2006年06月06日

気が付いたら1週間

そんなにさぼっていたなんて、ていうことでお久しぶりです。
いろんな事があったのでまとめて。

・マルタ戦
 ミスしても笑っている選手見てるとそれだけで眠くなる。だから後半途中から寝てしまいました。
福西とか小野とかナカタコとか玉田とか・・・。

・オランダ代表のユニ。
 マルタ戦の裏でやっていた、倉敷・ヒロミコンビのオランダvsオーストラリアを前半ちらっと見た。
今回のオランダのユニがクラシカルな雰囲気でとてもいい。前回はショッキング・オレンジって感じでかっこいいけれどド派手だったが、今回は普通に街中で着れそうだ。白のパンツもグッド。

・TBSの実況
 なんで相馬?相変わらずFootballに全く興味がない放送作家が作る選手紹介コメント。言葉のインパクトだけで選手を紹介するのもいい加減見てるほうも飽きてる。愛情のかけらでさえも全く感じられない。

・日本戦は
 どこで見るか悩み中。大森の駅のそばにいい感じのBarを見つけたんだけど予約受付中とか。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2006年06月07日

検討中

ワールド・カップがそろそろ全開モードに入りつつあるけれど、開幕戦、日本戦、優勝決定戦はともかく、グループリーグはどの試合を見ようか迷走中。

C組全部
B組イングランドvsスウェーデン
E組全部
G組フランスvs韓国
H組スペインvsウクライナ

あたりかな。

放送時間調べて予約しなきゃ。
あっ!HDD残量がorz。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2006年06月09日

そうだ!今の時期J2もある

って事で明日の日立台を見学。
ノブリン・スタイルを堪能したいし、
帰って来た工務店関係の全開モードとか、
一部地域ではアザース巻より話題の人”岡山”のマイク・パフォーマンスも。

変な癖がつく前にそろそろ泰成を返還してもらおうかな。

しかしチケ買う時こんないいカードになるとは思ってなかった。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2006年06月10日

開幕戦

開幕式前のスカパー見ながらしこたま飲んでたら、開幕試合見ずに寝ちまった。
最初のドライジンがかなり効いたな。
なんか打ち合いだったようで・・・。

で開幕式見ながら4年後の南ア大会の開幕式を夢想していた。
きっとZule Musicが鳴り響いているんだろうな。
行きたいなぁ、無理だろうなぁ。
posted by 愛し恋し青赤 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

ちょっとカンニング気味だけど勝手予想

とりあえずグループリーグだけ

A組 1位 ドイツ、2位 エクアドル
  既に勝ってるし順当かな。

B組 1位 スウェーデン、2位 イングランド
  グループリーグではルーニーがチームに馴染まずでギリギリ通過。パラグアイはササを招集しなかったのが敗因か(笑)。

C組 1位 オランダ、2位 アルゼンチン
  アルゼンチンはリケルメの気分次第だし、オランダはピノキオ・コクーが闘将化して奮起。コートジボアールはドログバ一人だけではかなり辛いだろうしな。

D組 1位 メキシコ、2位 ポルトガル
  メキシコは調子良さげだし、逆にポルトガルは調子いいって聞かないので2位に。

E組 1位 ガーナ、2位 チェコ
  この組が一番難しい。イタリアは大会中に黒い噂が再燃してモチベ急降下。毎大会台風の目になるアフリカ勢ってことで粒揃いのガーナが首位。

F組 1位 ブラジウ、2位 日本
  贔屓目全開。親子鷹問題でモチベ下がっているクロアチアは陰の優勝候補から脱落。オーストラリアはキューウェルが馴染む前にサヨナラか?でも得失点差の微妙な2位争いを激しく予想。

G組 1位 フランス、2位 韓国
  スイスってどうよ?フランスはジダン最後&シセの為にもでまとまるような。

H組 1位 スペイン、2位 ウクライナ
  シェフチェンコなしでも普通に勝っているウクライナはかなりきそうなだ。


グループリーグ終了時に採点してみよう。
posted by 愛し恋し青赤 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年06月11日

ベッカムより岡山

昨日は中断期特有の「生の試合見たいよ」症候群のため日立台へ。
柏に着いたら、駅前でサポーター有志が当日券販売の声かけとチラシ配布。
日立台にはなんども足を運んでいるがこの光景にはプチ感動した。

ホワイト餃子でも試合前につまもうかと立ち寄るが、30分待ちと聞かされて断念。
その代わりレイソルロードの有名ラーメン屋の斜め向かいのラーメン屋「麺菜々極」に入る。
私は野菜たっぷり塩ラーメンを頂くが、ちゅっと胡椒がキツイ感じ。奥様の食した塩ラーメンのほうが旨かった。以前食べた斜め向かいのラーメン屋よりは私の好みなので、次回は店主お薦めチャーハンを頂こうかな。
テニス・コートに屋台とかあるとか聞いていたのでちょっと覗いてみる。








いろんな屋台が出ていた事より地割れしているコートの凄さにビックリ。ネットが貼っているんだから今でも使っているんだろうけれど、これじゃイレギュラー・バウンドばっかりで練習にも試合にも使えないよ。






試合開始40分前に席に着くと、指定席観客に対してサポーター達が選手紹介時のボード掲出のお願いと黄色ビブス配布。味スタで稲城のラモスと大野に激しくブーイングしたら注意されたので、今回は誰にしているか分からないようにブーイングしようとかの観戦マナーも。





暫くすると太陽に吠えろのテーマとともに南がピッチに。そんでサッカーボールの投げ入れ。日立台のG裏は奥行きないのでほとんど真上に投げていた。







なぜかハットをかぶっているレイ君。
緑を挑発したり、エプロン姿になったり、ちょっとだけよ!やったり、いろいろ小ネタで奮闘。







詳しい試合内容は柏さん関係のブログでも覗いて頂くとして、気になった点をいくつか。
・コイントスで稲城が逆の陣地をとったけれど、あれだけ黄色一色のスタンドでは意味あるのか?
・1点目の岡山の動きが素晴らしかった。中央→ファー→中央と流れてドーン。あれじゃマークは尽ききれないだろうな。
・ディエゴ、フランサ、リカのコンビにプレスにいかない稲城。
・フランサのシュートは迫力あった。
・「今日のレフリー最高(はーと)」ってゲーフラちゃんと見とけよ、西村。
・最初のCK時の大ブーイングにほくそ笑んでいた大野。
・ドフリーの岡山の2点目はセットプレーの練習みたいに簡単に決まった。

試合後。これだけ見たらただのお祭りか大道芸の集団みたいだ。
このあとやっとお立ち台で勝利者インタビュー、
いや岡山マイクパフォーマンス。
後半だれてハラハラドキドキさせたのはわざとだったみたいなこと言ってるし。
J'Goalに掲載されているってある意味凄い。



で、岡山ショーの締めくくりは「柏バカ一代」をハンドマイクでサポーターとともに熱唱。
試合終了から20分は目が離せない。つかこの間に席を立ったのは緑の人達だけ。みんな試合終了=帰宅時間だとは思っていない。





帰りのレイソルロードで頂いた号外。
こういうところにも街とクラブの一体感を感じた。

岡山、
ここまでチームの中心になってサポーターから愛されていたら、
柏に家買って犬飼っちゃえ。



追記しちゃった
posted by 愛し恋し青赤 at 13:34| Comment(1) | TrackBack(1) | Footballな事

イングランドvsパラグアイ

日立台から帰ってきて見ていたら眠くなった。
中盤でチェックにいかないイングランド。彼らが所属しているリーグの試合の時には必ず行くはずなのに。試合後のランパードのコメント聞くとその辺よく分かっているようだから修正するだろうけれど、きっとイングランドの人たちは「勝ったはいいけれど、う〜ん」ってしてるんだろうな。
一方パラグアイはバルデスがよかったな。汗かきプレーの連続、あの暑い中どこにあんなスタミナがあるのだろうか。

嗚呼あのピッチにササがいたら。
posted by 愛し恋し青赤 at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2006年06月12日

トリニーダッド・トバコvsスウェーデンとセルビア・モンテネグロvsオランダ

トリニーダッド・トバコvsスウェーデンを録画で見た。
最後までとても面白く見れた。
そのあとはNHKのセルビア・モンテネグロvsオランダの生中継。
解説の反町、もうちょっと喋ったほうがいいんじゃない?
前半消えてる時間多すぎ。

で両試合ともピッチで転ぶ選手が多かった。両試合とも主審も転んでいたな。
かなり暑いからピッチに水を撒いているのだろうけれどその影響か。
現地の今の気候だと暑い国がかなり有利になるな。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

ワールドカップだけがサッカーではない

このときばかりやたらと取り上げるマスコミ。
日本代表だけを大きくプッシュするのかと見ていると、いつの間にかベッカムとかフィーゴとかジダンとかをやたら大きく取り上げるフジ。また今年も無冠のマドリーを呼ぶのか?その前宣伝のつもりか?
特に朝の顔となっている大塚とか小倉とかいう人達。
WBC時に、彼らが好んで見に行く野球で自国リーグでの苦労・活躍があって世界の大舞台での活躍があることを自らの番組でコメントしているのに、何故サッカーは通わない?
そしてサッカーを日頃から生観戦していれば分かるはず、
サッカーはなにが起こるか分からないってことを。
つまりどんなに格下だろうが試合前に「勝てる」なんて言葉は一切吐けない。

サッカーの試合においては、相手チームの存在が全てを混乱させる
                     ジャン=ポール・サルトル
posted by 愛し恋し青赤 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

勝っても負けても僕らの代表

さて今夜大事な緒戦。
いろいろ批判される部分もあるだろうけれど、泣いても笑っても始まっちゃうのだ。
ここまで来たら一緒に笑えるよう、勝利の女神に祈るしかない。

というわけで今夜は80インチのプロジェクター所有の友人宅で、
オーストラリア・ワインを勝ちの種で飲み干してやろう。






posted by 愛し恋し青赤 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2006年06月13日

強がりに聞こえるかもしれないが

戦前のグループリーグの予想は1勝1分1敗で得失点差で2位。
今日の得失点差-2では1勝1分1敗での抜けきりはほぼ無理か。

だったら勝点6獲ろうじゃないか。
もう後がない背水の陣なわけだし、
吹っ切れて突き抜けてくれるさ。


しかしモニがでての「モニ○」コールには痺れたけれど、
あそこは坪井→小野で4-4-2、さらに前線の2枚を巻&大黒にで良かったんじゃないか?
いや坪井負傷の前に動けてない高原→巻だったかな。
大舞台での経験のなさが出てしまったコインブラさん。

「善は急げ」って言葉ブラジウにはないのか???
posted by 愛し恋し青赤 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

指揮官のブレ

・2002年のベスト8を掛けての闘い
・2004年のアテネでの最終戦
大舞台での闘いでの指揮官のブレを経験したのは昨夜で3回目。
(加茂ジャパンの時はアジア予選だった)

一方、2002年の韓国vsイタリア(?)での後半の韓国5トップ。
4年後の昨夜もヒディングは勝負にでた。
指揮するチームが変わろうともブレていない。

緒戦にブレが出た事を吉となる事を祈ろう。
あんな采配してたんでは、ヨーロッパで再就職なんて全くないぞ。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2006年06月14日

クライフのDNA

もっと楽しいプレーを見せたかったが、こんな芝では不可能だった。地面が固過ぎて、やりにくかった

緒戦の痺れる状況の中で、プロとしてファン・ニステルローイはこう感じていた。
きっとオランダ国民が代表に求めているものが、”勝利”だけじゃないって事なんだろう。

自分も東京に対しての気持ちは勿論だけれど、代表に対してもこういう気持ちに早くなれればいいな。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

ドログバとサビオラとロベン

昨夜はアルゼンチンvsコートジボアールを録画で見た。
こういう組み合わせを見る事が出来るのもワールドカップならでは。
試合内容とか結果とかは他に任せるとして、
チームの為に汗かいて汗かいて走り回っていたドログバとサビオラ。
サビオラの場合はリケルメに休憩取らせていた面もあるが。
どちらにしても"for the Team"の動き。

オランダvsセルビア・モンテネグロでのロベンの動きは、
ファン・ペルシの言葉にもあるように、1点獲った後は明らかに個人プレーのオンパレード。
せっかくファン・ニステルローイがつくったスペースもファン・ペルシの飛び出しも使わずに、無理な体勢から相手DFにぶつけるシュート。
うまくやっていれば追加点も夢じゃなかったはず。
Total Footballを理解するにはまだ若すぎるのか?
髪の毛は若そうじゃないけど。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2006年06月15日

プジョルとモニのバタバタ

昨夜のスペインvsウクライナ。
セットプレー&PKだけ3-0になり、流れで獲れないようではこの先辛いかも?と思っていた矢先にプジョルのバタバタからの得点。
あれがプジョルじゃなくてシャビとかだったら、本当に流れれるように美しかったのだろうけれど、
そこはやっぱりプジョル、あのリズムだから意表をつかれたというか、見ちゃったというか。
中断前の東京での数試合や先日のダウンアンダー戦の時のモニもバタバタと上がって行った。
なんかサルやっているときの自分の姿のようで、とても愛らしく見える。
いや私の場合はスネでボリブルしてる感じ、つまりボールが前に行きから遅れないように自分も前へって動きだけれど。

スペインのアラゴネス爺監督はラ・コルーニャでの東京の勝利を見守っていた事を観戦中に思い出した。プレシーズンまで選手のチェックに足を運んでいたのには頭が下がる。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

その時

さて本日の”その時”はジーコ信者達J2サポ達の”その時”の様子をお送りします。(松平アナ風)
posted by 愛し恋し青赤 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2006年06月18日

期待はずれのアルゼンチン

もちろんいい意味で。つか万全すぎて怖いぐらいなんです。
だってアルゼンチンは毎大会グループリーグで苦しい闘いを制して調子を整え上に登って行ったのに、
今大会は”死のグループ”を見据えてグループリーグに照準を合わせて来た感じがありありだ。
こんな用意周到なアルゼンチンは始めて見たし、なんかアルゼンチンらしくないかも。
さらにテベス、メッシといった決勝リーグでポイントになるだろ選手達を交替でピッチに立たせ、3トップの様子を伺うなんてさすがペケルマン。

決勝リーグの相手チームはリケルメを徹底してスカウティングしてくるだろうけれど、逆にほとんど出場させていないアイマールが活きてくるのか?そんな計算もペケルマンは充分しているのだろう。

バルサ時代オドオドしながらパス出していたリケルメが・・・。
posted by 愛し恋し青赤 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

Nothing is Impossible

きのう受け取ってきた土肥ちゃんTシャツ着て強く強く念仏。
勝つのは俺たちだ。

そして、
ブラジルに勝って決勝トーナメント進出です。
posted by 愛し恋し青赤 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2006年06月19日

はぁ〜

あんなミスだらけのクロアチアを見たのは・・・。
そんなクロアチアから1点も獲れない日本て何だろう?
FWよりも中田のミドルや稲本の縦の動きに一瞬期待したが。
宮本はもう限界だな。ヨシカツに100万ぐらい包まなきゃいかんだろう。
だってあれセーブしてくれたから、これからの彼の指導者(たぶん)としての道に深い傷がつかなくて済んだ訳だし。

・相手にプレスに行かず、好きなようにクロス上げのお膳立てをする浦和誉れな通訳。
・柏&名古屋同様、フレッシュなのに走らない玉田。
・同じタイプのFWを2枚入れるって?
・巻を連れて行った理由が分からない采配。
・発熱している病人よりも遠藤でしょ。

しかし試合終了後カメラで抜かれていた、はしゃいでいた日本人女性達の結果と連動しない行動、
毎日1〜2試合見てるけれどあんな連中他にいない。日本に帰ってこなくていいから、世界中で見せ物になってなさい。
posted by 愛し恋し青赤 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

ユキヒコー、ユキヒコー、日立台のユキヒコ

というわけで出向だそうです。
ユキヒコが絶好調だったら、本当に鬼に金棒。水戸ナチオも簡単に崩せちゃうんじゃないか。土曜の葉っぱの水戸戦がとっても楽しみなんだが、用があって行けない。orz

ユキヒコっていろんな感情を呼び起こさせるなぁ。とにかくガンバレ。
味スタで対戦するような事がまたあったら、容赦しないけどね。
posted by 愛し恋し青赤 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事