2006年04月26日

ガーロさんあなたを勘違いしていましたよ、ナビ最終戦

「ナビスコカップの浦和戦、(リーグ戦の)磐田戦、大分戦のような、ああいうサッカーがいつでもできるようにしたい」
あれが良いサッカーだったんですか???????
今日の戦い方でたとえ勝利しても本当に強いなんて思えないけど。

「今までのサッカーから、繋いで崩すというサッカーに変えようとしている」
オレは、いや今野だって磐田戦の前に言っていた気がするが、今までのスタイルにポゼションを付加すると言う事だったんじゃないだろうか?
つまりベニテスに替わった頃のリバプールのように、去年までのスタイルを幹にしてそれにポゼションという枝葉を着けていく、そう捉えていたけれど。
しかし今までのコメントやこの談話から察するにガーロの本意はその逆だったんだ。
オレが感じてた"東京らしさ"とか"Sexyさ"ってものは枝葉になってしまうわけね。

ところで「繋いで崩す」のならなんで中盤削ったの?
セカンドボール、サードボールを獲る確率が大きく下がるでしょう。
放り込んで赤嶺やらササがポストしたってその後が続かない。なおさら今野の縦への飛び出しとかなくなる。
浅利を入れて今日珍しくよかった梶山を下げないでいた方が、2失点目は生まれなかったろうし逆転できたかもしれない。
そんな事ぐらいガーロの好きなボードの上だって分かるんじゃないのかな?

ガーロが目指すもので優勝するのだったら、今の選手全員取っ替えないと無理だよね。
だって今までのスタイルを元に集まって来た連中なんだもの。

ロスタイム突入間際、ベンチで立って戦況を見守る監督と座り込んでうつむいていたヘッドコーチとのチグハグさが印象的だった。
ある意味終わっているかも。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京な事