2005年08月09日

衆議院解散

どうしてマスコミは言わないのだろうか?

郵政改革における本当の柱は、
特定郵便局の集票圧力の無力化とそこに流れる郵貯を源にする金の断絶だと。
だから構造改革なわけでしょう。
民営化するだけだったら構造改革とは言わない。

NTTやJRを見ても分かるように、あそこまで巨大化した組織が民営化したとしても立ち向かえる一般企業はどこにもいないでしょう。
資産が違いすぎる。

地域による郵便サービスの格差が民営化によって広がるとか反対派はほざいているが、
あそこまでインフラを構築している組織はグロスでサービス向上を考えるもの。
だってインフラが整備されている事が最大の売りなんだから。

もちろん余剰人員はさよなら言われるだろう。
つまり反対派にとっては集票が出来なくなるわけだから反対するのであって、
サービスが劣化するからとか、選挙民に対する詭弁で使ったとしても、本音はこれっぽっちも思っちゃいないでしょう。

『新党』とか声高々に吠えていたのが思い切りトーンダウンし始めた。
公社化して2年、以前の集票マシーンの力がなくなり金も集められないとやっと気付いたのでしょう。お粗末様でした。

ふつう衆議院を解散するんだったら、無駄な工作せずに衆議院で否決され、その段階で解散したほうが万人に分かりやすかったのではないか?
そりゃ『良識の府』と今でもお考えになっていらっしゃる参議院のセンセ方に失礼でしょう。そりゃ怒りますよ、薄っぺらなプライド傷つけられたんですから。

郵政改革という名の構造改革も大事だけれど、自分たちの事を棚に上げてる議員年金等、国庫からの無駄な出費をどう押さえるかが議論にならずに、消費税率アップ等とまことしやかに噂されているほうが問題でしょう。

いっその事国会議員の構造改革しちゃったほうが、すっきりするんじゃないかな?
そうなれば霞ヶ関もよくも悪くも給料と同等くらいには働くでしょう。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話

ジーコ

ジーコはやっぱり考えていたんだね
8/3の考察がぴったりあたってしまった。

いろいろ考えるとジーコっていう人は、勝負師なのかもしれない。
本戦出場しないと意味がないために頑にファミリーを守ってきたが、
出場が決定してからは方向性がかなり変わり、
賭けをしてでも現状からの脱皮をもくろんでいる。

その現れがコンフェデであり東アジアだった。
ある意味モチベが非常に低い東アジアを、選手達の中でこれまで高く揚げられた事はジーコの勝負師的な側面からではないだろうか?

もちろん初戦からあのメンバーで臨む決断が出来ていたら素晴らしかっただろうが、協会とのお約束とかあったのだろうきっと。

コンフェデでセレソンに内容で勝ち、東アジアで韓国に気持ちで勝った様を見てしまっている我々は、
組織がどうのこうのとか今さら言うFootballには興味がなくなっているわけだし。
そういえば、2002年のトルシエが破綻していたチュニジア戦は、
まさに選手達のイマジネーションで戦った試合だったし、
見ていてとても楽しい試合だった。

と考えると、ジーコはドイツ大会終了後の『ジーコ後』の代表のあり方をも表そうとしているのではないか?と思えてくる。
もちろん彼は明言しているからドイツ後も監督でいるとは思わないし、
個人的にも、もういいんじゃないかと考えているが。
posted by 愛し恋し青赤 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | Footballな事