2006年05月01日

東京っ子vs浦和っ子

前半終了のホイッスルと同時に深川着。
その時点で2-1で東京っ子達がリードしていた。

で結果は2-1。
つまりゴールシーン全く見てないっす。orz

でもねピッチ横で見ていたから選手達のかけ声全部筒抜け。
東京っ子達は異口同音で局面局面で確認していたけれど、
浦和っ子達は言っている事がみんなバラバラ。中には見方貶しているし。
負けている状況って事考慮しても貶すのはどうか?と思うけどね。

東京っ子達は前線とDFとの間をコンパクトにして、高い位置からのプレス&奪取でサイドからの速い攻撃をしかけていた。
このサッカーで4戦目にしてやっと初勝利っていうのが驚きだ。
つかトップチームよりぜんぜんいいじゃん!

東京っ子から「ここはポゼッションで!」ってかけ声出てたのはナイショ。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年05月02日

青赤列車で行こう!

青赤お座敷専用列車です。
いやぁ〜これだけでも楽しそうだ。
行きも帰りもニコニコできれば最高っす。

あちらは台所事情が大変らしいが、大木さんのことだから失点恐れずガンガンでしょう。
できれば、どつき合いサッカーやって打ち勝ちたいね。
青赤先輩の意地みせなきゃな。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年05月03日

信玄餅と赤坂もち

以前から同じじゃんと思っていたのが、信玄餅赤坂もち


これが桔梗信玄餅


これが赤坂青野の赤坂もち

黒蜜があるかないかの差なんだけど。

で、きな粉を落とさずに食べる方法だって。

さてそろそろ出発だ!
posted by 愛し恋し青赤 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年05月04日

お土産は勝点3ずら、甲府戦

遠足の朝の早起きデフォルトで信玄餅と赤坂もちをアップしてたら、出発時間になっていた。慌てて着替えて駅へと向かう。
7:01の山手線に余裕でセーフ。遠足の時の歩く速さはぜったい速いと感心。いや、モニみたいに回転数か?
でも意外と人が多い山手線。新宿で中央線快速に乗り換え、座れたがこちらも多い。
吉祥寺過ぎたあたりから青赤な人が目立ち始めた。
8:00ちょうどに立川に到着。青赤列車の受け付けに行列ができていた。受付終了後待たされる事、1時間と10分で待望の青赤列車現れる。


青白じゃーん。まぁ今日はAwayだからと妙に納得。
6両編成だとか。
次回は原宿の御用列車しか使わないあのホームから12両編成でど〜んと行きたいなぁ。使わせてよ宮内庁さん。







左:運転席のすぐ後ろの窓 右:各車両に同様に

東京応援歌が列車内を流れる中、自分たちの車両は有志により独自の展開を。つり革が少なかったので東横ジャックまでは出来なかったが、この様子をしっかりJRの若き職員さんがデジカメでチェックしてた。






なぜかこの車両だけトーチュウMXTV調布FMの取材場に。つか取材陣が妙なテンションだったのが印象的。
車内放送が機材故障で「まるごとFC東京」が中止に、その代わりに急遽「番記者の今日の見どころ」が車掌さんが使う車内電話で生放送!
Q:「スバリ今日の見所は?」
トーチュウ高橋さん:「カジヤ〜マが走るかどうか」
Q:「どうすれば走りますかね?」
高橋さん:「・・・・」
メチャ受けました。

途中で後発の特急や快速に何度もパスされる。その度毎に乗っているだろう青赤な人達をチェック。塩山駅ではマフラーを掲げて追い越す特急に応対していた。
甲府駅前のご存知、武田信玄像。さすがにAwayだからよじ登ってマフラー巻いている輩はいない。
斜め前のほうとうの小作はすっごい行列。







ここから小瀬まではバス10台に分乗。2年前の開幕戦の新潟交通は本当に凄かったのね!
乗った富士急のバスのシートは青赤。いや赤青。

しばらくして見えて来た小瀬は緑の中にありとても気持ちよかった。夜はあれだろうけれど、きのうみたいに晴天の小瀬は環境抜群ずら。




左:爆心地方面 右:「More Sexy」の向こうに雪山

現地は暑くて暑くて開口一番「こりゃカジヤーマは走んねーや。」
暑さ対策のため早速ビールの買い出しに、とその列の長さにビビった。ワインの列が短いのでワインを購入。売店のおじさん達よ、口を動かすよりも手を動かしてくれ。5人の列に並んだのに10分以上もかかったぞ。




なぜかテニスルックで「席つめてね(はーと)」とお願いされている。うちのはこういうの慣れていないからめちゃ弱い。このお姉さんといい景色といいワインといい、決戦前の緊張感なんて一つもなくてマターリです。






そんなマターリな目でスタンドを見ていると、妙に弾幕が多いのに気付く。
目を凝らすと、ドコモとかXX米とかスポンサー看板も弾幕だったのね。浦和の時は気を付けて下さい、甲府さん。







で試合内容は、他のサイトでじっくり確認して下さい。一夜明けても記憶に残っている事をつらつらと。
・甲府のボールボーイはトロ杉。「小平南に留学しろ!」て叫んだら、前のお父さんに「そうだ」のお墨付きを頂く。
・今年からスルーが基本だからって、なんでもスルーのステレオタイプ片山。
・相手右サイドがボールを持った時、悪いカジヤーマが横を切らないでさぼっているとノリヲは途端に困ってしまって抜かれる。カジヤーマ、仕事汁。
・失点直後電池キレになったノリヲがベンチからもらって飲んだあのドリンクはなに?
・前半の失点なのに妙に落ち込むのは今年仕様?
・分単位で切り替わる"良いカジヤーマ"と"悪いカジヤーマ"。こっちが疲れるョ。
・いつの間にかゴール前に来ているノブオさん素敵すぎ。
・CKの時リチェーリと一緒に「疲れた〜」してたルーコンが、直後にあのヘディング決めちゃうなんてやっぱり演技でしょう?
・進化するモニ。
・シュートを止められて思いっきり悔しがる小澤、いいよ。
・まるで子分のようにリチェーリを走らせるルーコン。いや子分だ。
・ルーコンにシャーやれって言っていたでしょう、文丈。
・胸のエンブレムは叩くもので引っ張るもんじゃないと思うよ、ノブオさん。
失点→同点→逆転→トドメの豪華4点セットっていつ以来?
文句の付けようはまだまだあるけど、チームもカジヤーマも悪いときと良いときの触れ幅が小さくなって来た。てことは修正点が小さくなって来ている事。高め安定でお願いします。

帰りのバスで事故を目撃。
ガードレールにぶちあたる音が2度たて続けにしたかと思ったら、バスの前方を黒い車が前をこちらに向きながら反対側のガードレールに流れて行った。とほぼ同時にバスのエンジンブレーキの音。
黒い車は反対側のガードレールに体当たりして、火花をまき散らし下回りをこちらに見せながら1回転してタイヤから着地。
追突されたらヤバイと思って後続を見ると、ハザード付けながら徐行しはじめていた。
一瞬にして車は窓という窓は割れ、車体はぼこぼこの完璧全損状態。
当の車の運転手は必死にギア入れ直していて助手席の女性は何か喚いていた。エアバックが開いていなかったからそんなに人体に損傷はないと思われるが、ムチ打ちは残るだろうな。大事に至らない事を祈ります。
直後に各方面に事故の事を報告していた添乗員さん、さらにその腕で被害を回避した運転手さん、素晴らしい対応でした、ありがとうございます。
posted by 愛し恋し青赤 at 12:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年05月05日

俺が近所の公園でリフティングしていたら

クビになっちゃったグラウ君がいる大宮が明日の相手ですね。
いや、ホナウジーニョの幼なじみとか関係なしに、好きですよ彼の事は、ホントに。

個人的には大分と広島の"呪い"ダービーかなと。
まだまだうちは大分の呪いが解けていないし、大宮は前節で呪いがかかったし。
チームの運命を左右するほど大事な試合になる」というグラウ君はよく呪いの事を分かっている。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年05月06日

どうせなら3連勝

かる〜くいっちゃいましょう!
今までの迷走ぶりからして、勝利の女神のこのくらい許してくれるでしょう。

で今日の備忘録
・今日から松本チケの引き換え可能に
・甲府戦のJ SPORTS 1は本日10:00〜12:00
・J SPORTS 1の解説はヒロミ 5/8 21:00〜23:00
posted by 愛し恋し青赤 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年05月07日

ふて寝しましたよ、大宮戦

試合開始のホイッスルなってからず〜っと梶山を見てたよ。走んね〜でやんの。攻撃の時は顔を出すけど、守備の時はなんとなくのアリバイ工作(湯浅風)見え見え。四の五の言わず走れ梶山。
ミヤとか今ちゃんとか周りが代わりに走らされて、後半ばてちゃうの見えてるよ。
PKなんかで1点獲って緩んでたらやられると思ってたらモニが負傷OUT。
その直後(前半38分だったけかな?)、大宮のFKのこぼれ球を獲った大宮に対してDFラインを全く上げない。いくらまっすぅ〜が急遽入ったからって、こんな事DF陣の世界共通のお約束事じゃない?
朝見たアルベルティーニ引退試合のミランOBvsバルサOBの中で、寄せ集め&たいした練習もしていないミランOBのオッサン達はキッチリやってるよ。
後ろにモニがいないと(まっすぅ〜だと)急に不安になっちゃう?のか、それまでキレキレだった今ちゃんはディフェンダーに変身しちゃうし、トクもノリヲもガーロに指示出された時は高い位置に戻るけれど、いつの間にかズルズル下がっちまう。
モニが見せていた上がりの意味をもっと理解すべきだろう。単に前が空いたから上がって行ったという訳ではなく、上がっている間にDFラインの底上げ、相手のマークをずれさせる事や両サイドのスペースの確保が主目的だったはず。たとえ上がるチャンスがなくとも、ジャーンや今ちゃんが声出して(誰でもいいけど)コンパクトな陣営を保たなければ、ボール支配率38%のチンチンにされるの見え見え。

リチェーリではなく戸田や阿部を後半起用して欲しかったな。
たんに戸田を見たいとかというのではなく、450分縛りがあるC契約のリチェーリはきのうの出場で291分を消化。リーグ1/3の時点で残り159分しかない。
さらにルーコン含んでの3トップの一人としては足元が弱いリチェーリでも機能するだろうけれど、ルーコンとの2トップの一人では相手DFが複数で潰しにくる事を考慮すれば、ちょっと無理だと思われる。

モニの負傷退場でゲームプランがゼロになってしまったのはしょうがないとしても、もう少しやりようがあったと思えるよ、ガーロさん。

しかし小林大悟のFKを「巻いて来るんじゃねぇ」とか言っていたら・・・。

とかタイプしてたらどうでも良くなっちゃった。
つか闘え!問題はそれからだ。
posted by 愛し恋し青赤 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

菓子杯このメンツでいいんじゃない、サテ

きのうリチェーリはボールに乗って何がしたかったのかとツラツラ考えながら夢の島へ。
山形から汚ねぇーとか卑怯とか言われそうな東京のメンツ。
シオシオ、浄、フジ、会長、伊野波、文丈、池上、社員、阿部ちゃん、リチェーリ、サッサでKick Off。
やっと始まったかと思うのも束の間、浄→池上→リチェーリ→サッサ→阿部ちゃん胸トラップで秒殺。
さらに振り向きざまの一振りで阿部ちゃん2点目。
他に前半は、球際はアレだけどかなり効いてる池上とか、フライング・パラグアイ人とか。

で後半は社員&リチェーリout→優太&戸田inではじまり、GKとの1対1を決められない戸田。
その後優太からの難しいクロスに頭から飛び込んで戸田の駄目押し。怪我から戻ってもEasyよりDifficultの仕様は変わらず。
1対1を決められない東京仕様に溶け込んでるサッサに安心したり、後半やっと動き出した浄に萌えたり、軽い接触で相手壊しちゃう優太にうなったりとか。

格が違いすぎるのでなんなんだけど、見所満載のサテでした。
posted by 愛し恋し青赤 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年05月08日

ストイチコフ

今日買ったエルゴラにストイチコフ来日が掲載されていた。
ん、講演でもやんの?と思ったらブルガリア代表監督として来日だとか。
そう言えばバルサのユースのコーチからブルガリア代表監督になったんだっけ。
メッシとか教わったんだろうなとか、こんなコーチがいたら子供達は楽しいだろうなとか物思いに耽っていたら、
明日の代表戦の事だった。

いくらサテがアレだったからって、大宮戦のダメージがかなりキツかったせいだろうと納得してみるテスト。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:14| Comment(1) | TrackBack(0) | Footballな事

2006年05月09日

麒麟杯とワールド・カップ・ジャーナル・リターンズ

仕事場でJ'Goalのスコア開いたら「チッ失点」の文字が。おいおい秒殺くらってんのか?って思いながら帰宅したら後半開始。
後半しか見てないんでアレなんですが、アレックスは仕様だからしょうがないが、ビハインドなのに阿部はサイドにキレそうになったボールを追わないし、遠藤はプレスとは名ばかりでボールホルダーの道を塞ぐだけで守備が軽い。
しかし2失点目は、嗚呼ヨシカツ、串カツ、ハムカツ。GKがボール・ウォッチャーになったら誰が守んだよ。

アルベルティーニ引退試合の時のヒロミの解説で「あの腹じゃ蹴れないよ」って言われていたストイチコフ、本当に顔パンパンだったなぁ。
代表戦の後に今日録画しておいた「ワールド・カップ・ジャーナル・リターンズ」を見た。4年前、眠い目こすりながら必死に毎晩見てたよな。
ワールド・カップが終わった事よりジャーナルが終わった事のほうが辛かったな。
ストイチコフが、柏時代に自分のチームが休みなのでバルサの同僚のチキがいた浦和の練習に来て、一緒に練習しようとしたっていうヒロミのネタが懐かしかった。たしか4年前も言っていたっけな。

失うものなんかないのに、なんか守ろうとしてんだよな。
守るって別に守備固めとかの意味じゃなくて、代表様という立場とか。勝利への貪欲さとかないのに、小奇麗なサッカーをやろうとしている。
魔物が棲むワールド・カップでは、当てにいった足ではなく軸足にたまたま当たってゴールした巻の貪欲なゴールの方が、小奇麗なサッカーより説得力あると思うんだけどな。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(1) | Footballな事

2006年05月10日

スカパーWCデイリー・ニュース

夕飯そっちのけで笑わせて頂きました。
ハラヒロミ的ドイツビール事情とか、ハラヒロミ的地球の歩き方とか。
そのあいだにちょこっとサッカーの話題。

平畠「今回の注目選手は?」
ヒロミ「メッシ、飯は大事だよ」
平畠「・・・」

平畠「きのうは長居に行ってたんですよね?」
ヒロミ「うん、たこ焼き食べてきた。」

CL決勝当日パリからの電話出演を番組中に決めちゃうし、もう何でもありで、ほとんど番組乗っ取り状態。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

どうしようかな?モニ

いや〜フィギュアの事なんですけどね、モニ○してるモニなんて夢想しちゃうわけですよ。
でもねアマもカジも買ったんですけど、2人とも今や青赤じゃないし。(もちろんアマはぜんぜんOKなんですけどね。)
あえて土肥ちゃんの時は買わなかったら今でも元気に青赤だし。
フィギュアの収益がモニの車代の一部になるならなんてふと思ったり。

てなわけで激しく迷い中。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年05月11日

男前が北京に行く?

去年の32節の試合後の男前反町の弁。
特に今野や梶山は、これからの日本のサッカーを背負って立つ非常にいい人材だなと、この試合で感じた。
今ちゃんはOver Ageだけど、カジヤーマ、伊野波、まっすう〜、小澤いますよ。神戸で修行中の祐介もセーフですよ。
なんならリチェーリもどうですか?
ついでにOver Age枠で土肥ちゃんとか石川とか、ぜんぜん頑張っちゃいますから。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年05月13日

こちらは北品川


オフィシャルでは世田谷らしいけれど、こちらは北品川の旧東海道沿い。

お買物は地元の商店街で」って「シュートは枠へ」と同意語のように響いてます。

posted by 愛し恋し青赤 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年05月14日

嗚呼、サプライズ

マスコミがこぞってサプライズ、サプライズって言うけれど、サプライズってこういう事であって、巻や佐藤が選ばれる事は普通のことじゃないだろうか?
逆に久保、柳沢、中田浩二、稲本が外れる事のほうが、貢献度を重視するジーコが「変わった?」って思わせるのでサプライズだと思うんだけど。

で昨夜「1ポジション2人」なんて言っているのだが、モニは宮本のバックアップだから当確なのかな?
ところで村井が怪我してしまった今、左SBのバックアップは誰になるのか。駒野が両方やるってか?
どうせならここにサプライズ浄って事はないだろうな。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事

2006年05月16日

レベル低すぎ、菓子杯福岡戦

うちも福岡も。
レベルが高かったのは9枚のカードをばらまいた審判だけ。家本度さらにアップでおなか一杯。
情けなさ通り越してヘラヘラ笑っていたら、レベルの低さと家本度でハーフタイムにお腹壊してしまった。

家に帰ったら熱はでるは頭は痛いわで、完璧風邪引いた。
おかげで今も回復していない。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

代表決定で思うこと

本来の豪快なシュートが見れなくなった久保が外れて、小さな可能性かもしれないがそれを求めてピッチをとにかく走り回る巻が入って当然の事。
同じ理論でいけば中田浩二や稲本もリーグで結果を出していないのだから外れて当然だと思うのだが。
柳沢は直前で診断書とともに佐藤にスイッチして、ヒディングを煙に巻く作戦かな?

とにかく土肥ちゃんおめでとう。本番はこれからなんでさらなる精進を。
モニ、松井等オリンピック世代は残念だったけれど、絶対南アに行こうや!その時は石川も今ちゃんもトクも一緒だ。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

2006年05月17日

消化試合だから出来る事

いろいろあると思うし、いろいろやっていいと思うよ。
挑戦者としての立場で浦和に対すれば意外と良い結果が生まれるかも。
こんな機会滅多にないんだし、せっかくだから。

まぁ福岡戦と同じだったら、中断後も白旗ものだな。
posted by 愛し恋し青赤 at 06:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事

彩花ちゃん

今朝出勤前に悲報に接した。
ピッチを挟んで対決できるのはいつになのるかな?って密かに楽しみにしていたのだけれど。

ご冥福をお祈り致します。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

2006年05月18日

ホーム皆勤断念、菓子杯浦和戦

職場から味スタまで1時間20分かかるので、7時30分の時点でホーム皆勤断念。
8時15分にはMXの録画中継のため脱出してギリギリセーフで帰宅。
「内容は今年一番」とか前田が言っていたが、(前半はブーブー言っていた)
それ以上に浦和がいつものギドギドじゃなかった、なんか普通のチーム。
そんな浦和から1点も取れないのに「内容がいい」なんて言われちゃう事は、
そうとうヤバい所にいるんだろうな今の東京は。
posted by 愛し恋し青赤 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事