、後ろから音も立てずにあの顔で「ヘイ、メン」と声をかけられた。
暗いところから犬の毛皮?みたいなロングコート着たJBが出てきたのにはビックリしたし感激した。
だから「Living in America」でちょこっとだけ復活したのには本当に嬉しかった。

岸田さんもJBも天国でキャラを大事にしていてくれる事を祈ります。
俺が行くまでやめないでね。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2006年12月29日

本人はFC東京入りに傾いている

サンスポなんでアレなんですけど。
これってヒロミがJ Sportsの2年前(?)のFOOT!スペイン紀行でマジョルカ行った時に、メシおごったのが効いているのか?あの時は初対面なのに嘉人より奥さんにやたら受けていたような気がするが。
さらにモニ&ナオの口添えもあるのかしらん?

2日前から風邪と軽い肺炎を併発、せっかく有給取ったのに今日の国立は断念。赤いのが360°ウザイだろうけれど、気にせず精一杯頑張って下さい。

でワンチョペさんのお名前は何処へ????

PS.大志、はえぬき食ってガンガレ!
posted by 愛し恋し青赤 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事