2006年02月23日

インド戦とか

久保ー佐藤ー久保のワンツーとか、佐藤のゴールとか、他に前半に1回、後半に2回ほど光る連係プレーが見れたが、あとはミス大杉。
FWを追い越す2列目・3列目の動きは1点目の小野だけだったような。

引いた相手を崩すのは、サイドと細かいパス回しというけれど、クロスは精度なさ過ぎだし、パス回しもイメージの共有化が出来ていない。もちろんキーポジションの長谷部が初という事もあるんだろうけれど、本番ではそんな事言ってられない。(アジアカップ予選の本番だけどね)

それにしても、日本にはドリブルで強引にDFラインをぶち抜く選手がいない。
つまりDFラインに対する仕掛けが単調だ。
例えぶち抜けなくとも起点になれれば、サイドやパス回しがさらに生きてくるはずだが。

福西がDFラインに入ったときの両サイドバックの中途半端な位置も気になった。
ヒディング率いるオーストラリアはきっと日本の両サイドバックを押さえにくるはず。
あの位置では攻めも守りもどっちつかずだ。
posted by 愛し恋し青赤 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(2) | Footballな事