2006年05月07日

菓子杯このメンツでいいんじゃない、サテ

きのうリチェーリはボールに乗って何がしたかったのかとツラツラ考えながら夢の島へ。
山形から汚ねぇーとか卑怯とか言われそうな東京のメンツ。
シオシオ、浄、フジ、会長、伊野波、文丈、池上、社員、阿部ちゃん、リチェーリ、サッサでKick Off。
やっと始まったかと思うのも束の間、浄→池上→リチェーリ→サッサ→阿部ちゃん胸トラップで秒殺。
さらに振り向きざまの一振りで阿部ちゃん2点目。
他に前半は、球際はアレだけどかなり効いてる池上とか、フライング・パラグアイ人とか。

で後半は社員&リチェーリout→優太&戸田inではじまり、GKとの1対1を決められない戸田。
その後優太からの難しいクロスに頭から飛び込んで戸田の駄目押し。怪我から戻ってもEasyよりDifficultの仕様は変わらず。
1対1を決められない東京仕様に溶け込んでるサッサに安心したり、後半やっと動き出した浄に萌えたり、軽い接触で相手壊しちゃう優太にうなったりとか。

格が違いすぎるのでなんなんだけど、見所満載のサテでした。
posted by 愛し恋し青赤 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

ふて寝しましたよ、大宮戦

試合開始のホイッスルなってからず〜っと梶山を見てたよ。走んね〜でやんの。攻撃の時は顔を出すけど、守備の時はなんとなくのアリバイ工作(湯浅風)見え見え。四の五の言わず走れ梶山。
ミヤとか今ちゃんとか周りが代わりに走らされて、後半ばてちゃうの見えてるよ。
PKなんかで1点獲って緩んでたらやられると思ってたらモニが負傷OUT。
その直後(前半38分だったけかな?)、大宮のFKのこぼれ球を獲った大宮に対してDFラインを全く上げない。いくらまっすぅ〜が急遽入ったからって、こんな事DF陣の世界共通のお約束事じゃない?
朝見たアルベルティーニ引退試合のミランOBvsバルサOBの中で、寄せ集め&たいした練習もしていないミランOBのオッサン達はキッチリやってるよ。
後ろにモニがいないと(まっすぅ〜だと)急に不安になっちゃう?のか、それまでキレキレだった今ちゃんはディフェンダーに変身しちゃうし、トクもノリヲもガーロに指示出された時は高い位置に戻るけれど、いつの間にかズルズル下がっちまう。
モニが見せていた上がりの意味をもっと理解すべきだろう。単に前が空いたから上がって行ったという訳ではなく、上がっている間にDFラインの底上げ、相手のマークをずれさせる事や両サイドのスペースの確保が主目的だったはず。たとえ上がるチャンスがなくとも、ジャーンや今ちゃんが声出して(誰でもいいけど)コンパクトな陣営を保たなければ、ボール支配率38%のチンチンにされるの見え見え。

リチェーリではなく戸田や阿部を後半起用して欲しかったな。
たんに戸田を見たいとかというのではなく、450分縛りがあるC契約のリチェーリはきのうの出場で291分を消化。リーグ1/3の時点で残り159分しかない。
さらにルーコン含んでの3トップの一人としては足元が弱いリチェーリでも機能するだろうけれど、ルーコンとの2トップの一人では相手DFが複数で潰しにくる事を考慮すれば、ちょっと無理だと思われる。

モニの負傷退場でゲームプランがゼロになってしまったのはしょうがないとしても、もう少しやりようがあったと思えるよ、ガーロさん。

しかし小林大悟のFKを「巻いて来るんじゃねぇ」とか言っていたら・・・。

とかタイプしてたらどうでも良くなっちゃった。
つか闘え!問題はそれからだ。
posted by 愛し恋し青赤 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事