2006年02月18日

フィンランド戦

どうなんでしょうかネ。
前半が終わってユニが汗でびっしょりになっていたのは、巻と村井だけかな?
まぁ満男もがんばったほうでしょう。

1点目
久保についていた赤いスパイクの相手CBはそれまでのクリアーの仕方等から足元がかなり緩かった。あの位置に久保が入って行った事はFWとして当たり前の動きで、入るべきして入ったゴール。決して相手を崩してのゴールではなく、むしろ相手の弱点をついたゴール。本戦であんなDFはいないでしょう。
久保の復活のきっかけになればいいが、久保らしい豪快なゴールではなかった。

2点目
相手GKのポジションミスではなく、打った満男を讃える。ただあの位置でフリーにさせてもらったから打てつチャンスがあったのであって、本戦ではどのチームもあの位置からだってガツガツくるはず。

DFからの前線へのフィード
前半は中澤→久保とか、中盤まで坪井ドリブルとかあったけれど、後半は無くなった。たまにこれやらないと、小野や満男等の起点になる選手の相手マークがずれなくなる。特に相手が前がかりになった時ほどやらなければ。

加地
あれはシュートでしょう。巻が相手DFを引き連れて突進して来たけれど、逆から見れば巻がDFを押さえてるという状況。実質GKとの1対1だったわけだし、コースがなくてもシュートして跳ね返ったボールが巻やDFにあたって、なんてこともあるんだし。

佐藤
駒野とのセットじゃないと発揮しないとか今の時期に言ってるようじゃ、本戦に間に合わないでしょう。もっと早く招集を開始するべきだったのでは?
1試合に3人までしか交替出来ないんだし、セットじゃそれだけで2人枠使っちゃう。待てよ駒野が先発していればいいのか!てことは・・・。

それにしても高い位置からボール奪取してしてというプレーが見れなかったのは、相手が引いていたからというだけじゃなさそうな気がする。

そもそも高い遠征費用払ってアメリカまで行って1試合しかしないで、帰って来て2試合ですか?
Kirinが人気が全くない頃からスポンサーしていて顔を立てなくちゃいけないってことぐらい知ってるけれど、ドイツでどれだけ出来るかが一番大事なわけで、日本国内だけで"キリン・チャレンジ"とか言ってたって何も始まらないかも。
アメリカに行ったついでに、もっと練習試合でも非公開試合でもいいから欧州組と一緒にやって来たほうが良かったのかもしれない。
今から欧州組も含めてサバイバルしないと、チーム全体のモチベが6月まで続かないよ。


アディダスのCMは面白かったな。コミュニケーションの手段としての"Football"ってコンセプトでしょうかね。ディレクターはいい感覚ですね。
デル・ピエロつながりでEURO2000のアディダスのCMを思い出しましたよ。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事